キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

OB・OG訪問では何を聞くべき?役立つ質問リストとNG例を紹介

OB・OG訪問が決まったら、必ず事前に質問を用意しておきましょう。就活を有利に進めるため、OB・OG訪問でこれは絶対に聞いておきたいという質問をリストアップしました。また、聞いたら失礼になってしまうNG質問もあわせて紹介します。

OB訪問の心構え:質問はあらかじめ準備しておくべし!

OB訪問は、先輩が忙しい中時間をやりくりして会っていただく貴重な時間という意識をまず持ちます。したがって、相談時間を有効に使うために、質問はあらかじめ準備しておくというのが鉄則です。具体的には、ノートを用意していくつか質問事項を書き出しておきます。きっと聞きたいことがいっぱいあると思うので、優先順位を決めて番号を振っておくと整理しやすいでしょう。
また、質問も「社内の風土や雰囲気に関すること」「仕事の内容に関すること」「先輩の就活の経験談」など、偏りがないように整理してきます。OBが回答する流れによっては、用意した質問のいくつかが同時に回答されることもあるので、「済」のチェックができるようにしておくと重複することもありません。次項で、おススメの具体的な質問例を紹介しましょう。

▽OBOG訪問に関する就活生のクチコミはこちら
OB訪問OG訪問のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20180201165710j:plain出典:fotolia

【OB訪問/おススメの質問例】OB訪問に有効な質問20

質問の分類としては以下に紹介する5つのグループ分けがおススメです。しかし、いきなり「面接は何回ですか?」と細部の話に行くのではなく、できれば紹介する番号に沿って、会社全体の話から始め、次第にディテールに入っていくようにします。先輩の話も進み、好意的に親身に教えていただいていると感じたら、最後の方でちょっと聞きにくいけれども是非尋ねておきたい質問などを出すようにします。

1.社内の風土や雰囲気など会社全体についての質問
「先輩が、今の会社で感じておられる雰囲気で、いいところはどんなところでしょうか?」
「入社される前のイメージと、入社されてからのイメージでなにか大きく変わった点はあるでしょうか?」
「先輩から見られて、〇〇社の風土をひと言でいうとどんなイメージでしょうか?」
2.仕事の内容を理解するための質問
「先輩が現在担当されているお仕事はどんな内容か、教えていただけますでしょう?」
「そこへは、入社後、希望されて配属になられたのでしょうか?」
「今後、担当してみたいと思っておられる部署はおありでしょうか?」
「現在のお仕事を通じて、やりがいを感じられるのはどんな時でしょうか?」
3.就職活動全般や今の会社に決めた経緯・経験談
「先輩が、この業界を選ばれた理由を教えていただけますでしょうか?」
「先輩が現在の会社を志望された(決められた)一番の理由はどんなところでしょうか?」
「先輩は、今の会社を決められるまでいくつぐらい企業研究や企業訪問をされましたでしょうか?」
「先輩の就活で、もっとも大切にされた『軸』はどんなことでしたでしょうか?」
4.OBの勤務する会社の選考方法・面接など
「御社を希望しているのですが、ここをよく研究しておいた方がいいよといったアドバイスをいただけますでしょうか?」
「御社が第一志望なのですが、採用選考でなにか特徴的なことや気をつけておいたことなど、先輩が経験された中でなにかあれば教えていただけますでしょうか?」
「先輩が今の会社を受験された時、一番苦労した点はどんなところでしょうか?」
「先輩が内定をいただかれるまでの流れを教えていただけますでしょうか?」
「面接ではどんなことを聞かれましたでしょうか?」
「面接は、どんな形で進められるのでしょうか?」
5.是非尋ねておきたい質問(最後に気になる点へのアドバイス)
「これまでのお話をお聞きして、大変失礼かもしれませんが、先輩は自信を持って今の会社を選び、満足されていると感じたのですが、いかがでしょうか?」
「先輩だからこそお聞きしたいのですが、今の会社で改善できればいいなあ、と思われている点とかおありでしょうか?」
「これまでのお話をお聞きして、ますます御社へ入社したいという気持ちが高まってきたのですが、今後、こうしていけばいいという具体的なアドバイスをいただけますでしょうか?」

