キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

性格検査の練習問題としても役立つ?診断テストの無料サイト特集

就活の選考で実施される「性格検査」。どのような対策をすればいいのか知りたい方は多いのではないでしょうか。性格検査にどのような姿勢で臨めばいいか参考になる上に、自己分析にも役立つ診断テストの無料サイトをご紹介します!

就職活動の性格検査にはどのような種類があるの?問題の内容は?

就職活動の性格検査には様々な種類があり、能力検査と同時に実施するケースが多いです。ここでは性格検査にはどのようなものがあるか簡単に確認しておきましょう。

リクルートキャリアが提供するSPI

・受験形式はテストセンター受検、自宅受検、ペーパーテストの3つがあり、いずれも約300問をおよそ30分〜40分で回答
・性格検査では大きく分けると性格特徴、職務適応性、組織適応性という項目を測定

▽SPIに関するリンクはこちら
SPIのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

SHL社のテスト

SHL社は自宅受検型の採用テスト「玉手箱」で知られています。
・自宅受検型の玉手箱…性格、意欲の2つを測定
・玉手箱のテストセンター版であるC-GABをはじめとする他のテスト…性格のみ測定

性格、意欲とも本格版、簡易版があります。性格テストでは、自分の性格から一番近いものと一番遠いものを両方答えるという他にあまりない形式なので、事前にどのようなものか例題を確認しておくといいでしょう。

ヒューマネージ社のテスト

ヒューマネージ社は、自宅受検型の採用テストであるTG-WEBなどを提供しています。性格検査の種類は多く、企業は複数のテストを組み合わせて実施することが可能です。

テストセンター式では「A8」と呼ばれるコンピテンシー(仕事で必要な行動特性)を測定するテストが実施され、性格そのものではなく、今までどのような行動をとってきたかが問われます。

YG性格検査

約30分で120門もの質問をされる、伝統のある性格検査です。

f:id:hito-contents:20180122214700j:plain出典:pixta

性格検査の対策方法とは?事前に練習しておくメリットは?

性格検査では偽りなく回答することが求められますが、とはいっても何も対策しないで本番を迎えることに不安な方もいるのではないでしょうか。
自分で回答の練習をしておきたいのであれば、インターネット上で気軽に受けられる診断テストを試してみるといいでしょう。就職試験のものと全く同じではありませんが、似ている質問のテストは多いので一度経験しておくとテストの感覚をつかめ、本番では安心して性格検査に臨むことができます。自分の性格や長所、短所、行動特性などを振り返るいい機会にもなり、業界や職種の絞り込みや、ES作成、面接対策の際に役立つというメリットもあります。

面接やESで伝える内容と、性格検査で判定された性格にあまりに差があると、採用担当者の心証が悪くなり、採用が見送られる可能性が高まります。自分をよく見せるために虚偽の回答をしないように注意しましょう。
企業が求める人物像に合わせることが大切だという意見もありますが、自分を取り繕ったうえで内定を得たとしても、企業の風土と合わないといったことで、入社後に苦労する可能性が高くなります。等身大の自分の魅力をいかに面接官へ伝えるか、という点に注力するほうがいいでしょう。

性格検査の練習や自己分析に役立つ無料サイト3選

ここでは性格検査の練習や自己分析に役立つ無料サイト3つご紹介したいと思います。
いずれも信頼のおける就活サイトから選びました。テストを受けたり、詳しい結果を得たりするためには会員登録(無料)する必要がありますが、他にも有益な情報がたくさん掲載されているので、会員でない方は登録を検討してもいいのではないでしょうか。

(1)マイナビ 適職診断MATCH https://job.mynavi.jp/19/pc/forward/forwardMatch/index
大手就活サイトのマイナビが運営する信頼性の高い自己分析ツールです。もとになっているイギリスで開発されたテストは、毎年世界各国で約1000万人もの人が受検しており、非常に豊富なデータベースが揃っています。
この適職診断MATCHではパーソナリティとバリュー(価値観)を診断したうえで、自分に合った職種や業界がランキング形式で表示されます。職種や業界に関する説明も詳しいので、まだ志望の職種や業界が決まっていない方には特におすすめです。

パーソナリティ診断では現実-想像、リラックス-心配性など相反する特性において、どちら寄りなのかがわかりやすく表示されます。バリュー診断では達成、成長、調和、規範の4つの中からどのような価値観を重視しているのかが可視化されます。

(2)リクナビ グッドポイント診断 https://next.rikunabi.com/goodpoint/
SPIを提供しているリクルートキャリアが開発した約30分でできる診断テストです。以下の18種類の特性から自分の強みを5つ確認できます。これだけたくさんあると、自分では思いもしなかった長所を見つけられ、自己PRを見直す機会にもなるかもしれませんね。自己分析では自分の偽らざる本音を感じ取ることと、このような診断テストなどで自分の強みや性格を客観的に把握することが大切です。

グッドポイント診断ではこの18種類のなかから5つの強みが提示されます。
親密性、冷静沈着、受容力、決断力、悠然、柔軟性、現実志向、自己信頼、バランス、社交性、高揚性、自立、慎重性、俊敏性、継続力、挑戦心、感受性、独創性

(3)キャリタスQUEST https://quest.career-tasu.jp/
株式会社ディスコが運営する就活サイト「キャリタス就活」で実施されているサービスです。質問にYES、NOで答える形式でRPGのようなゲーム感覚で進めることができます。20の質問に答えることで、自分の「キャラクター」や「お役立ちイアイテム」を知ることができます。キャラクターは例えば「冷蔵庫レンジャー」「消火器の船乗り」といった、性格の特徴を連想させるようなユニークな名前で面白いです。(ちなみに「消火器の船乗り」はここぞと言ったときに能力を発揮する、というのが特徴だそう。)人間力、恋愛力、就活力といった力も測定されます。他の診断テストと組み合わせることで、より自己理解が深まります。

<回答する際に知っておきたい!ワンポイントアドバイス>
これらのサイトで回答する際、プライベートのときの自分を想定しながらテストを受ける場合と、働いている自分をイメージしながら答える場合で結果が異なる場合があります。どちらのほうが自分らしいかを確認したうえで、本番の適性検査回答時に想定する自分を決めておくといいでしょう。素直に答えることが大前提ですが、そのなかでも自分なりの方針を決めておくと、迷いなく回答することができるようになりますよ。

性格検査の練習にはメリットがいっぱい!できれば受ける前にシミュレーションしておこう 

性格検査の練習として無料サイトで診断テストを受ければ、本番のシミュレーションになりますし、自己分析にもつながるので、とても意味があります。本番で自分らしさを出せるようにしっかり準備しておきましょう。

関連リンク

性格検査で時間切れのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20171016122426p:plain

著者:沖 圭祐

関西在住のライター、キャリアコンサルタント。 総合大学卒業後、大学受験予備校で進路相談の職員を経験。大学職員として勤務した後、ライター、キャリアコンサルタントとして独立。 現在では就職活動、転職活動、働き方といった分野を中心に記事を書いています。履歴書、エントリーシート、小論文作成のアドバイスや添削といった仕事もしています。食べることが大好きで、お土産やグルメの記事も執筆中。教員免許や国家資格であるキャリアコンサルタントの資格も所持しています。