キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

就職活動で音楽の仕事を目指す学生必見!業界の特徴と代表的な職種

音楽の仕事と一言でいっても、実際にはいろいろな業種や企業、職種の人々が関わっており、仕事内容は多種多様です。将来音楽の仕事に就きたいと漠然と考えている人に向けて、音楽業界がどういうところかや、代表的な職種を紹介します。

就職活動で音楽業界を目指すなら、業界の全体像を押さえておこう!

音楽業界には、様々な職種の人が携わっています。例えば、歌手や演奏家、作曲家、作詞家といった楽曲を製作する職種をはじめ、ライブやイベント等を開催するイベント運営会社、音源を制作・販売するレコード会社、アーティストや音楽の魅力を文章で伝える音楽専門のライター、楽曲の知的財産権に関わる職種など、様々です。音楽に関わる仕事をしたい方はまず、どのような仕事があるかチェックして、自分がどのように音楽に関わって仕事をしたいのか検討してみましょう。

▽音楽業界に関するリンクはこちら
音楽業界のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20180131100338j:plain出典:fotolia

就職活動で音楽の仕事を目指すなら知っておきたい職種(1)アーティスト系の仕事

アーティスト系の仕事で代表的な「歌手」。歌手が活動する形態はバンドやグループ、ソロなど様々です。一般的に、レコード会社が実施するオーディションやライブでのスカウト、インディーズレーベルからメジャーレーベルへの異動などを経てデビューするケースが主流となっています。作詞、作曲も自ら手がけると、印税収入も得られ、曲がヒットすると高収入につながる可能性もあります。
歌手としてメジャーデビューを果たす以外にも、演奏家、作曲家、作詞家、クラブDJ、オリジナルの楽曲配信などによって、活動することも可能です。また、ライブやミュージックビデオなどで活躍するダンサーなども、音楽業界に関わるアーティストとして挙げられます。

その他にも、音楽業界でアーティスト系の仕事といえば「サウンドクリエイター」という職種があります。サウンドクリエイターとは、ゲーム音楽や映画、ラジオやテレビ番組、携帯電話やスマートフォン等、様々なシーンに合った効果音をつくります。各種コンテンツの制作を手がける制作会社や大手ゲーム会社で働きながら技術を磨くケースが多く、正社員、契約社員、アルバイトなど雇用形態は様々です。作曲の力が必要になるケースもありますが、作成においてはコンピューターの操作技術も重要です。

就職活動で音楽の仕事を目指すなら知っておきたい職種(2)現場スタッフ系の仕事

音楽業界の現場で働く職種としては、例えばライブハウスのマネージャーやスタッフが挙げられます。ライブハウスのマネージャーは、ライブハウスを運営する企業の社員や個人がしているケースが多く、ライブハウスのスタッフは契約社員やアルバイトで構成されているケースが多いようです。仕事の内容としては、アーティストのブッキングやスケジュール調整をはじめ、実際のライブやイベントで音響や照明の操作を行い、アーティストの応対までこなします。飲食店のようにキッチンやホールの仕事が必要なケースもあります。ライブハウスやイベントスペースによって求められる業務の範囲が異なることを覚えておきましょう。

また、現場スタッフ系の仕事としては、アーティストを支えるプロダクション(事務所)で働くという選択肢もあります。プロダクションで働く場合には、アーティストのスケジュール調整や営業を行うマネージャーや、ライブやイベントの企画を行うイベンターなどが挙げられます。

音楽好きの人であれば、夏フェスなどのライブイベントに行ったこともあるのではないでしょうか。そのようなイベントはイベント運営会社が中心となって運営しているので、音楽に携わりたいのであれば、イベント運営会社で働くということを選択肢に入れてもいいかもしれません。イベント運営会社で働く場合には、イベントの企画、プロダクションや警備会社、保険会社、楽器・音響システムを手がける会社などとの調整をはじめ、テレビやインターネットなど各種メディアを通じた広報活動をおこなうなどの仕事が多いでしょう。

