キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

【企業研究・トヨタ自動車】燃料電池車が拓く、新しい社会の実現

自動車業界で世界・国内ともにトップ、日本が誇る「世界のトヨタ」

自動車業界では、世界でトップシェアのトヨタ自動車。国内の販売台数も首位です(2014年度)。日本が誇る自動車メーカーといえます。

トヨタ自動車は、世界で初めて自動車メーカーとして1,000万台の販売台数を超えました。しかし、2014年にはフォルクスワーゲンが1,000万台を突破し、日本とドイツの2社でしのぎを削る競争が繰り広げられています。3位のゼネラル・モーターズも経営危機などを抱えながら追随し、首位争いはますます熾烈になりそうです。

業界全体では広大な中国市場が注目されていましたが、最近になって伸びが鈍化。トヨタ自動車の収益源は北米とはいえ、中国進出には遅れを取りました。また新興国であるタイやインドネシアなどの東南アジア、ロシアなども業界全体で不透明感が漂い、厳しい状況になっています。

しかし、ハイブリッド車(HV)、電気自動車(EV)、燃料電池車などの新しい技術による業況は好調で、明るい展望もあります。

トヨタグループの傘下には、ダイハツ工業、日野自動車などの完成車のメーカーの他に、デンソー、アイシン精機などの部品メーカー、そしてトヨタファイナンシャルサービスなどの金融、トヨタホームとミサワホームといった住宅の事業も展開しています。

トヨタ自動車の企業理念は7項目から成ります。法令遵守により公明正大な企業活動を通じて信頼される企業市民になることから、長期安定的な成長と共存まで定められています。この核となる精神は、創業から受け継がれた「豊田綱領」です。トヨタグループの創始者である豊田佐吉の考え方を基盤としています。

▽トヨタ自動車に関するリンクはこちら
トヨタ自動車の新卒採用・就活情報 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20180123170055j:plain出典:pixabay

究極のエコカー「MIRAI」を発表、ハイブリッドカー「アクア」も好調

事業で注目したいのは、「ハイブリッドカーを世界に広めたトヨタの次のイノベーション」として登場した「MIRAI(ミライ)」。ガソリンを使わずに、水素に酸素を化学反応させて電気を作り出して走行する、世界初の「燃料電池車」です。メーカー希望小売価格723万6.000円(税込)で、現状では高価格に課題がありそうです。

しかし、2014年12月に発売したところ、およそ1ヶ月で受注が1,000台を突破。当初の計画では2015年末までに約400台でしたが、2016年に2,000台、17年に3,000台を増産することを発表しました。

燃料電池車は、二酸化炭素(CO2)などを輩出しないため、ハイブリッド車(HV)、電気自動車(EV)に続く第三のエコカー、究極のエコカーとも呼ばれます。

燃料となる水素は、水素ステーションで充填します。MIRAIの一充填走行距離は約650㎞です。トヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業は、2020年頃までに総額50~60億円を拠出し、水素ステーション運営費の3分の1を補助することを決定しています。ちなみに、トヨタ自動車は水素貯蔵・圧縮関連技術の有効特許件数でもトップの実績があります。

ハイブリッド車(HV)の「アクア」も3年連続で販売台数の首位に輝きました。コストがかかること、航続距離が短いことなどの課題はありますが、エコカーは今後成長が期待される分野です。

新しい技術が注目を集める自動車業界で、トヨタ自動車は積極的に他の企業に対する出資や提携を行っています。2010年には、アメリカのテスラ・モーターズに出資。2013年には、ドイツのBMWと燃料電池車、ハイブリッド車の分野で提携、またBMWからディーゼルエンジンの供給を受けることを発表しました。マツダとも資本提携を含まない包括提携を結んでいます。

クルマがインターネットとつながる「コネクテッドカー」も、新たな技術として注目されています。フォード・モーターと連携して「レクサス」など高級車の車載端末とスマートフォンをつなぐ、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)も事業の視野に入れています。(参考:「トヨタ、「つながるクルマ」でフォードと連携」日本経済新聞 2015年6月3日 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ03HLF_T00C15A6TI1000/

求める人材像は、志を高く掲げて挑戦する人物

企業理念にも掲げられているように、「モノづくり」によって人々に喜びを与えることがミッションです。志望する学生は、社会を「つくる」側の人間として、みずから思い描く社会と自分のあるべき姿について、徹底的に考え抜いて採用面接に臨むこと採用担当者は求めています。

特に重視しているのは、「困難で高い目標を自分で掲げ、常に前向きにチャレンジできる人」「他の価値観や意見を尊重し、チームワークを大切にできる人」の2つです。

まず、志を軸として自分で考え、行動できること。同時に確固とした自分の考えを持ちながら他者の価値観も尊重し、耳を傾ける謙虚な姿勢が必要です。というのは、グローバルな仕事環境では、異なる言葉や文化を持ったスタッフと協力して、困難なミッションを遂行しなければなりません。自己主張はもちろん、目的のために力を合わせるチームワークも大切です。

周囲を巻き込んで、愚直かつ徹底的に最後までやり遂げるには、強力なリーダーシップが必要となるでしょう。就活生のみなさんは「リーダーシップは必ずしもひとりの人間(リーダー)だけに求められるものではない」ということを考えてみてください。それぞれの人間が当事者意識を持って仕事に臨むことがリーダーシップです。

環境に優しいエコカーの開発や販売などの事業を通じて次世代のリーダーをめざす人材を、トヨタ自動車はあたたかく迎えてくれることでしょう。

参考資料

  •  トヨタ MIRAI トヨタ自動車WEBサイト http://toyota.jp/mirai/
  •  『就職四季報 2016年版』東洋経済新報社
  •  『会社四季報 業界地図 2016年版』東洋経済新報社
  •  『日経業界地図 2016年版』日本経済新聞

関連リンク

 トヨタ自動車の新卒採用・就活情報 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20170726103808j:plain

監修:藤信 明憲(ふじのぶ あきのり)

GCDF-Japan キャリアカウンセラー資格所有
私立大学でキャリアカウンセラーとして勤務。大学在籍時は、就職相談の他、合同説明会の運営リーダーを担当し、各種就活対策セミナー講師としても年間50本以上の登壇を行う。リピート指名ナンバーワンの実績を誇り、何よりも傾聴を心がけている。
現在はフリーランスで、学生や社会人へのカウンセリング、次世代社長や大人向けの勉強会のファシリテーターや講師を行う。