キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

教育に関する仕事をしたい就職活動生必見!教育に関わる仕事とは

これまでの学生生活の実体験があることから「教育業界」は関心がある人が多い業界の1つです。しかし、一口に教育と言っても携わり方は多種多様。この記事では教育に携わることのできる業種、職種などについて紹介していきます。

就職活動をする前に知っておこう!教育に関わる仕事にはどのようなものがあるの?

まず、教育に関わる仕事にはどのようなものがあるのか、業種の観点から見ていきましょう。

(1)幼稚園、小学校、中学校、高校などの教育機関
まず多くの人が「教育」と言って思い浮かべるのは学校の先生でしょう。教師として働く場合には、一部の例外を除いてそれぞれの教育機関で求められる教員免許状が必要です。

(2)私立大学や専門学校などの学校法人や国立大学法人
同じ学校でも、大学や専門学校などを経営する側にある学校法人に就職するのも1つの手段です。学生課や就職課のように学生に直接関わる仕事だけでなく、経理財務、広報、人事、システム管理など一般の企業と同様の職種も多く必要な職場でもあります。

(3)学習塾、予備校
学習塾や予備校は、教育系の就職先としてメジャーな選択肢の1つです。講師としての採用だけでなく、本社スタッフとして校舎運営、営業、広報、教材編集などさまざまな仕事があります。

(4)家庭教師派遣会社
家庭教師派遣の会社での仕事は、「派遣される教師」として登録をするという選択のほか、派遣会社で事業運営に携わる社員として仕事をする方法もあります。

(5)教育関連の出版社
教科書や教育関係の出版物を多く取り扱う出版社も、教育に携わる1つの方法です。教科書の内容を考える編集職のほか、プロモーションを行う営業職、Web上のコンテンツを考えるデザイナーやディレクター職もあります。自社で印刷まで行う場合には、印刷製本に関わる技術職などにも就けます。

(6)通信教育
通信教育の分野は旧来の添削方式の事業に加え、最近ではオンラインでの教育コンテンツなども増えてきました。また、小中高生をターゲットにした事業だけでなく、大人向けの資格取得や趣味の講座もあり、ジャンルの幅広さも注目のポイントです。

(7)大人向けの教育(資格学校やカルチャースクール)
大人向けの学習機会を提供する企業も、教育産業の1つです。前項の通信教育の機会はもちろんのこと、大人向けの資格学校やカルチャースクールの運営はその代表的な例と言えます。社員として働く場合、授業のコーディネートや事業運営に必要な事務的な仕事に携わることが多いです。

このように、教育に関係する仕事は実は多くあります。「教育=学校の先生」というイメージだけでなく、いろんな選択肢を探してみましょう。

▽教育業界の就活生のクチコミはこちら
教育の就活情報・新卒採用クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20180205094210j:plain出典:fotolia

就職活動をする前におさえておこう!教育に関わる職種にはどのようなものがあるの?

前項では、どのような企業や組織で教育に関わる仕事ができるのかをご紹介してきましたが、次にどのような働き方ができるのか、職種に注目して詳しく見ていきましょう。

(1)教師、講師
まず挙げられるのは、学校の教師、学習塾や予備校などの講師という選択肢です。学校の場合には教員免許状が必要ですが、学習塾や予備校の場合はケースバイケースで、教員免許状無しや教職課程未履修でも採用を行っていることもあります。

▽教師に関する就活生のクチコミ
学校教師の仕事のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)
教員併願のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

(2)営業
業種に関わらず、職種として多いのが営業です。営業の仕事は、自社の教育サービスや教材を利用してもらうために学校などの教育機関にアプローチすること。ほかにも、個人での学習機会を提供するために個人向け営業を行うケースもあります。

(3)広報・宣伝
私立の学校や学習塾などでは、入学者や利用者を増やすためのPRも重要な仕事です。広告を打つための裏方として広告会社との調整を行ったり、自社をメディアに取り上げてもらうためにプレスリリースを出したりと、社外との連携も多い仕事です。

(4)教材の編集・開発
教育系の出版社や学習塾には、教材の編集や開発を担当する社員も多くいます。専門家と連携して作成する場合もありますが、自分自身が教育に関する専門知識を持っていて、内容を編纂するというケースも少なくないようです。

