キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

【企業研究・三菱電機】人工衛星でも知られる総合電機メーカーの魅力

産業用メカトロニクスの強みと環境ビジョン2021

三菱電機というと、洗濯機、冷蔵庫、エアコンなどのいわゆる「白物家電」を想像する学生が多いのではないでしょうか。「主要商品・サービスシェア調査」(日本経済新聞社・2015 年7月25日)によると、三菱電機は冷蔵庫のシェアが14.7%で業界4位、ルームエアコンは13.8%で業界3位のポジションにあります。
しかし、現在、三菱電機の事業領域は多岐に渡っています。家電にとどまらず、産業用のメカトロニクス、いわゆるFA(ファクトリー・オートメーション:工場における生産工程の自動化システム)や人工衛星など航空宇宙産業にも進出しています。

三菱電機の創業は、大正10(1921)年。三菱造船株式会社電機製作所を母体として設立されました。大正10~12年に約1万台の扇風機を生産しました。その後、冷蔵庫、エレベーター、エスカレーター、ラジオ、半導体、テレビのように製造する領域を拡大し、2016年3月度では、総合電機業界第3位の企業です。

経営理念は「技術、サービス、創造力の向上を図り、活力とゆとりのある社会に貢献する」。7つの行動指針として「信頼」「品質」「技術」「貢献」「遵法」「環境」「発展」を掲げています。また、コーポレートステートメントとして「Changes for the Better」を定め、常によりよいモノづくりをめざして「技術、サービス、創造力の向上」を図り、変革していく姿勢であり続けることを約束しています。

また、創立100周年の2021年を目標として、長期ビジョン「環境ビジョン2021」を策定しました。低炭素社会の実現、循環型社会の形成を通じて、自然と共生する環境マインドを持った人材の育成に努めていきます。

▽三菱電機に関する就活生のクチコミはこちら
三菱電機の掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

BtoB分野の産業用電機に強み、人工衛星やエネルギー事業にも注力

三菱電機の売上のうち、半数を占めるのが重電システムと産業メカトロニクスです。つまり、BtoB事業が主体といえるでしょう。製造業で工場の自動化を図るFA事業が三菱電機の強みであり、小規模から大規模まで工場のシステムを制御するシーケンサー、NC装置やレーザー加工機は海外で高いシェアを誇っています。三菱電機の事業の柱です。

製造業界では、ドイツで始まった官民一体で製造業の革新をめざす「インダストリー4.0」をはじめ、あらゆるものがインターネットにつながる「IoT(Internet of Things:モノのインターネット)が注目されるようになりました。三菱電機でも、工場とクラウドを接続する装置を開発し、IoT分野に取り組んでいます。

航空宇宙業界にも三菱電機の技術が生かされています。人工衛星「ひまわり」「みちびき」に次世代気象観測センサーを搭載。天気予報は、三菱電機の技術によって、これまでより正確になりました。ひまわり8号から9号では、解像度は2倍、観測時間は30分から10分に短縮しました。

参考:「観測機能を強化した三菱電機の「ひまわり8・9号」https://www.mitsubishielectric.co.jp/society/space/satellite/observation/himawari8-9_feature.html

エネルギー問題は今後重視され、社会的に重視される領域です。エネルギー関連業界は業況が明るいといえるでしょう。三菱電機は、ITによって電力の需要を調節して効率化する「スマートグリッド」の分野で、発電・送変電・配電までの総合システムを提供しています。中国が低価格攻勢をかけている太陽電池の市場では、太陽電池用パワーコンディショナーの性能に定評があります。

しかしながら、みなさんには馴染みの深い家電では、中国メーカーの躍進によって、2008年に洗濯機の事業から撤退。テレビの市場は4Kテレビの販売は国内で最も後発であり、中国や韓国勢の価格競争が激化しているため、苦戦しています。
とはいえ、インテリアにフィットするコードレススティッククリーナー「iNSTIC(インスティック)」は優れたデザインのヒット商品です。エアコン「霧ヶ峰」は、業務用エアコンの領域でも強いブランドで、欧州への市場開拓も強化しています。

f:id:hito-contents:20180122164413j:plain出典:pixabay

堅実で、まじめな人材を求める

『就職四季報 2016年版』(東洋経済新報社)によると、三菱電機の社風は「まじめ」。自動車から金融まで、幅広い事業を展開する三菱グループに属しているため、安定した堅実な企業です。そんな三菱電機の求める人材像は、「強い意志を持ち、自ら行動する人」「周囲と協働し、より大きな力を生み出す人」「やりとげる責任感を持つ人」

家電はもちろん航空宇宙事業や、エネルギー事業まで幅広く展開する三菱電機の社員は、社員一人ひとりがよりよい社会を実現するための使命感を抱いています。よりよいモノづくりのために自己を変革し、人間的な成長をめざします。こうした社風に賛同できる学生が求められます。

インターンシップでは、社会や企業に視野を拡げて、職種選択の機会提供を目的として、事務系、技術系、デザイン系というように、志望する職種別のインターンシップを実施しています。実習先の現場で、それぞれの職種の仕事の本質を学ぶことができます。

過去のエントリーシートでは、志望動機と自己PRを記入するものでした。企業研究をしっかり行い、その上で自分の熱意、行動力、責任感などを具体的にまとめることが必要です。三菱電機を志望するのであれば、メーカーのモノづくりに対する考え方を踏まえて、ミッションを遂行する行動力や責任感を自分の体験から綴ってみましょう。

参考資料

・ 『就職四季報 2016年版』東洋経済新報社
・ 『会社四季報 業界地図 2016年版』東洋経済新報社
・ 『日経業界地図 2016年版』日本経済新聞

関連リンク

三菱電機の掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

 

f:id:hito-contents:20170726103808j:plain

監修:藤信 明憲(ふじのぶ あきのり)

GCDF-Japan キャリアカウンセラー資格所有
私立大学でキャリアカウンセラーとして勤務。大学在籍時は、就職相談の他、合同説明会の運営リーダーを担当し、各種就活対策セミナー講師としても年間50本以上の登壇を行う。リピート指名ナンバーワンの実績を誇り、何よりも傾聴を心がけている。
現在はフリーランスで、学生や社会人へのカウンセリング、次世代社長や大人向けの勉強会のファシリテーターや講師を行う。