キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

就職活動に有利かも!スキルアップできるホテルでのアルバイト

ホテルの仕事ってかっこいいイメージがありますよね。高い接客スキルが必要なアルバイトですが、大学生でもホテルマン・ウーマンになることは可能です。ここでは、ホテルのアルバイトの概要やメリット・デメリットなどをご紹介します。

ホテルでのアルバイト、仕事内容や給料、勤務時間は?

ホテルでアルバイトの多い職種には、フロント業務、レストラン業務、清掃業務があります。

1.フロント業務
ホテルのフロントでチェックイン・チェックアウト業務をはじめ、案内業務、電話対応など、ホテルの窓口としてお客様に直接対応するのが主な仕事です。それ以外に予約対応や予約管理なども行います。ホテルによっては、お客様を客室まで案内するベルパーソンやお客様の送迎を行うドアマンの募集も同時に行っていることもあります。フロント業務は24時間稼働するため交代制が一般的で、夜間専門のアルバイトを採用しているホテルもあります。

2.レストラン業務
ホテル内のレストランやラウンジなどで行う業務で、厨房スタッフと配膳スタッフの2種類の仕事が一般的です。厨房スタッフは調理補助や洗い場など、配膳スタッフはテーブルセッティング、お客様の案内、料理や飲み物の配膳、後片付けなどを行います。ホテルのレストランは早朝から営業していることが多いため、勤務時間は7:00~23:00くらいと考えてよいでしょう。
また同じレストラン業務関係でも、結婚式やパーティー会場専門のレセプションスタッフは別途募集があるのが一般的です。

3.清掃業務
客室の清掃やごみの回収、ベッドメイク、備品の準備などを行います。また、清掃後の客室のチェックを行うルームチェッカーを別途募集しているケースもあります。チェックアウト後から次のチェックインの間に行う仕事なので、9:00~15:00前後の勤務時間が多く、3~4時間程度と比較的短時間であるのが特徴ですが、ホテルによっては夜勤がある場合もあります。
時給は業務や地域によって相場が異なるものの、全般的にやや高めに設定されています。また、夜勤は日勤よりも時給が高くなります。

f:id:epb0804:20180201124639j:plain出典:写真AC

ホテルでアルバイトをするメリットとは?

1.マナーや接客スキルが身に付く
フロント業務やレストランの配膳業務などホテルの接客部門は、高い接客スキルやマナーが重視されます。そのため、敬語や言葉遣い、立ち振る舞いが自然に身に付くほか、社会人としてのマナーやコミュニケーションスキルも習得できます。

2.時給が高め
ホテルのアルバイトは全般的に時給がやや高めに設定されている傾向があります。また、ホテル間でも時給数百円の差があることも多いので、効率的に稼ぎたい場合は時給が高めの勤務先を選ぶとよいでしょう。

3.接客業が苦手な人も働ける
ホテル=接客業というイメージが強いかもしれません。しかし、ホテルには清掃業務やレストランの厨房業務など非接客部門も存在するため、接客が苦手な人も心配ありません。ですが、お客様と直に接することのない裏方部門であっても質の高い仕事を要求されます。決められた時間に多くの業務をこなさなければならないため、効率よく正確に仕事をこなすスキルが身に付くでしょう。

4.就職活動に役立つ
ビジネスマナーやコミュニケーションスキル、仕事の正確性など、ホテルでのアルバイト経験を通して得たスキルには、就職活動に役立つ要素が多くあります。面接での自己アピールにも直結するため、常に自分なりの目標を達成する意識を持ってアルバイトに取り組むとよいでしょう。また、ホスピタリティの精神を学べるため、ホテル業界や接客業だけでなく営業職を目指す人にとってもアピールポイントになる可能性があります。

5.割引特典や社員登用制度があることも
人材派遣会社ではなくホテルでの採用の場合、グループホテルの宿泊割引や正社員や契約社員の登用制度などの特典を利用できることもあります。

ホテルでアルバイトをするデメリットとは?

