キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

【銀行の業界研究】3大メガバンクの歴史、業績、グループ会社を比較

ビジネスモデルの転換が迫られるメガバンク

f:id:hito-contents:20180129165651j:plain出典:fotolia

2015年3月の決算期、三菱東京UFJグループは国内の金融グループで初めて純利益1兆円を突破しました。これはトヨタ自動車に次ぐ高収益です。
しかし、アベノミクスによる金融緩和の政策によって超低金利が続いているため、銀行の利子収入自体は減少しています。三菱東京UFJグループが高い純利益を叩き出した要因は、株高による運用基金と海外事業が貢献したようです。

グループ全体の純利益の内訳をみると、三菱東京UFJ銀行自体は55%でおよそ半分です。しかし、アユタヤ銀行(タイ)、モルガン・スタンレー(米国)、MUFGアメリカ(アメリカ)のように海外の利益が2割に達しています。また、信託・証券・ノンバンクによる利益も2割です。したがって、国内貸出のビジネスモデルから脱したことが功を奏したといえるでしょう。

メガバンク3社の過去2010年~2015年の国内外貸出金残高の推移をみると、2010年には国内175.9兆円、海外33.8兆円に対して、2015年では国内172.7兆円、海外83.1兆円となっています。つまり国内は2%減少しているのに対して、海外では2.5倍になっています。もはや国内の貸出では成長が望めない状態なのです。

メガバングによる海外のM&A案件を振り返ってみると、2008年には、みずほファイナンシャルグループが米国メリルリンチに1,200億円の出資、三菱東京UFJグループが米国ユニオンバンクを3,511億円で完全に子会社化、米国モルガン・スタンレーに9,000億円の出資を行っています。
2013年には、三井住友ファイナンシャルグループがインドネシアの年金貯蓄銀行に1,559億円の出資、三菱UFJファイナンスグループがタイのアユタヤ銀行を5,360億円で買収という東南アジアへの動きが目立ちました。そして、2014年には三井住友ファイナンシャルグループが米国シティの個人金融事業を約450億円で買収しています。このような海外のM&Aがここにきて実を結びつつあるのかもしれません。

ここからは3大メガバンクのそれぞれについてスペックとしてのデータと、簡単な特長などを紹介していきましょう。

三菱UFJフィナンシャルグループ

国内最大の金融グループです。業界再編の中で、まず東京三菱銀行と三菱信託銀行が経営統合して三菱東京ファイナンスグループを形成しました。官僚的人事のためバブル崩壊の影響もあまり被らず、外国為替専門銀行の東京銀行を合併し、日本でトップクラスの大銀行になりました。その後、業界では独自な位置にあった三和銀行などと合併して、三菱東京UFJ銀行は現在に至ります。

▽みんなの就職活動日記 新卒就職人気企業ランキングでは総合9位、業界別1位
2018年卒 新卒就職人気企業ランキング│総合ランキング - みん就(みんなの就職活動日記)

▽三菱UFJフィナンシャル・グループに関する就活生のクチコミはこちら
三菱UFJフィナンシャル・グループの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

基本スペック(『会社四季報 業界地図2016年版』東洋経済新報社より)
・純資産 286兆円
・純利益 1兆0,337億円

三菱東京UFJ銀行
・平均年収 791万円
・平均年齢 38.0歳
・従業員数 10.8万人

グループ企業
・銀行    三菱東京UFJ銀行
・信託銀行  三菱UFJ信託銀行
・証券    三菱UFJモルガン・スタンレー証券
・クレジット ジャックス、JCB、三菱UFJニコス
・消費者金融 アコム
・リース   三菱UFJリース
・生命保険  明治安田生命保険
・損害保険  東京海上ホールディングス(東京海上日動火災保険、日新火災海上保険)

みずほフィナンシャルグループ

日本興業銀行、第一勧業銀行、富士銀行の経営統合から始まり、メガバンクの先陣といえます。第一勧業銀行は、渋沢栄一が作った日本最古の銀行、第一国立銀行が源です。また、富士銀行は戦前の金融王である安田善次郎によって、安田銀行として設立されました。グループの中核となるみずほ銀行は、歴史と伝統のある銀行が統合して生まれたわけですが、システムトラブル、反社会勢力に対する融資問題と、さまざまな問題を抱えています。しかし経営基盤は安定しています。

▽みんなの就職活動日記 新卒就職人気企業ランキングでは総合16位、業界別2位
2018年卒 新卒就職人気企業ランキング│総合ランキング - みん就(みんなの就職活動日記)

▽みずほフィナンシャルグループに関する就活生のクチコミはこちら
みずほフィナンシャルグループの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

基本スペック(『会社四季報 業界地図2016年版』東洋経済新報社より)
・純資産 189兆円
・純利益 6,119億円

みずほ銀行
・平均年収 738万円
・平均年齢 37.8歳
・従業員数 5.4万人

グループ企業
・銀行    みずほ銀行
・信託銀行  みずほ信託銀行
・証券    みずほ証券
・クレジット オリエントコーポレーション、UCカード
・消費者金融 ―
・リース   興銀リース、芙蓉総合リース、東京センチュリーリース
・生命保険  第一生命保険
・損害保険  損保ジャパン日本興亜ホールディングス

三井住友フィナンシャルグループ

2001年、住友銀行と三井グループの中核さくら銀行との合併で生まれました。この合併は業界では驚きを持って迎えられ、その後の三井住友火災海上保険や三井住友建設など、財閥の壁を超えた合併が推進されるようになりました。

▽みんなの就職活動日記 新卒就職人気企業ランキングでは総合21位、業界別3位
2018年卒 新卒就職人気企業ランキング│総合ランキング - みん就(みんなの就職活動日記)

▽三井住友フィナンシャルグループに関する就活生のクチコミはこちら
三井住友銀行の掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

基本スペック(『会社四季報 業界地図2016年版』東洋経済新報社より)
・純資産 183兆円
・純利益 7,536億円

三井住友銀行
・平均年収 879万円
・平均年齢 37.2歳
・従業員数 6.8万人

グループ企業
・銀行    三井住友銀行
・信託銀行  三井住友信託銀行
・証券    SMBC日興証券
・クレジット 三井住友カード、セディナ
・消費者金融 SMBCコンシューマーファイナンス(旧プロミス)
・リース   三井住友ファイナンス&リース
・生命保険  住友生命保険、三井生命保険
・損害保険  MS&ADインシュアランスグループHD
(三井住友海上火災保険、あいおい日生同和損害保険)

参考資料

・ 『就職四季報 2016年版』東洋経済新報社
・ 『会社四季報 業界地図 2016年版』東洋経済新報社
・ 『日経業界地図 2016年版』日本経済新聞
・ 『最強の業界・企業研究ナビ2017 全18業界完全対応』木之本敬介+あさがくナビ編集部 朝日新聞出版
・ 『絶対内定!するための企業研究 日本の200社』菊地浩之著 KADOKAWA

関連リンク

2018年卒 新卒就職人気企業ランキング│総合ランキング - みん就(みんなの就職活動日記)
三菱UFJフィナンシャル・グループの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)
みずほフィナンシャルグループの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)
三井住友銀行の掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

 

f:id:hito-contents:20170801113356p:plain

監修:小室直子

臨床発達心理士
中級教育カウンセラー
東北福祉大学大学院修士課程卒業後、専門学校専任講師、大学の非常勤講師として心理学系科目の講義を行うかたわら、のべ200名の就職支援の経験を持つ。