キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

【スポーツ関連】就職活動で目指すべき業界や職種・企業の選び方

スポーツ観戦が趣味だったり、自身も実際にスポーツをやっていたりして、できればスポーツに関係した仕事に就きたいと思っている就活生がたくさんいます。そんな人に企業探しの参考になるよう関係業界や職種をまとめました。

就職活動前に確認!スポーツ関連の仕事とは?

「スポーツ関連の仕事がしたい」と一言にいっても、そのジャンルは幅広く業界や職種も様々なので、まずはどのような仕事があるか調べてみましょう。主な職種を紹介します。

1.スポーツ用品の企画・販売
スポーツに欠かせない用品・ウェアなどのスポーツ関連グッズの企画・販売を行う仕事です。また、商品販売以外に、イベントなどのプロモーション企画の仕事もあります。

2.スポーツ施設の運営
スポーツ関係の施設は、スポーツジム、フィットネスクラブ、スポーツスクール、スタジアム、運動競技場などさまざまな名称があります。仕事としては、それら施設のマネジメント要員として、企画・運営から事務、フロント業務まで多岐に渡ります。

3.インストラクター
主に、上記のスポーツ施設に所属して利用者に運動の基本から実際の技術指導を行います。フィットネス全体の指導もあれば、水泳インストラクターやスキーインストラクターといったように特定のスポーツを担当する人もいます。また、トレーナーは技術に加えて医療的見地から体のケアまでメンテナンスするため、そうした知識も必要になる場合があります。

4.メディア
マスメディアでは、スポーツ情報を取り扱うTV番組、スポーツ雑誌、スポーツ新聞などでスポーツ記事・情報を担当する仕事です。また、スポーツ自体がメディア機能を果たす役割があるメディアスポーツなどのように、広告企画会社でのスポーツイベント企画やプランナーの仕事もあります。

f:id:hito-contents:20180205091231j:plain出典:fotolia

スポーツ業界に関わる仕事をしたいなら就職活動先はどこ?

どのような業界があるのか知っておくと、自分がどんな仕事をしたいのかがより明確になってきます。そこで、スポーツに関連した代表的な業界を紹介します。

1. スポーツ用品メーカー
スポーツ用品メーカーは、文字通りスポーツをする時に必要かつ最適な用品を作るのが仕事なので、実際のスポーツ経験を活かして製品企画や販売に携わることができます。使用者の立場に立った製造のケアポイントなどが理解できる製造現場、ライバルとの競合や記録への挑戦等で常に改良を求められる製品企画や、販路開拓を目指した営業の仕事もあります。一方、スポーツ用品やウェアは機能性に加え、ファッション性や話題性が求められてきているため、ブランドをより知らしめるための広告・宣伝の仕事も重要です。

2. スポーツ施設・教室
スポーツ施設や教室での仕事は2通りあります。ひとつは、これまでやってきたスポーツの延長線上で、実際に体を動かし利用者にスポーツの面白さを教えられるインストラクターやトレーナーの仕事です。フィットネスの基本や体力づくりのステップなどを老若男女に指導できる楽しさがあります。もうひとつは、施設や教室の運営に関する仕事です。例えば、施設の利用者や教室の生徒を増やす方法を考える企画や、利用者に楽しんでもらえるイベントのプランニング、また顧客管理や一般管理事務の仕事もあります。

3. スポーツ新聞社
一般新聞もスポーツ欄がありますが、専門性はスポーツ新聞のほうが高いでしょう。特にスポーツ情報や記事は速報性が求められ、ニュースソースの現場に密着した取材を行う記者の役割は大きなものがあります。スポーツ経験がなくてもいろいろなスポーツ観戦が趣味で多くの情報を持っていたり、スポーツ新聞の愛読者であったりすれば挑戦する価値があります。スポーツ雑誌を発行する出版社も同様ですが、マスコミの場合はスポーツ全般に幅広く興味を持っていることが強みになるでしょう。