(5)講座の企画
講座の企画は、通信教育や大人向けの教育機会で多く求められる仕事です。「どのような内容が、ニーズが高いのか」というマーケティングから、講師のコーディネート、教材の手配など実施までのさまざまな内容で企画を行います。

(6)IT関連の職種
さまざまな業種がある中で、共通して増えているのがIT関連の職種です。オンラインの講座実施のためのシステム整備やコンテンツ作成、小学校のプログラミング教育が必修化されるために求められるテキスト作成など、教育分野でのIT関連職ニーズは高まっています。

その他、一般的な企業に共通してある役割である人事、総務、経理、財務、法務などの職種に就き、事業を支えるという選択肢もあります。

就職活動をする前に知っておきたい!教育に関わる仕事は今後どうなる?

教育関係の仕事に就きたいと思う一方で、「少子化だけど業界の将来性は大丈夫?」という不安を抱く方は少なくありません。確かに、少子化は進んでおり、2018年以降18歳以下の人口が減少し始める「2018年問題」に直面すると、大学を運営する学校法人や学習塾・予備校などの受験産業は今までと違う局面を迎えます。

一方で、「旧来の教育機関や学習方法以外のニーズが増えている」という点に注目すると、必ずしも悲観的になる必要はありません。

今後さらに発展する可能性がある内容の一例として、下記のようなものが挙げられます。

(1) 教育のIT化がさらに進む
教育分野におけるIT化は、今後ますます進むものと考えられます。

例えば、小学校のプログラミング必修化、教育現場へのタブレット端末の導入と活用、オンライン教育の発展と浸透など新しいトピックスも多く、今後需要が増す分野となっているのです。

こうした新しい需要の出現によって、これまでになかったIT関連の採用枠も増える可能性があり、携わり方も多様化していくかもしれません。

(2) 大人の教育市場
少子化問題ある一方で、「大人の教育機会」については需要が増しています。

例えば、社会人のスキルアップのための資格取得やオンライン講座の受講、高齢者を中心にカルチャースクールや大学の課外講座などです。さまざまな年齢層や目的に合わせた学習機会が求められており、発展の余地があります。

このように、今後さらに需要が増していく可能性がある分野も挙げられるため、業界全体への不安を過剰に持つ必要はないでしょう。

就職活動する前に確認しておこう!教育に関わる仕事に携わるにはどのような資格が必要?求められる人材とは?

教育に関わる仕事に就く上で、「教員免許状は必要?」という疑問を持つ方も多いことでしょう。ここまでご紹介した通り、教師や一部の講師などの場合には教員免許状が必須ですが、それ以外の職種については一般的には必要とされません。教職課程の履修や教育学部卒という条件も、求められることは一般的ではありません。

一方で、求められる人物像としては共通しているポイントがあります。

《求められる人物像の例》
・教育に情熱を持ち仕事に取り組める人
・チャレンジ精神のある人
・チームワークを大切にして働くことのできる人
・誰かが喜んでくれる姿のために全力で取り組める人

資格を求められない代わりに、教育への熱い思いが問われることが殆どです。ですので、就職活動前に「なぜ教育業界なのか?」という点を自分の言葉で伝えられるように準備しておく必要があります。また、その他の項目についても自己PRなどで伝えられるように、具体的なエピソードを、自己分析を通じて整理しておきましょう。その他、求められるスキルという点では、大学でIT関連の勉強をし、知識やスキルがある場合は採用ニーズも高いと言えます。実際には入社後に携わる事業によって、求められる具体的なスキルは異なってきます。自身に合った採用があるか、確認をしてみましょう。

教育に関する仕事をしたい就職活動生は、どういった学校や企業のどのような職種がよいかまず考えてみよう!

「教育」と一口に言っても、実は事業内容やターゲットとする顧客、職種は多種多様です。まずはどのような携わり方が自分に合っているのか、企業研究や職種研究などを通じて考えた上で、就職先の候補を選んでいきましょう。

関連リンク

教育の就活情報・新卒採用クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)
学校教師の仕事のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)
教員併願のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20170929191456j:plain

著者:山崎えま

大手人材会社にて新卒就活ナビの大学向けプロモーションを担当。都内私立大学を中心に年間5,000名を対象とした就活ガイダンスや面接・グループディスカッション講座などを実施。現在は海外在住で就活・キャリアライターとしてコラム記事執筆を中心に就活生を支援しています。