【エントリーシート例文】大手総合商社志望のインターンシップ攻略法

人気の大手総合商社、狭き門を突破するノウハウ

学生の就職志望先として、総合商社の人気が急騰しています。文系はもちろん、理系の学生も、総合商社にエントリーする人が増えました。

総合商社が注目される理由として、メーカーの人気が落ちた反動とともに、売り手市場を背景にチャレンジする学生が増えていること、総合商社の社員の平均年収が1,000万円を超える高収入であることを就職関連の専門家は指摘しています。

特に三菱商事や三井物産のインターンシップには、国内海外を問わずにバリバリ働きたいチャレンジ精神旺盛で優秀な学生の応募が殺到します。実施内容は、企業から学生に課題を与え、学生がみずから解答を導き出す高度なプログラムです。2016年入社の学生には、経営に詳しいコンサルタントや企業の社長を講師として迎え、グループに分かれて提案を行うワークショップ形式で行われました。

▽インターンシップに関するリンクはこちら
総合商社/専門商社のインターンの掲示板 - みんなのインターンシップ

f:id:hito-contents:20180117141822j:plain出典:fotolia

前提として「商社とは何か?」という基本知識は不可欠です。商社には、総合商社と専門商社があり、総合商社は日本だけのビジネスモデルです。

総合商社の古くからのドメインは、国内外のさまざまな商材の売り手と買い手をつなぐ「トレード」というビジネスです。トレードで扱う商材は多岐に渡ります。カップラーメンやミネラルウォーターなどの食品・飲料から、石油や天然ガスなどのエネルギー、鉄鋼、化学品、そして飛行機や人工衛星まで、あらゆるものを商材としています。

商社の基本であるトレードに加えて、国際的な事業をプロデュースする「事業投資」の分野を展開していることも特長です。油田や天然ガスなどエネルギー資源の開発プロジェクトや、情報化社会のインフラを整備するプロジェクトなどを手掛けています。

総合商社には「7大商社」と呼ばれる7つの大手企業があります。三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、住友商事、丸紅の5大商社、そして豊田通商、双日を加えた7社です。

エントリーシートを書くときには徹底した企業研究が重要です。とりわけ意識の高い志望者が集まる総合商社の場合、高度な問題意識を持っていることに加えて、意志の強さをアピールする必要があります。

ここでは、大手総合商社の三菱商事と三井物産について、企業の注目点と志望動機の例文を挙げます。ゼロから書き起こすのは困難ですから、うまく例文を活用してください。

ケーススタディ1:「三菱商事」の注目ポイントと例文

・企業の注目ポイント
三菱グループの総合商社で、国内と海外で約90カ国200を超える拠点があり、総合商社の中でもトップに位置づけられます。

地球環境・インフラ事業、エネルギー事業など、貿易にとどまらない幅広い事業を展開。「所期奉公」「処事光明」「立業貿易」の「三綱領」を創業以来の企業理念として据え、公正かつ健全な事業を推進しています。

・志望動機の例文
私は、総合商社のリーディングカンパニーである御社が、世界規模で実施しているプロジェクトに注目いたしました。御社がサステナブルな社会の実現のために展開している新エネルギーなど地球環境に関する事業は、これから私たちが真剣に取り組まなくてはならない領域であると考えております。

企業にとって利益の追求は重要ですが、同時に世界をよりよく豊かなものに変えることに使命があると私は考えます。「三綱領」を企業理念として掲げ、正しい道を究める御社の姿勢に共感し、インターンシップへの参加を志望いたしました。

▽三菱商事の志望動機に関するリンクはこちら
三菱商事に内定した先輩の志望動機 - みん就(みんなの就職活動日記)

ケーススタディ2:「三井物産」の注目ポイントと例文

・企業の注目ポイント
明治初期に誕生した日本初の総合商社であり、世界に類のない総合商社というビジネスモデルは民間企業の三井物産から始まったといっても過言ではありません。

マーケティング、ファイナンス、ロジスティックス、リスクマネジメント、IT・プロセス構築力という5つの機能と、「金属」「機械・インフラ」「化学品」「エネルギー」「生活産業」「次世代・機能推進」の6つの事業分野から創造的な事業を展開しています。

・志望動機の例文
私は、世界を舞台にした新規事業の創出に関心があります。また、次世代のリーダーとして、5年後、10年後には、企業を牽引する人材になることを目標としています。

日本の経済を支えてきた総合商社の伝統を引き継ぎながら、ICTや次世代エネルギーなどの新たな領域にも果敢に挑戦している御社に魅力を感じました。優秀な人材の中でチームワークを発揮しつつ、大きな夢を実現させたいと私は考えております。御社の創造的な事業に積極的に関わり、さらなる自己の成長を目的として、インターンシップ参加することを志望いたしました。

▽三井物産の志望動機に関するリンクはこちら
三井物産に内定した先輩の志望動機 - みん就(みんなの就職活動日記)

それぞれの総合商社の特質を把握し、自分の経験を加える

トップの三菱商事と三井物産の2社を例として取り上げましたが、伊藤忠商事や丸紅、双日においても、まず企業研究から始めましょう。どの総合商社にも通じるポイントはあります。もちろんそのことに触れても構いません。

しかし、それぞれの総合商社は競合と差別化するために、ドメイン(主要な事業領域)を他の会社とは異なった領域にするなど、独自性を出しているはずです。その部分に注目しましょう。

さらに、ここで挙げたエントリーシートの例文には、個人の具体的な経験には触れていません。志望理由に適した個人的な経験を加え、論理的にブレがない文章に仕上げると説得力が増します。ただし、「情報の切り貼り」にならないように注意しましょう。

関連リンク

 エントリーシートのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20170801113356p:plain

監修:小室直子

臨床発達心理士
中級教育カウンセラー
東北福祉大学大学院修士課程卒業後、専門学校専任講師、大学の非常勤講師として心理学系科目の講義を行うかたわら、のべ200名の就職支援の経験を持つ。