4. スポーツ専門店
スポーツ用品を販売する百貨店や量販店もたくさんありますが、スポーツに興味がある人が目指すべきはスポーツ専門店です。販売中心の仕事になりますが、経験を積むとバイヤーの仕事もあります。特に規模の大きい総合スポーツ専門店では、集客対策や顧客サービスでスポーツイベントを開催したり、協賛したりという企画運営という仕事があります。百貨店や量販店もスポーツ用品売場をもっていますが、スポーツ好きだからといってスポーツ用品売場の配属になるとは限りません。しかし、趣味や経験が豊富なら配属の確率は高くなります。全国区の百貨店で本社勤務になると、集中一括仕入れのセントラルバイヤーや大規模の催し物を開催する仕事もあります。

5. その他
スポーツイベントを開催するイベント企画会社や広告代理店などがあります。ここでは、企画プランニングや協賛会社を募る営業業務があります。スポーツ専門雑誌を発刊する出版社では、速報性が重要な新聞とは異なり、話題の情報を編集する編集者としてライターやカメラマン、デザイナーなどと一緒に記事を作ります。

就職活動で目指したいスポーツ関連企業の例

それぞれの分野で代表的な企業を紹介します。

1. スポーツ用品メーカー
「株式会社アシックス」「ミズノ株式会社」「アディダスジャパン株式会社」、自転車・釣り具などを取り扱う「株式会社シマノ」など。総合職採用で、製造系、営業系、管理系と仕事は多岐に渡ります。宣伝や製造での専門分野の技術系業務もあります。

2. スポーツ施設・教室
スポーツ施設や教室を運営している「コナミホールディングス株式会社」「セントラルスポーツ株式会社」「株式会社ティップネス」、スポーツ教室を運営している「リーフラス株式会社」「株式会社ジャクパ」などがあります。施設の経営・運営を行う総合職業務や、インストラクションと利用者の個別指導業務があります。

3. スポーツ新聞社
「株式会社スポーツニッポン新聞社」「株式会社日刊スポーツ新聞社」「株式会社東京スポーツ新聞社」「株式会社産業経済新聞社」など。基本は総合職採用なので、営業、編集、管理、記者などが主たる業務。スポーツ記事主体ですが、意外に競馬・釣り・芸能などのエンターテインメント記事もあります。

4. スポーツ専門店
「株式会社アルペン」「ゼビオ株式会社」「株式会社ヒマラヤ」「株式会社メガスポーツ」などがあり、いずれも総合スポーツ用品の専門小売店です。総合職がほとんどで店頭での販売職からスタートします。売場や店舗のマネジメントを主業務としながらバイヤー業務を担当することもあります。イベント・販売促進の業務や、一部SPA企業では、商品開発業務もあります。

▽スポーツ関連の就活生のクチコミはこちら
スポーツトレーナーのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)
スポーツ新聞のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)
スポーツメーカー希望のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

スポーツ関連の仕事はスポーツ能力が求められる職種も

インストラクターとして仕事をする時に、例えばスポーツ観戦が趣味だとしていても実際の指導にあたれる可能性は低くなります。一般にインストラクターは資格を必要としませんが、最低でもスポーツ選手として、基礎トレーニングの基本能力は問われます。顧客の体力や年齢、目標などに適した練習メニューを作り、運動指導を行うためです。また、指導するスポーツの種目によって、例えば陸上選手としての経験が豊富でも水泳のインストラクターは無理というように、インストラクションをする種目とのミスマッチには気を付けなければなりません。

スポーツ関連業界への就職活動は目標を明確に

以上のように、スポーツ業界での仕事は多岐に渡ります。単に自身がスポーツ好きというだけの理由でスポーツ業界を志望するのではなく、これまでのスポーツ経験と知識をよく振り返り、どの方向からアプローチすればいいのかを明確にしておくことが重要です。

関連リンク

スポーツトレーナーのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)
スポーツ新聞のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)
スポーツメーカー希望のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20170929191254j:plain

著者:GAKUSUI

◆一部上場企業で人事・採用・能力開発を約15年経験。採用では、新卒を中心に面接官はじめ採用選考実務と管理職(採用課長、能力開発部次長)を経験。
◆採用業務だけでなく、人事異動、能力開発、教育訓練等トータルで経験。
◆上記企業で営業部、販売部、企画部で実務から管理職まで経験。また、転職経験もあり(中堅商社6年、国家公務員2年)。
◆新卒専門のキャリアコンサルタント(国家公務員)として直接大学生に対面指導。模擬面接、ES添削、自己分析指導等、就活カウンセリングの実務全般を2年間経験。その間、大学キャリアセンターと連携し講演実績あり。