就職活動で音楽の仕事を目指すなら知っておきたい職種(3)営業・販売系の仕事

音楽関係の仕事をしたいのであれば、音響機器メーカーで営業や販売の仕事をするのもひとつの方法です。メーカーでの営業・販売の場合、自社の製品の特長を顧客に伝える仕事がメインとなります。さらに、専門的な知識や技術があれば営業や販売だけでなく、エンジニアとして音響機器を開発する職種に就くことも可能です。
現場で音楽機器を売りたいのであれば、楽器店や家電量販店に勤めるのもひとつの道といえるでしょう。学生時代にアルバイトで勤め、そのまま社員に登用される制度を設けている場合もあります。特に「このお店で働きたい」という具体的な店舗がある場合には、アルバイトとして勤務している間に社員登用の有無を確認しておくと良いでしょう。

また、レコード会社においても販売や営業は重要な仕事のひとつです。CDなどの制作物をプロモーションする仕事はもちろんのこと、大きなレコード会社であれば一般企業を相手に販促物やカタログ等の制作、Webサイトの提案などトータルプロデュースを行うこともあります。スケールの大きい仕事にチャレンジすることができるということもあり、音楽業界の中でも、レコード会社は就活生の間でも人気が高くなっています。

就職活動で音楽の仕事を目指すなら知っておきたい職種(4)Web・雑誌系の仕事

音楽に携わりながら働く方法としては、音楽系のメディアで働くという選択肢もあります。例えば雑誌などの紙媒体や音楽情報を配信するWebメディアで音楽評論家やライターとして働くという道があります。ライターとして活躍する場合、取り扱う記事の種類としては、インタビュー形式やライブレポート、楽曲やアルバムのレビューなどジャンルは多岐に渡ります。音楽やアーティストの魅力を文章で伝える表現力はもちろんのこと、音楽が好きで、「これを伝えたい!」という熱意があることも重要なスキルのひとつです。

音楽ライターになる方法はいくつかあります。ひとつは、メディアでライターを公募しているケース。また、自分から気になるメディアへライターをしてみたいと売り込む方法もあります。雑誌の読者投稿、SNSでの情報発信といった活動をしていてスカウトされ、ライターになる人もいます。この場合には、自分で感じたことを文章にして発信することや、発信したものを人に見せるということが大切です。学生時代に音楽に関するブログを運営したりSNSで情報を発信をしていれば、きっと自分を売り込むのに役立つことでしょう。

就職活動で音楽の仕事を目指すなら知っておきたい職種(5)著作権管理系の仕事

音楽業界で働きたい場合、JASRACなどの著作権管理団体で働くという方法もあります。著作権管理団体には、楽曲を作成した人から著作権を預かり、その音楽を使いたい人から使用料を徴収し、制作者に還元する役割があります。
著作権管理団体で働く場合、音楽を使用する企業・人と関わる仕事、音楽を制作する企業・人と関わる仕事、内部で団体を支える仕事などがあり、部署を超えて交渉することも多いため、著作権に関する知識はもちろんのこと、コミュニケーションスキルや調整力なども重要になります。

就職活動で音楽の仕事を目指すなら何よりも早めの情報収集と対策を!

音楽業界は特にレコード会社などで倍率が高く、難易度の高い業種といえます。職種によっては募集がなかったり、極端に少なかったりするケースもあるので、なるべく早い段階でどのような仕事があるか知っておくことが大切です。自分は仕事を通じて音楽にどのように関わりたいのかを考えて、就職先を検討してみましょう。

関連リンク

音楽業界のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)
音楽業界で働いているのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)
芸能・音楽・レーベル・テレビを志望のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20171016122426p:plain

著者:沖 圭祐

関西在住のライター、キャリアコンサルタント。 総合大学卒業後、大学受験予備校で進路相談の職員を経験。大学職員として勤務した後、ライター、キャリアコンサルタントとして独立。 現在では就職活動、転職活動、働き方といった分野を中心に記事を書いています。履歴書、エントリーシート、小論文作成のアドバイスや添削といった仕事もしています。食べることが大好きで、お土産やグルメの記事も執筆中。教員免許や国家資格であるキャリアコンサルタントの資格も所持しています。