キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

映画業界に就職したい!業界や企業の特徴、職種を知って就職活動対策しよう

映画業界への就職を目指している就活生は少なくありません。映画の仕事がしたいと考えている方は、まずは映画業界の現状や動向、企業の特徴や仕事内容などを知っておきましょう。今回は、映画業界の特徴や代表的な職種、そして早めに就職活動のスタートを切ることの大切さについてお伝えしていきます。

就職活動で映画業界を考えているなら業界や企業の関わりを知っておく

インターネットでの動画配信が広まるなか、映画業界は厳しい状況にあると感じることもあるかもしれません。ただ、実際のところ日本の映画産業は2017年現在、盛り上がりを見せています。年間の公開本数は近年増加傾向にありますし、洋画よりも邦画が好調である状況も続いています。映画館へ足を運ぶ人が少なくなったとしても、インターネットなどを通じてこれからも多くの人が映画作品を楽しんでいくことになるでしょう。映画が好きで、映画業界で働きたいという気持ちが強いのであれば、映画業界についてしっかりと調べ、就職活動へ備えることが大切です。
まず知っておきたいのは映画業界といってもいろいろな関わり方があるということです。映画が上映されるまでの流れに沿って、映画業界の仕事を以下の3つに分けることができます。

製作:新作映画の企画、脚本づくり、キャスト決めなど。作品づくりを担う。
配給:作品の権利を買い取り、映画館運営会社に販売する。
興行:上映を実施、運営する。

映画会社のなかにはこの3つの工程をすべて自社、もしくは自社系列で行っている大手企業があります。なかでも東宝、松竹、東映は大手3社と呼ばれており、これらの企業を知ることで業界分析にもつながるので、気になる方は採用ページなどを確認し徹底的に調べてみましょう。
大手3社のように映画製作から上映に至るすべての工程に携わる会社もありますが、一方で製作、配給、興行に特化した会社もあります。幅広く検討したい場合や特定の仕事に興味がある場合は専門の会社についても調べておくといいでしょう。

▽映画業界に関する就活生のクチコミはこちら
映画業界で働きたいのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20180130113048j:plain出典:pixabay

就職活動で映画業界を目指す学生が注目したい7つの職種

ここでは映画業界の代表的な職種をご紹介します。
なお、映画業界では「製作」と「制作」という言葉を区別して使われることが多いので、この記事では以下のように定義することにします。
・「製作」は企画から販売までのアニメづくり全般の工程。英語でいうproduceに近い意味。
・「制作」は作品をつくって商品に変える工程。英語でいうcreateに近い意味。

(1)製作に関わる仕事

■プロデューサー
映画における最高責任者です。企画段階から関わり、キャストや脚本家、映画監督の人選なども行います。全体を把握する力や人望が必要なため、プロデューサーになれる人は一握りです。

■制作担当
プロデューサーの下には制作担当と呼ばれるプロデューサーの助手がつき、以下のような仕事を行います。

・撮影前の準備……ロケーションの場所探し
・撮影中……安全確認、食事の手配、各スタッフの調整
・撮影中のデスクワーク……予算や撮影スケジュールの管理、編集、音入れ作業、宣伝、配給の打ち合わせ

プロデューサーのなかには制作担当出身の人も多くいます。

■制作助手
制作担当の下につくのが制作助手です。飲み物や弁当の調達、長靴やカッパの配布といった様々な仕事を担います。アルバイトのスタッフが務めることもあります。

■映画監督
撮影現場の責任者であるのが映画監督です。演出、演技指導、カット割りといった仕事をします。映画制作会社や俳優出身の人もいます。

■編集技師
映画はストーリーどおり、順次撮影されているわけではありません。飛び飛びのカットをあとでつなぎ合わせる必要があるのですが、それを担当するのが編集技師の人たちです。余韻をどう残すかや、リズムといった点が大事だとされ、演出の重要な部分を担います。

(2)配給に関わる仕事
配給会社や大手映画会社の配給部門の仕事をここで簡単に紹介しておきましょう。営業や宣伝の仕事がメインになります。
・外国映画の日本国内での上映権利を買いつける(映画祭や見本市で上映権を獲得することもある)
・買いつけ後、上映する映画館を決める
・外国映画に字幕をつける
・宣伝を行う(広告代理店へ外注することもある)

配給会社には大手3社の配給部門、独立系配給会社、洋画の配給会社(ハリウッドメジャー)といった種類があります。

(3)興行に関わる仕事
映画館の管理、運営をする仕事です。映画大手3社の系列会社や独立興行会社などがあります。

映画業界といってもいろいろな仕事があるのがわかるかと思います。準備すべきことに違いが出てくるので、クリエイティブな道に進みたいのか、そうでないのかといった点は早めに決めておいたほうがいいでしょう。