1.休日の休みが取りづらい
土日や祝日、ゴールデンウィークやお盆、年末年始はホテルが忙しくなるため休みが取りづらくなります。また、フロント業務は交代制を採用しているホテルが多いため拘束時間も長くなりがちです。そのため、少ない日数でまとめて稼ぎたい人に向くアルバイトと言えるでしょう。

2.規則やマニュアルが多い
ホテルは質の高い接客スキルが求められるため、言葉遣いや立ち振る舞い、マナー、身だしなみなどを厳しく指導されます。接客方法やテーブルマナーなど覚えなければいけないことも数多くあります。しかし、これらを身に付けておくことで、就職活動や後の社会人生活に役立つでしょう。

3.クレーム対応をしなければならないことがある
接客業にクレームはつきものですが、特にフロント業務はクレーム対応が多くなる可能性があります。精神的な負担は大きいですが、臨機応変に対応する力やストレス耐性が身に付き、自らのスキルアップにつながる可能性も期待できます。

ホテルでのアルバイトに必要な能力や向いている人とは?

ホテルでのアルバイトに必要なスキルや適性は、セクションによって異なります。

1.フロント業務、レストランの配膳業務
接客が中心となるため、人とかかわることの好きな人やコミュニケーション能力に長けている人に向いている業務です。人当たりがよく物腰の柔らかい人が好まれる傾向にあるので、笑顔を絶やさず穏やかに対応できるように心がけましょう。周囲への気配りや状況に応じた臨機応変な対応も求められます。
また、ホテルは外国人も多く利用する場所です。そのため、英語を話せる人も重宝されるでしょう。

2.レストランの厨房業務
主に調理補助を行う業務のため料理に興味のある人に向いています。厨房の仕事はランチやディナーなど忙しい時間が集中しており、限られた時間内に多くの仕事をこなさなければならないため、手際の良さや正確性が求められます。

3.清掃業務
きれい好きな人や整理整頓の好きな人に向く仕事です。一人もしくは二人組で自分の担当の仕事をこなしていくため、自分のペースで淡々と仕事をしたい進めたい人に向いているでしょう。客室の清掃やベッドメイク、備品の補充などを決められた時間内にしなければならないので、細部にまで目を向けテキパキと仕事をすることを求められる仕事です。

ホテルのアルバイトの求人方法は?面接での注意点は?

ホテルのアルバイトの求人はハローワーク、求人情報サイト・求人情報誌、ホテルの公式HPの採用情報などで探せます。募集はホテルが直接行っているケースと人材派遣会社が行っているケースがあります。時給や労働条件、福利厚生などが異なっている場合があるため、よく確認して自分に合う条件を探すようにしましょう。

ホテルはマナーや身だしなみを重視するため、面接の際の服装は特に指定がない場合でもスーツが無難です。髪型やメイク、清潔感にも注意する必要があります。基本的には就職活動時の身だしなみを参考にするとよいでしょう。

面接で志望動機を聞かれた場合は、「人とのコミュニケーションが得意」などといった接客への興味や、「対人スキルを伸ばしたい」「高いレベルの接客を学びたい」などホテル業務に対する目的意識を明確にすることがポイントです。笑顔を絶やさず、正しい言葉遣いでハキハキと答えられるように練習しておきましょう。

就職活動へ直結するスキルも身に付くかも!ホテルでのアルバイトでは学べることがいっぱい

ホテルのアルバイトの大きな魅力は、高い接客スキルやマナー、ホスピタリティを学ぶのに最適の職場です。ホテル業界や接客業を目指す人はもちろん、就職活動や一般的な社会人生活にも大いに役立つスキルを習得できるので、学生にぜひ体験してほしいアルバイトです。

f:id:epb0804:20180124162819p:plain

著者:福田 結希

食品会社の研究開発および製造、人材コンサルティング会社に所属していた経歴を持ちます。また、現在までに飲食店ホールおよび調理補助、パン屋店員、配送業務、衣料店員、事務・営業事務、受注業務、リゾートバイトなどの多種のアルバイトやパートを経験してきました。