IT業界に転職してSEになるには?転職ポイントを徹底解説!

SEと呼ばれるシステムエンジニアは、システム開発上不可欠な存在であり、転職市場でも引く手あまたとなっています。今回は、SEの仕事内容から求められるスキル、転職ポイントをわかりやすく解説しましょう。

SEの仕事内容と求めらるスキルは多岐にわたる

クライアントからシステム開発を依頼されると、プロジェクトと呼ばれるシステム開発手順に沿って、SEとプログラマーがシステム開発を進めていきます。SEの主な仕事は、プロジェクトの中でシステム開発を依頼したクライアントの窓口対応やシステムの設計、プロジェクトの進捗管理です。

プロジェクトがスタートすると、SEはまずシステム設計のためにどの様なシステムが欲しいかをクライアントへヒアリングする業務分析を行います。その次に、具体的な予算や開発期間を算出して提案書を作成。その後は業務分析の内容をまとめた要件定義を行い、クライアントからの了承が得られれば、具体的なシステム開発に入る、「開発フェーズ」と呼ばれる段階へ進みます。

開発フェーズでは、最初にSEがシステムで何を構築するかを決める「基本設計」と、プログラミングのための細かい設計を行う「詳細設計」の2段階を踏んだシステム設計を行います。その後、SEが構築したシステム設計の元で、プログラマーがプログラミングとプログラム単体での動作テストを行います。

プログラミングと動作テスト終了後は、SEが複数のプログラムを連携させた「結合テスト」を行い、結合テストが終われば全てのシステムを動作させる「総合テスト」を実施。そして、本システム稼働前にクライアントに実際にシステムを使用してもらい、最終チェックを兼ねた運用テストの4段階のテストをすべてクリアして、ようやくシステムが実際に使用される「システム稼働」となるのです。

このように、SEの具体的な仕事内容は実に多岐に渡ります。円滑なプロジェクトの進行のため、SEには次のような能力も求められるのでしっかり把握しておきましょう。

  • クライアントやプログラマーへ的確に説明できる能力
  • 常に進捗状態を把握できるプロジェクト全体のスケジュール管理能力
  • クライアントとの間に立って駆け引きを行う折衝能力

▽転職活動をしている人のクチコミをチェック!
転職・仕事探しの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20180219132309j:plain出典:fotolia

SEにはクライアントの業務知識や高いコミュニケーション能力が必須

SEには、クライアントの業務に関する知識と高いコミュニケーション能力、文章作成能力、そしてプログラミングに関する知識の計4つのスキルが求められます。

まず、クライアントの業務に関する知識についてです。システム開発の基礎ともいえる業務分析・提案書の作成・要件定義を適切に行うためには、クライアントがどんな業務を担い、何を求めているのかをしっかりと把握しなければなりません。クライアントの業務や業界に関する知識を身につけておけば、クライアントのヒアリングや交渉も円滑に進みます。

2つ目は、円滑な対人問題を築くためのコミュニケーション能力です。まず、クライアントから適切な要望の聞き出しや納期などのすり合わせのためには、クライアントとの信頼関係を築かなければいけません。万が一、プロジェクト進行中に何らかの問題が発生して納期が遅れそうなときや、突発的なバグが出てしまうなど運用テストでクライアントからNGを出されたときにも、それまでにクライアントと信頼関係を築けているかが問題解決を左右するからです。
また社外だけでなく、社内でもコミュニケーション能力は必要になります。システム開発にはプロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダー以下のSE、そしてプログラマーがかかわっており、プロジェクトを円滑に進めるには、プロジェクトにかかわる人々の良好な人間関係が不可欠。特に、プロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーのSEは、プロジェクトにかかわる人々をチームとしてまとめる能力も求められます。万が一、問題が生じて人間関係に亀裂が入った場合には、プロジェクトの進行も止まってしまいます。そのため、時にはプロジェクトにかかわる人々の間で発生した対人問題の解決もSEが行う必要があるのです。