▽映画関連企業に関する就活生のクチコミはこちら
東宝の新卒採用・就活情報 - みん就(みんなの就職活動日記)
東映の新卒採用・就活情報 - みん就(みんなの就職活動日記)
松竹の新卒採用・就活情報 - みん就(みんなの就職活動日記)

就職活動で映画業界を目指す場合にしておきたいこと1:職種を決める

必要とされるスキルや能力は職種によって異なるので、自分の進みたい道を早めに決めることは大切なポイントです。製作に特化した会社など、大手映画会社以外の選択肢も考えるのであればなおさらです。求人数の少ない小規模な会社であれば、映画専門のポータルサイトで求人を探すのも1つの方法です。
一方で、大手映画会社に関しては職種別採用ではなく、一括採用であることが多いです。それでも、どのような仕事をしたいかをエントリーシートや面接で説明できるようにしておく必要はあるので、希望の職種は早めに決めておくに越したことはありません。「映画を観て楽しい」だけではなく、自分は映画にどう携わりたいのかを明確にすることが大切です。

就職活動で映画業界を目指す場合にしておきたいこと2:経験から何を得たのかを明確にする

就職活動で映画業界を目指すのであれば、今までの経験から何を得たのか明確にしたうえで、志望動機へつなげることが大切です。映画が好きという点では他の就活生と差別化できないので、経験から何を考え、何を得たのかという点でオリジナリティを出す必要があります。
たとえばアルバイトやインターンシップで映画に関わる仕事をしてみるのもいいでしょう。製作に携わりたいのであれば、エキストラのアルバイトを経験するとリアルな現場を間近で見られて、仕事のイメージがより明確になるはずです。また、動画投稿サイトに自分でつくった動画をアップし、視聴者からの反応を分析するといった経験もプラスになるでしょう。面接時に「自分で動画を投稿して思っていた以上に反応が来た。視聴者さんからリクエストもあったが、資金的にも技術的にも実現できる規模ではなかったので、もっと大きな規模で製作に携わりたいと思うようになった。」などと話せば、映画会社に興味を持ったきっかけをストーリー仕立てで伝えることができます。
また、映画が好きという話を熱心にするのも大事ですが、映画を観るという受動的な行動とは違った能動的な行動のほうが重要度は高いです。なぜなら、行動を起こし失敗しながらもチャレンジし続けることは、成長につながるからです。「製作に本当に興味があるのであれば、もうすでに製作に関して何らかのアクションを起こし始めているはずだ」と考える面接官もきっといるはずです。「製作に携わりたい」と言いながら、まったく「製作」に関する活動を今までしていなかったら、本気なのか疑われても仕方ありません。製作に限った話ではありませんが、なるべく早い段階で自分の希望する職種とマッチする経験を積んでいきましょう。

就職活動で映画業界に受かりたいなら、早めに動くべし!

映画業界への就職は、早めに職種を決めて、情報収集をしながらアルバイトなどで経験を積むといいでしょう。たまに映画を観てリフレッシュしつつも、能動的な行動を重ねて自分の成長につなげていくことが大切です。希望の仕事に就けるよう、早めに対策をしていきましょう。

参考

[1] 日本経済新聞社
[2]2017/8/26
[3]日経業界地図 2018年版
[4]日本経済新聞出版社

[1] 中村恵二 (著), 荒井幸博 (著), 角田春樹 (著)
[2]2017/8/26
[3]図解入門業界研究 最新映画産業の動向とカラクリがよ~くわかる本[第3版] 
[4]秀和システム

関連リンク

映画業界で働きたいのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)
東宝の新卒採用・就活情報 - みん就(みんなの就職活動日記)
東映の新卒採用・就活情報 - みん就(みんなの就職活動日記)
松竹の新卒採用・就活情報 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20171016122426p:plain

著者:沖 圭祐

関西在住のライター、キャリアコンサルタント。 総合大学卒業後、大学受験予備校で進路相談の職員を経験。大学職員として勤務した後、ライター、キャリアコンサルタントとして独立。 現在では就職活動、転職活動、働き方といった分野を中心に記事を書いています。履歴書、エントリーシート、小論文作成のアドバイスや添削といった仕事もしています。食べることが大好きで、お土産やグルメの記事も執筆中。教員免許や国家資格であるキャリアコンサルタントの資格も所持しています。