キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

【業界研究】投資銀行とは?仕事内容や業界特徴、求められる人材を解説

就活生からの人気も高い投資銀行。しかし、業界の特徴や仕事内容について実はあまりよく知らないという学生の方も多くいることかと思います。この記事では、投資銀行の仕事内容や業務の大まかな流れ、求められる人材像についてわかりやすくまとめていきます。

投資銀行とは何か?

投資銀行は、アメリカ政府によって定義されたinvestment bankを指します。有価証券の売買や、企業の合併や買収(M&A)によって利益を出す銀行のことです。

わかりやすく言うと、通常銀行は一般の個人を対象にしますが、投資銀行は企業法人が対象です。また、一般の銀行のように、預金や貸付をすることはありません。

企業に対して、株の発行や借入の提案、企業の合併などによる財務的なアドバイスを行って資金調達などを支援する銀行です。

外資系企業では、モルガン・スタンレー、ゴールドマン・サックス、メリルリンチ日本証券、バークレイズなどがよく知られています。モルガン・スタンレーは、IPOや公募増資の分野に実力のある企業です。ゴールドマン・サックスはM&Aに強い投資銀行です。

日本では、大手証券会社が業務の一部として投資銀行の業務を担っていましたが、個人向けの有価証券売買がメインでした。しかし、規制緩和や金融自由化によって、日本の企業でも投資銀行業務を行う企業が増えました。

日本の銀行で投資銀行業務を行っているのは、野村證券、大和証券、SMBC日興證券のほか、みずほ銀行、新生銀行などがあります。

投資銀行の主な業務は、資金調達業務を主軸に、コンサルティングなどの付随業務を伴います。

企業に対しては、企業の合併や買収である「M&A」のほか、エクイティファイナンス、デットファイナンスなどの財務的な提案をします。

エクイティファイナンスは、企業が新株を発行して資金を調達することです。

公募や株主割り当て、第三者割当による増資、転換社債型新株予約権付社債(CB)によって行われます。企業にとっては返済期限を定めない資金調達というメリットがある反面、投資家には配当に対するリスクが生じる場合があります。

デットファイナンスは、負債の増加を伴う借入金融のことです。

エクイティファイナンスとデットファイナンスは、両極として考えられる財務施策です。企業にとってデットファイナンスが最も一般的な手法ですが、一般的に負債が増加することが特長であり、エクイティファイナンスは資本が増加します。

企業に財務提案をするのが投資銀行の業務であり、財務に関する高度な専門知識が求められます。

▽投資に関するリンクはこちら
証券/投資の就活情報・新卒採用クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20180119165338j:plain出典:写真AC

投資銀行の部門と仕事

投資銀行の部門は、大きく製造部門と営業部門に分かれます。

製造部門は、提案先の企業に合わせてM&Aであれば条件や価格を設定し、企業との契約を締結してファイナンスを実行します。

営業部門は、カバレッジとも呼ばれ、金融業界や通信業界など、業界ごとに分かれて編成されています、

企業に営業するときは、市場、業界、企業の情報を分析し、資金調達のプランをまとめた提案書を持参します。企業ロゴを表紙に配置し、高価な紙を使ってブランド力を訴求した分厚い資料です。

この資料をまとめるために膨大な時間を費やします。早朝から深夜に渡り、残業することも少なくありません。投資銀行の仕事は、かなりの激務といえます。忍耐力と体力が要求されます。

資料の作成では、アソシエイトと呼ばれる若手社員が、新卒から3年目程度の新人のアナリストに指示して、データ収集やパワーポイント作成を指導します。作成した資料は8年以上勤務しているヴァイスプレジデントという上司がチェック。真っ赤に修正指示を出しながら、仕上げていきます。

しかし、お客様から、きれいなチャートで仕上げられた分厚い資料より、数枚の資料に説得力があったという感想をもらうこともあります。必ずしも努力の結果が報われない仕事であることが、投資銀行の実態です。

とはいえ、1,000万円を超える高水準の報酬が魅力であり、投資銀行は人気があります。

投資銀行で求められる人材とは?
過酷な投資銀行で求められる人材は、どのような資質を持っている人材でしょうか。代表的なものを次に挙げます。

(1)弱音を吐かない

長期のインターンシップにおいても、とにかく過酷な仕事を任されたり、課題を出されたりすることが多いようです。このとき、どんなに疲れていても弱音を吐かない人物が、第一の条件です。

課題を仕上げるために徹夜だったとしても、決して「疲れた」という言葉を発しないで、笑顔で翌日も仕事に励む明るさが要求されます。身体的にも大変な仕事ですが、精神的なタフネスも重要です。

しかし、あまりにも真面目に取り組むあまり、身体を壊してしまうのも問題です。自分の体力の限界を把握した上で、最大限の努力をするようにしましょう。

(2)チームワークを大切にする

膨大なデータを収集、分析して企業に提案するために、チームを組んで仕事をします。特に外資系の投資銀行では少数精鋭により最大の成果を出すことを目的にしているので、お互いにフォローする良好な関係を維持できる資質が必要です。

(3)数字に強く、論理的な思考ができること

企業の資金調達や財務関連の提案が仕事なので当然ですが、数字に対するセンスがあることはもちろん、論理的な思考が求められます。

大量のデータを分析し、解決策をアウトプットする能力は必須。明瞭な言葉でプレゼンテーションするコミュニケーション能力もポイントです。

タフでありながら、協調性を持ち、高いパフォーマンスを発揮するという非常にハードルの高い仕事ではあります。しかし、だからこそ高い報酬が支給されています。

関連リンク

証券/投資の就活情報・新卒採用クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)
都銀/信託/外銀の就活情報・新卒採用クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20170726103808j:plain

監修:藤信 明憲(ふじのぶ あきのり)

GCDF-Japan キャリアカウンセラー資格所有
私立大学でキャリアカウンセラーとして勤務。大学在籍時は、就職相談の他、合同説明会の運営リーダーを担当し、各種就活対策セミナー講師としても年間50本以上の登壇を行う。リピート指名ナンバーワンの実績を誇り、何よりも傾聴を心がけている。
現在はフリーランスで、学生や社会人へのカウンセリング、次世代社長や大人向けの勉強会のファシリテーターや講師を行う。