▽OBOG訪問の質問に関するクチコミはこちら
OBOG訪問の時にする質問のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

【OB訪問/NGな質問例】OB訪問に適さない質問例8つ

1.調べればわかること
「伝統のある御社とお聞きしていますが、創業は何年でしょうか?」
「御社の事業内容について教えて下さい。」
これらは、会社概要やホームページで調べればわかることです。わざわざOB訪問をして聞く必要のない質問で、OBからすれば先に調べてから来いよとなります。

2.目的のわからない質問
「御社は海外進出をされた方がいいと思うのですが、いかがでしょうか?」
「主力商品の業界シェアが上がっていることについて、どうお考えでしょうか?」
一見、企業研究のようですが、いずれも上から目線で失礼です。それを尋ねて就職活動のどんなことに活かそうとしているのかがわからない質問です。仮に、海外ビジネスに興味があるのなら志望する企業を間違っています。また、事業の内容に関して、OBからコメントをとることが就活のどんな参考になるのかどうか、はなはだ疑問です。

3.ネガティブな質問
「先輩は入社されて失敗だったと思われたことは、なにかありますでしょうか?」
「御社の雰囲気や風土でマイナス面を上げるとしたら、なにかありますでしょうか?」
会社にはいい面も悪い面も両方あるのは普通とはいえ、ストレートにマイナス面を尋ねるのは失礼です。まずは、良い面、プラス面についてお聞きする中で、OBの口から「いいところばかりじゃないけどね。」とか、「マイナス面も当然あるけどね」などと言われた時に、はじめて「失礼ですが、差し支えなかったら教えていただくことはできますでしょうか?」と、あくまで丁重に質問するようにします。

4.あからさまに縁故を期待する質問
「大学の先輩から引っ張ってもらえるような、縁故採用はあるのでしょうか?」
「先輩からの紹介ということで、人事部へ推薦していただけるのでしょうか?」
いずれの質問も、あからさまに先輩から引き上げてもらうことを期待する質問です。これは、企業によってOBの受け止め方には差があります。OB訪問と選考とは一切無関係の会社もあれば、仮に推薦のようなものがあったとしても、推薦できる人とできない人があるので、いずれにしても先輩としては返事に困るだけです。
あとはOBにお任せをするということにして、ストレートに聞かない方がいいでしょう。就活生の立場としては、いろいろお話を伺ったあとに「是非、御社への入社を強く希望しますのでよろしくお願いいたします。」と、意志表示をはっきりしておくことです。

OB訪問当日は会話を楽しみ、有意義な時間を!

OB訪問当日は緊張してしまうかもしれません。あくまで先輩との会話を楽しもうという気持ちで臨めば気持ちも楽になります。そのためにも、なにをお尋ねしようかという質問準備は万全にすることが大切です。有意義なOB訪問をして、今後の就職活動につなげていきましょう。

関連リンク

OBOG訪問の時にする質問のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)
OB訪問OG訪問のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

 

f:id:epb0804:20170929191254j:plain

著者:GAKUSUI

◆一部上場企業で人事・採用・能力開発を約15年経験。採用では、新卒を中心に面接官はじめ採用選考実務と管理職(採用課長、能力開発部次長)を経験。
◆採用業務だけでなく、人事異動、能力開発、教育訓練等トータルで経験。
◆上記企業で営業部、販売部、企画部で実務から管理職まで経験。また、転職経験もあり(中堅商社6年、国家公務員2年)。
◆新卒専門のキャリアコンサルタント(国家公務員)として直接大学生に対面指導。模擬面接、ES添削、自己分析指導等、就活カウンセリングの実務全般を2年間経験。その間、大学キャリアセンターと連携し講演実績あり。