キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

塾講師のアルバイトをするために必要な能力は?時給や仕事概要も解説

塾の講師のアルバイトには集団指導と個人指導がありますが、どのような仕事を任されるのでしょうか。塾講師のアルバイトに興味がある学生に向けて、必要なスキルのほか、仕事概要とメリットやデメリットを紹介します。

塾講師アルバイトの仕事概要

塾講師のアルバイトの仕事内容は規模や指導方法によって異なり、大手予備校と中小規模の塾の集団指導、個別指導塾で違いがあります。高校生を対象とした大学受験用の大手予備校の場合、大学生のアルバイトは塾講師ではなく、講師の授業準備の補助や窓口での対応などの補助業務が中心ですが、時に「チューター」といわれる生徒に質問された問題を個別に教える仕事もあります。

大手でも小学生や中学生を対象とした集団指導の講師は、大学生のアルバイトの募集を行っているところもあり、研修やマニュアルが充実していることが特徴です。大手では担当科目は1科目からでも可とされるケースが目立ちます。一方、中小規模の塾での集団指導では、複数教科の指導を求められる傾向にあり、補習塾が中心です。集団指導では、生徒の理解度に配慮しながら、ホワイトボードを使って指導を行っていきます。

昨今、大学生の塾講師のアルバイトで求人が多いのは個別指導塾で、家庭教師のように講師1人が生徒1~2人に対して個別に指導を行う形態が一般的です。指導対象や内容は塾によって違いますが、生徒は小学生~高校生までで、生徒一人一人の能力に合わせてカリキュラムを組んで指導を行います。

また塾講師のアルバイトの仕事は、実際の授業だけでなく、授業準備や生徒からの質問への回答、保護者への対応などもあります。

f:id:hito-contents:20180208160838j:plain出典:fotolia

塾講師アルバイトに必要な能力

塾講師のアルバイトにはマニュアルやテキストがありますが、生徒の理解を深めるために授業の反応を見て指導方法を考える必要があることから、塾講師には一定の学力が求められます。そのため塾講師アルバイトの採用試験では、面接のほかに筆記試験を行う塾が多くあります。ただし、筆記試験の結果がどの程度重視されるかは塾によって異なり、中学生向けと高校生向け、あるいは、補習塾と難関校向けの進学塾では求められる学力も異なります。

また、塾講師には生徒がどの程度理解しているか、どういった点が理解できないのか把握しながら、指導を行うためには、コミュニケーション能力や臨機応変に対応する力も求められます。さらに、塾が指定したカリキュラムに沿って、指導スケジュール通りに進めていく管理能力も必要です。

集団指導と個別指導を比較すると、個別指導の方が生徒との距離が近く、個々の理解に応じた指導を行っていくため、初めての人でも教えやすいという特徴があります。ただし、生徒が飽きてしまいそうな場面でも学習を進めていく工夫と指導力が必要になります。一方、集団指導の講師は、クラスをまとめて授業を進めていく、リーダーシップがある人に向いています。また、どちらの形態にもいえることですが、教えることが好きな人であればやりがいを持って働くことができます。

塾講師アルバイトの時給は?

塾講師のアルバイトの時給は、塾の規模や担当する内容による違いはありますが、一般的な大学生のアルバイトの中では高い方で、時給1,100円~2,000円程度が中心です。個別指導よりも、集団指導の時給が高い傾向にあります。

ただし、塾講師のアルバイトは時給ではなく、1コマ単位で設定されているケースも多いのが特徴です。実際の塾講師の仕事では、授業時間以外にも、授業前の準備時間、授業後の生徒からの質問に答える時間などにも業務が発生します。授業以外の時間の取り扱いについてトラブルが生じないよう、事前に確認しておきましょう。

また、塾講師の仕事は夏期講習や冬期講習などの時期を除くと、夕方から授業が始まるため、アルバイトできる時間は2~4時間程度です。短時間で効率よく働きたい人に向いていると言えるでしょう。

塾講師アルバイトのメリットとデメリット

・塾講師アルバイトのメリット
塾講師のアルバイトは時給が高く、短時間のアルバイトでも稼ぎやすいことが、大きなメリットとして挙げられます。授業のある日中の仕事はなく、週1回の指導からアルバイトできるところもあるため、学業と両立しやすく、サークル活動で忙しい人にも向いています。

また、塾講師のアルバイトは、大学生になってから未経験で始めやすいこともメリットです。講師経験がない人は不安を感じるかもしれませんが、研修制度が充実し、マニュアルが整えられているところを選ぶと、安心して塾講師のアルバイトをスタートできます。

・塾講師アルバイトのデメリット
一方で塾講師のアルバイトは、授業の準備にも時間を要し、生徒、あるいは保護者の対応に時間をとられる可能性があることがデメリットとして考えられます。授業時間のみアルバイト代が発生する場合、予習や授業の準備などのために拘束される時間が長いと、実質的な時給は安くなってしまいます。特に、得意ではない科目を教えるケースなど、事前に家で予習が必要な場合は、実質的な時給がよいとは言いにくいです。

また、塾講師はスーツ着用を義務付けられていることが多く、茶髪は禁止の塾もあるため、ヘアスタイルや服装の自由度が低いことをデメリットに挙げる人もいます。

就職後にも役立つ!塾講師アルバイトで得られるスキルとは?

集団・個別指導に関わらず、塾講師のアルバイト経験は就職活動や就職後に役立つ様々なビジネススキルが備わりやすいのが特徴です。どのような授業をしたら生徒が興味を持つか考えて、板書の書き方や説明の方法を工夫し、相手にわかりやすく説明する力が養われることで、プレゼンテーション能力が身につきやすくなります。集団指導の場合は、大勢の前で話すことにも慣れるので、就職試験の面接やビジネスシーンでのフォーマルプレゼンテーションにも役立っていくでしょう。

また、基本的に講師の側は指導する生徒を選べませんし、塾の講師はただ教えればよいという仕事でもありません。やる気がなく、まじめに勉強に集中しない生徒がいたり、理不尽ともいえる要求をする保護者がいたりすることもあります。

しかし講師は、そういった生徒や保護者としっかりとした意思疎通を行う必要があるため、誰とでもスムーズにコミュニケーションをとれる能力も備わりやすくなります。特に個別指導は生徒とじっくり向き合い、コミュニケーションをとっていくことが必要です。

さらに、生徒のやる気を引き出したり、生徒の理解度に応じた指導を行ったりして担当した生徒の成績を大幅にアップさせた経験があれば、マネジメント能力があるとの評価も受けやすいです。就職活動でのアピールポイントとしても、塾講師のアルバイトの経験は活かすことができます。

塾講師アルバイトでの成功体験は自信アップにもつながる!

塾講師の仕事はマニュアルがあっても、生徒の理解を深めるため、生徒の反応を見ながら説明の仕方を工夫して教えていくことが大切です。塾講師のアルバイトを通じて、生徒の成長とともに自分の成長も期待できますので、興味のある人はチャレンジしてみましょう。

f:id:epb0804:20180124162806p:plain

著者:yui

大学卒業後、メーカーの事務職や住宅関係の仕事の経験あり。趣味は美術館に行くこと。学生時代のアルバイト経験は、ファーストフードや販売、家庭教師や事務などを半年くらいずつ。接客関係のバイトが好きでしたが、一番印象に残っているアルバイトは、小売やカード事業を営む大手企業の本社の事務です。