キャリアコンサルタントが伝授!面接に受かる人と落ちる人の違いとは

就活生が避けて通れないのが面接。今回は、就活の専門家、キャリアコンサルタントの視点で、面接に受かる人と落ちる人の違いについてお伝えしていきます。面接に通過し、内定をもらうために、是非参考にしてみてください。

キャリアコンサルタントが伝授!業界共通で面接に受かる人の特徴6つ

キャリアコンサルタントとして就活生から相談を受けていると、志望する業界共通で「面接に受かる人」と「面接に落ちる人」の特徴がよくわかります。「意欲・テクニック編」と「マナー・態度編」に分けて、まず、「面接に受かる人」の6つの特徴を紹介しましょう。

<意欲・テクニック編>

1. 質問の主旨をはずさない
面接官が合格点を付けられる最初の関門が、「質問の主旨をはずさない」ことです。これは、相手の質問をしっかり聞き取るという理解力そのものです。実際のビジネス社会でも最重要ポイントです。質問には、いろいろなパターンがあります。たとえば、「〇〇について、1番大切なことは?」(回答は1つ)とか、「〇〇について、それを取り上げた理由と、あなたの意見を聞かせてください。」(回答は、理由と意見の2つ)、「〇〇について、具体的に述べてください。」(回答は、具体的説明)など、質問者の求める回答の仕方は、すべて異なります。落ちない人は、これらの違いをしっかり聞き取って回答できる人です。

2.結論から述べる
どんな質問にも、まず「結論から答える」というクセが身についている人は、質問への回答が明快です。「1」の質問の主旨をハッキリ聞き取っていて、説明は後から付いてくるが、結論は冒頭で述べています。たとえば、「学生時代に、もっとも頑張ったことは?」という質問であれば、「ハイ!私が学生時代にもっとも頑張ったことは、〇〇です。」と、まず結論が言える習慣がついている特徴があります。

3.他者との差別化ができる
誰でも回答できるような平均的な回答を述べても、他者との差別化はできません。たとえば、志望動機であれば、企業研究の深さで他者と差がつきます。また、自己PRはまさに独自性なので、他者とは違うところをPRしなければなりません。ここが一番難しいのですが、落ちない人は、言葉の使い方でいえば、(志望動機として)「中でも私が御社を受けようと思ったもっとも大きな理由は…」とか、(自己PRとして)「私がなにより強調したい自己PRポイントは…」といったように、みんなとは違うんだという点のアピールが意欲的な人です。

<マナー・態度編>

1.元気・笑顔・ハキハキの3拍子が揃っている
表面的にうかがえる部分では、「元気さ」が伝わってくる人です。表情も笑顔があふれハキハキと答え、イキイキした感じを受けます。マナーにも自信がうかがえ、礼や挨拶にキレがあります。

2.緊張したり失敗したりしても潔い
緊張せず失敗しないことが一番いいのですが、面接で多少の緊張をするのは面接官も想定済みです。したがって、緊張を無理に隠そうとしたリ、仮に失敗しても無理に取りつくろうとしない素直な人が評価されます。「緊張していますか?」と聞けば、正直に「ハイ!かなり緊張しています。」と正直に答えます。また、難しい質問など回答に窮して答えられない時は、「勉強不足で申し訳ございません!」、「申し訳ございません。緊張していて、間違ってしまいました!」と、答えられなかったり間違ったりしたことを潔く伝えます。

3.視線が安定している
面接している時間、面接官は質疑応答の言葉だけに集中しているかというと、そうではありません。視線が安定しているということも大事です。これがあることで、自信をもって回答している印象を受けるので、内容に真実味が増し、高評価につながります。ポイントとしては、面接室への入室直後に礼をする時の視線、複数の面接官への気配りするような目配せ、そして質問者へしっかり視線が向けられているか、などが挙げられます。落ち着きなく天井や床を見たり、やたら面接官の手元を見たりすると、目が泳いでいるように見え、自信がない印象を与えてしまうので気をつけましょう。

▽面接に関する就活生のクチコミはこちら
面接アドバイスのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20180124140234j:plain出典:fotolia

キャリアコンサルタントが伝授!業界共通で面接に落ちる人の特徴6つ

一方で、「面接に落ちる人」にも特徴があり、主な特徴を6つ紹介します。もちろん、「落ちない人」の特徴の裏返しがまずあります。

<意欲・テクニック編>

1.質問に答えていない
自分では、一生懸命話しているつもりだが、よくある「的をはずす」という人です。たとえば、志望動機を尋ねているのに、よくよく聞けば自己PRばかりしていたり、「理由と自分の意見」の両面について述べるように質問したのに、片方しか答えていなかったりという人です。これは要点把握力や、状況判断力が弱いという判断になります。

