キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

コールセンターのアルバイトは就職活動にも有利!仕事内容を紹介

コールセンターのアルバイトはマニュアル等が充実していることが多く、未経験者でも採用されやすい点が魅力です。今回はコールセンターでの仕事に興味がある学生の方に向けて、具体的な仕事内容や身につくスキルなどをご紹介します。

コールセンターのアルバイトは主に2種類

コールセンターのアルバイトは、電話を使ってお客様とコミュニケーションをとることが主な仕事です。コールセンターでの仕事というと、お客様からかかってくる電話の対応のみをイメージする方も多いかもしれませんが、コールセンターのアルバイトには2つのパターンがあります。ひとつは先のイメージどおりの、お客様からの問い合わせに対応する「インバウンド」。もうひとつは、お客様に企業側から連絡する「アウトバウンド」です。

たとえばインバウンドでは、お客様からかかってきた電話を受けて、「商品の詳細が知りたい」「申し込みをしたい」「クレームを聞いてほしい」といった多様な要望に対応します。問い合わせが予想されるサービスの正確な情報や、問題解決のための手順などをあらかじめ勉強しておき、お客様の疑問やニーズに速やかに応えることが求められる点が特徴です。

一方、アウトバウンドでは、オペレーター側からお客様に電話をかけ、新商品や期間限定のキャンペーンといった自社の新情報を伝えます。

いずれのケースにおいてもお客様と頻繁に電話で話すことになるため、人とコミュニケーションをとることが好きな人や、聞き取りやすいリズムで話せる人、トークスクリプト(お客様との会話の流れを書いた台本のこと)を練習するのが苦でない人などが向いている仕事といえるでしょう。

f:id:hito-contents:20180208160149j:plain出典:fotolia

コールセンターのアルバイトでの時給や勤務時間は?

コールセンターでのアルバイトは、都道府県にもよりますが、飲食店やアパレルショップなどでのアルバイトより時給が高めになる傾向にあります。
特にテクニカルサポート系や金融系のコールセンターの仕事は、初心者にもわかりやすく操作手順や手続き方法を案内する知識やノウハウが必要になることから、時給1,500円を超えることも珍しくありません。

新サービスのリリースや新商品の発売にともなってコールセンタースタッフを大量募集する企業も多いため、高時給かつ採用率の高い求人に当たりやすい点も魅力です。

なお、コールセンターのアルバイトはシフト制であることも多いほか、週1勤務や、1日3~4時間ほどの短時間勤務ができる職場も珍しくありません。「短期でしっかり稼ぎたい」「夕方から少しだけ働きたい」などの多様なニーズにマッチしやすい仕事といえるでしょう。もちろん、シフトをしっかり入れれば高収入を得ることも可能です。
時間の融通がききやすいアルバイトであることから、学生はもちろん、ダブルワークがしたい社会人やシニア世代が求人に応募することも多く、職場の年代も幅広くなりやすい点が特徴です。

コールセンターのアルバイトのメリット

コールセンターでアルバイトをするメリットは主に4つです。

(1)自分の都合にあわせて勤務できる
上記でも触れたとおり、コールセンターのアルバイトは自分のライフスタイルにあった働き方がしやすいです。シフト制かつ短時間勤務が可能な職場が多いため、学業との両立も比較的容易なアルバイトといえます。

(2)正しい言葉遣いが身につく
アルバイトも正社員と同様、お客様にとっては企業の顔ともいえる存在です。事前の研修などを通して、アルバイトに正しい言葉遣いを身につけさせる企業も少なくないので、ビジネスマナーに則した正しい日本語を身につけることができます。

(3)冷暖房付きの快適な環境で仕事ができる
勤務中の環境が過酷だとアルバイトがつらくなってしまうこともありますが、コールセンターでのアルバイトは内勤かつ体力的な仕事も少ないため、比較的快適に仕事ができる点がメリットです。また、コールセンターは駅から近い立地に置かれることが多いため、通勤の苦労も少ない点も魅力といえるでしょう。

(4)勤務中の服装や髪型を自由とする職場が多い
自分らしい服装やスタイルで仕事ができるほか、制服の管理等を行わなくてよい点も働きやすいポイントのひとつといえます。

コールセンターのアルバイトのデメリット

一方コールセンターでのアルバイトのデメリットは、主に3つあります。

(1)時にお客様からのクレーム対応をしなければならない
クレームを聞いてもらいたいお客様は基本的に口調がきついため、オペレーターはまるで自分が怒られたかのように傷ついてしまいがちです。「お客様の怒りは自分ではなく企業に向けられているもの」と冷静に考える姿勢が必要となるでしょう。

(2)仕事のノルマが課せられることがある
アウトバウンドコールセンターの中には、「1時間につきアポイント何件」というように、スタッフに一定の成果を求める企業もあります。事前にノルマについて確認してから就業するとよいでしょう。

(3)事前に勉強すべき知識が多い
コールセンターではお客様にスムーズに情報を提供しなければならないので、商品知識や業務知識の習得が欠かせません。自発的に勉強する意欲が必要です。

コールセンターでのアルバイト経験が就職活動に役立つ点は?

コールセンターでのアルバイトでは、就職活動や社会生活に役立つさまざまなスキルを磨くことができます。たとえば、「お客様に向けた物腰の柔らかい話し方」や「敬語」。相手に好印象を与える話し方や正しい言葉遣いは、就職面接はもちろんのこと、仕事やプライベートにも活かすことができます。次に、「機転の利かせ方」。クレームの対応方法や、先方を落ち着かせるトークスキル、トークスクリプトを土台にしたアドリブの利かせ方など、場数を踏めば踏むほどお客様への対応スキルが磨かれていく点がメリットです。

また、「コールセンターのアルバイト中に多くの契約を取った」などの営業実績を残した場合は、就職面接のアピールポイントとして使うこともできます。たとえば、「私の強み」というテーマで自己PRをする場合は、「私の強みは粘り強く勉強する姿勢です。大学二年の時にコールセンターでアルバイトをしていたのですが、最初はほとんど契約が取れず、焦ってばかりでした。そこでお客様が聞き取りやすい声のトーンを練習したり、台本を練習したり、電話の向こうの相手が今どんな状況にあるのかを考えてお話しするように努力を重ねた結果、センター内で一番の成績を残すことができました」という筋書きを作ることができます。

就職面接の自己PRでは、まず最初に主張(テーマ)を提示し、具体例で掘り下げていく、という構成が一般的です。自己PRのシナリオを考える際の参考にしてみてくださいね。

社会人マナーが身につくコールセンターでアルバイトを経験してみよう!

コールセンターでのアルバイトには、「座ったまま仕事ができる」「未経験者でも採用されやすい」「シフトの融通が利きやすい」といった、学生にとって魅力的なポイントが揃っています。どのアルバイトにしようか迷った時は、社会人としての必要スキルが身につくコールセンターのアルバイトに応募してみてはいかがでしょうか。

f:id:epb0804:20180124162803p:plain

著者:ritfiles

音楽と映画の世界を経て、ライター職へ。ビジネス系を中心にオールジャンルで活動しているフリーライターです。飲食店・映画制作会社・税務署・イベントホールなどでのアルバイト経験あり。