3つ目は、適切な文章作成能力です。SEは提案書の作成や要件定義の際だけでなく、システムの基本設計・詳細設計の際には設計書を作成するので、文章作成をする機会も多いためです。

最後は、プログラミングに関する知識と経験です。プログラミングの前段階であるシステムの設計とプログラマーへの指示や業務の振り分けを行う際には、SE自身にもプログラミングの知識と経験があれば円滑かつ的確な指示や振り分けができるからです。

SEの収入は2段階でアップする

給料BANK「日本の給料&職業図鑑」によるとSEの平均年収は656万円、平均給与は41万円で、IT業界の中でも高水準といえるでしょう。さらにSEの収入は、大きく分けて2段階でアップします。

第一段階は、プロジェクトリーダーとして案件を円滑に進行させて正確な管理を行い、無事にひとつのプロジェクトを完了させられるようになったときです。また、プロジェクトの案件に対する影響力でもSEの報酬ランクは変わっていきます。

第二段階は、プロジェクトマネージャーのように経営への改善影響を持つようになった時です。プロジェクトマネージャーに近ければ近いほどSEの年収は高くなる傾向にあるので、SE自体のプロジェクトを回す能力やスキルに応じて収入もアップしていく、とてもやりがいのある仕事でもあります。

SEの転職を左右する要素とは?

SEへの転職を成功させるには、3つの要素が挙げられます。まずは、システム開発の現場が求めているニーズに対応できる知識と経験を持っている事、変動するシステム開発のニーズを意識した行動をしているかです。システムと一口に言っても基幹システム系やゲーム系など色々なものがあります。企業が求めるニーズの高い言語が使えるか、システム開発実績があるか、もしも実績や知識がなければ、企業のニーズに対応した技術や知識を得るために動いているかが見られます。

次に、プログラミング言語の流行を押さえておくことです。システム設計はプログラミングの前段階ともいえる作業で、SEはプログラマーへの指示や業務振り分けも行います。常にアンテナを張ってプログラミング言語の流行を押さえておけば、クライアントのニーズへの柔軟な対応やプロジェクトの円滑な進行にも繋がります。

最後に、正確性とスケジュール管理能力です。このふたつは、正しいシステム開発を行い、プロジェクトを回していくSEにとって必要不可欠な要素です。システムのバグを出さないために作業を正確に行う事、そしてチームのメンバーへの負担やクライアントの要望両方を考慮して無理のないスケジュールを管理する事が求められます。

まとめ これだけやればSE転職はOK!

SEの仕事は、システム設計やプロジェクト全体の管理から、クライアントの窓口やチームのまとめ役まで多岐にわたります。そのため、説明能力や文章作成能力、コミュニケーション能力、正確性とスケジュール管理能力といった多くのスキルが必要ではありますが、自分の能力やプロジェクトへの影響力によって年収アップも見込める魅力のある仕事です。現場の求めるニーズとプログラミング言語の流行を押さえておけば、SE転職の成功への近道になります。 

関連リンク

転職・仕事探しの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)
SE関連の転職求人検索結果 - 楽天みん就 求人サーチ

f:id:qtrk:20180130124425j:plain

監修:草地稔

大阪生まれ。立教大学経済学部卒業後、リクルートに入社。広告ディレクターとして10年修行積む。日本経済新聞社主催環境広告ポスター展で優秀賞受賞。その他社内の広告賞受賞多数。その後インターンシップ企業でフリーペーパーを創刊し、4年半で10万部まで伸ばす。編集部在籍の学生の就活サポートを実践し、電通、三菱商事、リクルート他有名企業へ続々と内定した。この時、学生時代の実績作りとPR方法で就活の結果が全く異なることを実感する。その後ベンチャー企業や上場企業の取締役を経て、株式会社DAWDYを設立。現在、Web企画の運営、オウンドメディアのプロジュースを中心に活動している。