2.結論が後回しである
常に話し方が物語風でいちから説明し、最後まで聞かないと結論がわからない人です。話が長くなり、面接官から「結論を言ってください。」という声がかかる人です。話し出さなければ言いたいことが整理できない人は、自分の考えをもっていないか、その質問に関して事前に準備を怠ったと判断されます。人によっては、話しているうちに自分自身も結論がわからなくなり、絶句したりするタイプの人もいますが、まず面接をクリアするのは難しいといえます。

3.内容が浅い
想定問答として準備しているが、そもそも内容が浅く自分の意見や考えになっていない人です。話し方も、棒読みでただ暗記してきただけというのがよくわかります。想定問答は、ある程度はやるべきですが質問が微妙に変化しても、準備した通りしか答えられない人で、口先だけにしか聞こえません。

<マナー・態度他>

1.マナーが悪い
緊張でマナーがぎこちないとか、慣れていないのはまだ大丈夫ですが、明らかにマナーがなっていないのは、回答が良くても面接は不合格です。たとえば、座る時に「失礼します。」とか、面接終了後「ありがとうございました。」とかいった最低限の挨拶もなく、ふてぶてしい態度を示す人が面接を通過することはまずありません。

2.企業研究ができていない
企業として、最低限の自社についての知識をもってほしいのは当たり前です。会社案内に載っている内容は、熟読していて覚えていなければならないのに、そんな質問にも答えられない人は問題外で、面接はまず落ちます。また、事業内容を勘違いしていたり、社名を間違ったりすると、自社への意欲の低さを見破られます。

3.行き詰まると黙ってしまう
いくら緊張しても、面接時に黙られると面接官にとってはどうしようもありません。間違ったことを言った場合は、良い評価にはなりませんが、それが面接落ちの決定打にはなりません。しかし、質問に固まってしまい、何も答えないのは間違いなく面接で落ちます。

▽面接に関する就活生のクチコミはこちら
一次面接で落ちてしまうのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

キャリアコンサルタントが伝授!面接に受かる人と落ちる人には、面接に落ちてしまった時にも違いがある

同じように面接に落ちても、次の面接でリカバリーできる人と、尾を引き次の面接にも影響する人と、2通りのタイプがあります。もちろん、リカバリーができる人が次の面接をクリアできる人です。この違いはどこにあるのか、そして面接に落ちやすい人の克服方法を解説します。

■切り替えの早い人が面接に受かる
面接はある意味では面接官と応募者との相性があり、「今回は相性が悪かった」と気持ちを切り替えられる人は、次回に新たな気持ちで挑戦できます。実際、面接官と応募者の会話のタイミングが合えば話が弾み、好結果になることはよくあります。

■面接に落ちて尾を引く人の特徴
面接に落ちて尾を引く人の特徴は、落ちた面接時の会話から面接官の反応をあれこれ振り返ります。もちろん反省は大切ですが、答えたことに対して面接官が悪い印象を受けたのではないかとか、怖い顔をして全然うなずかなかったといった、面接官の反応を考える反省はキリがないのと、考えても正解かどうかは不明です。

■面接に落ちやすい人の克服方法
むしろ、質問の中で答えに困ったところがどこだったのか、準備不足のところはなかったのかといった、次回に活かせるような反省をします。面接は、どうすれば質問にうまく答えられるのかという受け身の姿勢になりがちですが、「売り込み」が面接の基本です。特に気分が落ち込みやすい人は、「自分のいいところを引き出せないような会社は、こちらから断ってやる!」ぐらいの強い気持ちをもちましょう。

キャリアコンサルタントが最後に伝えたい、面接で大切なのは「やり抜く力」

面接は緊張し、なかなか実力が出せないことも多いもの。結果によっては、ついつい自分を卑下してしまい弱気になりますが、悔いを残さないために早く気分を切り替え、自分を売り込むんだという強い心意気をもって、最後までとことんやり抜きましょう。

関連リンク

面接アドバイスのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)
一次面接で落ちてしまうのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20170929191254j:plain

著者:GAKUSUI

◆一部上場企業で人事・採用・能力開発を約15年経験。採用では、新卒を中心に面接官はじめ採用選考実務と管理職(採用課長、能力開発部次長)を経験。
◆採用業務だけでなく、人事異動、能力開発、教育訓練等トータルで経験。
◆上記企業で営業部、販売部、企画部で実務から管理職まで経験。また、転職経験もあり(中堅商社6年、国家公務員2年)。
◆新卒専門のキャリアコンサルタント(国家公務員)として直接大学生に対面指導。模擬面接、ES添削、自己分析指導等、就活カウンセリングの実務全般を2年間経験。その間、大学キャリアセンターと連携し講演実績あり。