【事前準備】コンサルティングファームのインターン参加の注意点

コンサルティングファームを理解しよう

総合商社や外資系の投資銀行とともに、学生に人気がある業界がコンサルティングファームです。

コンサルタントの仕事は、クライアント企業が抱えているさまざまな経営課題に対して、解決を支援することです。コンサルタントが解決する領域は多岐に渡り、したがって総合的なコンサルティングファームから専門に特化した企業まであります。

たとえば、経営戦略の立案であれば戦略コンサルタントの領域になります。人事や会計に問題がある場合は業務コンサルタント、企業の情報システムに問題がある場合はITコンサルタントが解決を担います。

金融コンサルタントや不動産コンサルタントのように、特定の業種に特化したコンサルタントもいます。最近では横断してさまざまな領域をカバーすることが多くなったため、一概に分類できない状況になっています。

外資系大手コンサルティングファームで著名な企業には、マッキンゼー&カンパニー、ボストン・コンサルティング・グループ、アクセンチュア、デロイトトーマツコンサルティングなどがあります。

また、野村総合研究所、三菱総合研究所、大和総研などのシンクタンクも、コンサルティング企業と考えてよいでしょう。

IT関連企業では、ERP(基幹系情報システム)のパッケージを提供するSAPジャパン、日本オラクルなども社内にコンサルタントを抱えています。また、パートナー企業と組んでコンサルティングを行う場合もあります。

したがって、まず自分が就きたいコンサルタントは、戦略の立案か、あるいは情報システムに関連した仕事か、または人事・会計に関する仕事か、ある程度明確にしておく必要があります。

f:id:hito-contents:20180123151626j:plain出典:fotolia

コンサルティングファームのインターンシップで事前に準備すること

まず大きな特徴としては、他業界のインターンに比べ門戸が狭いということです。インターンに進めないことが大きな課題であるため、いかに書類や面接に通るかがまず第一の鍵となります。
インターンシップ参加の応募時には、エントリーシートの提出とともに小論文が課される企業もあります。したがって、日頃から時事問題に関心を持ち、問題の本質をとらえ「自分ならどのように解決するか」考える習慣をつけておくとよいでしょう。

具体的には、以下のようなことを習慣にしてください。

(1)インターネットで経済やビジネスの情報をチェックする

日本経済新聞やニュースサイトでビジネスに関する情報を収集し、必要であればクリッピングします。また、大前研一氏のブログ、東洋経済オンライン、プレジデントオンライン、などのビジネス系のウェブサイトで、著名コンサルタントの記事もチェックするとよいでしょう。

(2)マーケティングや経営戦略などに関する本を読む

書店でマーケティングや経営戦略などのビジネス書のコーナーに立ち寄ってみましょう。コンサルティング業界について書かれた本も参考になりますが、ロジカルシンキングや仮説の立て方、マーケティング戦略などの書籍を読んで知識の幅を拡げてください。

(3)試験対策をしておく

フェルミ推定、ケース問題、玉手箱、判断推理・数的推理などの予習、過去問を解いて、試験問題に慣れておくことが大切です。これらはコンサル業界ならではの試験なので、事前の勉強が必須となります。

▽インターンシップに関するリンクはこちら
インターンシップ情報交換のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

インターンシップの内容と押さえておきたいポイント

インターンシップの内容は、大手総合商社や投資銀行のようにグループワークが行われることが多いようです。

数名のチームを組んで、与えられた課題に取り組みます。例えば、「ヘアケア市場の日本企業上位6社のうち、自分が担当となった企業の売上向上策を考える/マッキンゼー」などの企業の経営戦略・新規事業立案やM&A戦略などの課題を課せられます。
情報を分析し、仮説を立て、解決策を導き出します。最終的に結果を社員にプレゼンテーションします。

優秀な学生が多いとはいえ、物怖じせずに自分の考えを述べることが大切です。ビジネスの現場では「会議で黙っている人間は必要ない」「発言しない社員は仕事をしていない」とみなされます。

また、他人の意見は傾聴し、揚げ足を取ったり、頭ごなしに批判したりしないこと。批判されても、感情的にならないことが大切です。

採用担当者は論理的な思考や、チームの仲間との協調性、そして人間性に注目しています。どんなに優秀でもチームの和を乱す人材は、問題ありという評価を下されます。

一生懸命考えたプレゼンテーションについて、社員から完膚なきまでにダメ出しを出されることもあります。それがプロのコンサルタントのレベルであると認識してください。

自分の力量不足を感じたら、それがインターンシップ参加の大きな意義となります。必死に勉強して、5年後や10年後に向けて大きく成長すればよいでしょう。

未熟さは恥じることではありません。インターンシップを終えて、採用試験の本番で大きく成長しているような人材を採用担当者は期待しています。

関連リンク

指定企業の投稿でQUOカードをプレゼント!インターン体験記募集中
コンサル/シンクタンクの就活情報・新卒採用クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)
インターンシップ情報交換のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20170728093458p:plain

監修:おくいはつね 

2006年より人材系企業にて、中途採用営業、営業支援、新規事業を経験。その後、東証一部上場企業などの採用コンサルティングや組織開発、研修プログラム開発、新卒採用ツール企画制作などに携わる。慶應大学などの教育機関でキャリア開発ワークショップを実施。また人材育成領域の事業立ち上げやマーケティングも行っている。