キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

居酒屋アルバイトってどんな感じ?メリットデメリットを紹介

居酒屋でのアルバイトは、交友関係を広げながら楽しく働ける点が魅力です。今回はそんな居酒屋のアルバイトの特徴やメリット、勤務時間などについて詳しくご紹介します。居酒屋バイトに興味がある方は参考にしてみてください。

居酒屋でのアルバイト、仕事内容や給料、勤務時間は?

居酒屋でのアルバイトには、大きくわけて2つの仕事があります。
ひとつは「ホールスタッフ」で、店内にてお客様の対応を行う仕事です。具体的には、「お客様からの注文を厨房に伝える」「各テーブルに料理を運ぶ」「お会計の処理をする」「お客様を席まで案内する」「店にかかってくる電話に対応する」などの仕事を担当します。手が空いている時は厨房で、皿洗いや簡単な調理を任されることもありますが、基本的には「接客」が主な仕事です。

もうひとつの仕事は「キッチンスタッフ」で、店の厨房でドリンク作りやフードの調理を行います。料理の下ごしらえをはじめ、調理、洗い物、食材の在庫管理などを任される仕事です。大きな店舗の場合は、「揚げ物」「焼き物」「ドリンク」というように特定のメニューのみを任されることもあります。

ホールスタッフとキッチンスタッフの給料は同額となっている店舗が多いので、自分が働きやすい職種を選ぶとよいでしょう。ちなみに、店舗によってはホールスタッフとキッチンスタッフを兼任することもあります。どちらか一方のみを希望する場合は、面接の際にホールとキッチンを兼任しなくてもよいかどうかを確認するようにしましょう。

なお、勤務時間は店舗の営業時間にもよりますが、夕方から早朝にまで及ぶケースも珍しくありません。ただ、深夜帯のシフトは時給が高めになるというメリットもあります。しっかり稼ぎたい人にとっては魅力的なポイントといえるでしょう。

f:id:hito-contents:20180216093539j:plain出典:fotolia

居酒屋でアルバイトをするメリットとは?

居酒屋でのアルバイトには、大学生にとって嬉しいさまざまなメリットがあります。

メリット1:まかないが出る店が多い
まかないとは、飲食店や宿泊施設などで出される従業員用の食事のことです。店舗によってまかないの価格は異なりますが、店頭のメニュー価格よりも格安となるケースが多いほか、中には「まかない無料」のお店もあります。いずれにしろ一食分の食費代を安く済ませられるので、お金を貯めたい学生にとって嬉しいサービスといえるでしょう。

メリット2:友達ができやすい
居酒屋のアルバイトスタッフの年代層は若者が中心になりやすいほか、学生のアルバイトも多い点が特徴です。気心の知れた同世代と働くことができれば、仕事から得られる充足感がアップすることも。もちろん仕事とプライベートはしっかりわける必要はありますが、仕事をしながら交友関係を広げやすい点は居酒屋アルバイトの魅力といえます。

メリット3:仕事を通して接客スキルを磨ける
ホールスタッフはお客様と接することが多いため、就業に当たって正しい言葉遣いやマナーといった接客スキルが求められる傾向にあります。接客スキルは飲食業だけでなく、世の中のさまざまな仕事に活かせるスキルです。学生のうちに社会人の基礎といえる接客スキルを身につけて、今後の社会生活に活かしてみてくださいね。

居酒屋でアルバイトをするデメリットとは?

楽しく働けることも多い居酒屋のアルバイトですが、あくまで仕事なので大変な面もあります。居酒屋でアルバイトするデメリットも知っておきましょう。

デメリット1:お客様がトラブルを起こす可能性がある
居酒屋はアルコールを出す店なので、時には酔ったお客様同士がケンカをしたり、従業員に絡んできたりすることがあります。このようなトラブルを放置しておくと暴力沙汰に発展してしまうこともあるので、早めに揉めている当人同士を引き離すなどの対処をしなければなりません。自分の身の安全を確保しつつ、事態を冷静に収拾する判断力が必要になるでしょう。

デメリット2:夜型の生活になりやすい
居酒屋は深夜から早朝まで営業する店舗が多いので、従業員のライフスタイルも夜型になりがちです。就寝時間が遅くなりやすいことから、人によっては大学の朝の講義がつらくなってしまうこともあります。学業とアルバイトを両立させられるかどうかを考えたうえで職種を選ぶようにしましょう。

居酒屋アルバイトに必要な能力や向いている人とは?

居酒屋アルバイトに向いているのは、コミュニケーション能力が高い人です。コミュニケーション能力とは、相手と意思疎通をはかるスキルのこと。初対面の人からうまく話を聞き出せたり、おもしろいトークができたり、難しい知識をわかりやすく解説できたりといった、「相手の話を聞く力」「相手に話を伝える力」の総合力を指します。居酒屋のアルバイトは初対面のお客様の対応をすることが多いほか、他のスタッフと連携して仕事をする必要があるので、コミュニケーションが得意な人ほど働きやすい環境といえるでしょう。

また、ストレス耐性がある人も居酒屋のアルバイトに向いています。居酒屋の仕事では、時に酔ったお客様から絡まれたり、怒られたりすることもあるため、精神的な余裕がなくなりがちです。さらに、夕食時はお客様が絶え間なくやってくるので、めまぐるしい忙しさからどっと疲れがたまってしまうこともあります。「早く注文を取らなきゃならない」「早く料理しなきゃならない」という焦りや疲労感が、時に仕事の遅い同僚へのイラだちに変わるケースも珍しくありません。しかし、イラッとするたびに同僚に当たってしまうと、職場の人間関係がどんどん悪化してしまうことに…。ストレスを周囲にぶつけてしまいそうな時にぐっとこらえるメンタルが求められるでしょう。

居酒屋アルバイトの求人方法は?面接で気をつけることとは?

居酒屋アルバイトの求人は、アルバイト情報誌やインターネットのアルバイト情報サイト、居酒屋に貼ってある張り紙、ハローワークなどで見つけることができます。求人に記載されている時給や居酒屋のジャンルはもちろんのこと、勤務地をよくチェックしたうえで応募するようにしましょう。居酒屋は仕事上がりが深夜や早朝になるケースが多いので、自力で帰れる手段があるかどうかを事前に確認しておくことも大切です。居酒屋のアルバイトは体力仕事でもあるため、できるだけ自宅から近い職場を選ぶと無理なく勤続しやすいでしょう。

なお、居酒屋のアルバイトの面接に行く際は、清潔感のある装いをするようにしましょう。たとえば「爪は短く切る」「長髪はまとめておく」「男性の場合は襟付きのシャツとチノパンを身につける」「女性の場合は派手でないトップスに膝が隠れる長さのスカートをはく」などのポイントがあげられます。食べ物を扱うスタッフとしてふさわしい服装を目指してみてください。

接客スキルや調理スキルもあげられる可能性あり!スキルアップも見込める居酒屋アルバイト

居酒屋のアルバイトは、接客のノウハウが自然と身につくことや、サークル活動のような楽しさを得やすい点が大きな魅力です。スキルアップのチャンスも多いので、居酒屋好きなら一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

f:id:epb0804:20180124162803p:plain

著者:ritfiles

音楽と映画の世界を経て、ライター職へ。ビジネス系を中心にオールジャンルで活動しているフリーライターです。飲食店・映画制作会社・税務署・イベントホールなどでのアルバイト経験あり。