キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

就活生必見!練習すれば良い結果がだせる?!クレペリン検査とは

官公庁や企業など、近年多くの就職試験でクレペリン検査が採用されていますが、就職活動を通して初めて知った人も多いのではないでしょうか?クレペリン検査の特徴や企業に見られているポイント、対策法になどについてご紹介します。

▽クレペリン検査に関するリンクはこちら
クレペリン検査の謎のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

クレペリンとはどういった検査?

ここではクレペリン検査について簡単にご紹介ます。

  • クレペリン検査の正式名称は「内田クレペリン精神検査」
  • ドイツの精神医学者であるエミール・クレペリン氏の理論をもとに内田勇三郎が発展させた
  • 性格検査には質問紙法、作業検査法、投影法などがあり、クレペリン検査は作業検査法にあたる
  • 日本・精神技術研究所製のペーパーテストで、国産の心理テスト第1号ともいわれるほどの歴史を持つ
  • 60年以上の歴史のなかで、5000万人以上が受検し、現在でも官公庁や企業、学校等で年間100万人の利用実績がある
  • 1つ1つの問いに答える質問紙法とはちがい、嘘をつきづらいといわれている
  • 能力と性格を1度に測ることができる
  • 外国人の受検も可能
  • クレペリン検査を実施している企業はSPIや玉手箱に比べると多くないが、一部の大手企業でも取り入れられている
  • アルバイト採用、外国人採用、キャリア研修などで広く活用されている

続いて、クレペリン検査の実施方法を確認しておきましょう。

  1. 1列に並んだ1桁の数字を左から右へ足していき、答えの下一桁を数字と数字の間に書き込む(1行あたり116個の数字が書かれている)
  2. 監督官の指示をもとに1分経過するごとに次の列に移る作業を15分間続ける
  3. 前半15分が経過したあと、5分間休憩し、後半15分で再び足し算を開始する

f:id:hito-contents:20180118151636j:plain出典:pixta

クレペリン検査を通して企業は就活生の何を見たい?

企業側からすると、クレペリン検査の結果を通して、書類や面接だけではわからないことを客観的に判断できるというメリットがあります。クレペリン検査を利用すると費用や時間をあまりかけずに、能力、性格、職業適性を一度に測定できます。クレペリン検査を通じて企業が能力、性格を判断する上で重要になるのが作業曲線です。作業曲線とはどのようなものかをまず説明してから、企業がどのように判断しているかご紹介します。

■作業曲線とは
・各行の最後に計算された数字を結んだもの
・その作業曲線の形が平均と比べてどの程度違うかで、受験者の性格や能力を推し量ることができる

■作業曲線などをもとに企業が判断していること
・処理能力の程度(作業量から判断)
・性格、行動面の特徴(作業曲線、誤答数から判断)

具体的には以下の3つの特性が判定されます。
▼発動性:ものごとへの取りかかりの良し悪し
▼可変性:ものごとを進める際の気分や行動の変化の大小
▼亢進性:ものごとを進める際の強さや勢いの強弱

■作業曲線の望ましい形
基本的には定型であることが望ましいとされ、定型には以下のような特徴があります。
・作業量が116個の数字のうち60個以上ある
・前半の作業量がU字型(最初作業量が多く、中盤はペースが落ちて、その後徐々に盛りかえす)
・後半15分の作業量が前半15分の作業量を上回っている
・後半の作業量は徐々に減っていく

定型からはずれていると、精神面が不安定で、仕事にムラがあると判断されるようです。形が定型であり、かつ全体の作業量が多いと高度定型群という判定がなされます。

クレペリン対策にやっておきたいこととは

まずは自分が志望している企業や団体でクレペリン検査が課されるのかどうか確認しておくことが大切です。就職活動ではエントリーシートの作成や面接対策、SPI対策などしなければならないことが数多くあるので、優先順位をしっかりつけることを意識しましょう。クレペリン検査は単純に数字を足していくだけなので、特に難しいものではないですが、事前に練習をして慣れておくことはとても大切です。本番と同じように時間を区切って、練習を重ねておきましょう。ここではクレペリン検査への対策をいくつかご紹介します。

■足した数の下一桁をあらかじめ覚えておく
足した数の下一桁を覚えるといっても、実際に紙へ記入する訓練も行っておいたほうがいいでしょう。暗記→練習、暗記→練習といったようにインプットとアウトプットを繰り返すことで記憶は定着していきます。

■ウェブサイトやアプリを使ってゲーム感覚で練習する
クレペリン対策は自己分析や業界分析、企業分析、SPI対策などに比べると優先順位は低めになるケースが多いです。アプリやソフトを使って、就職活動の息抜きとして対策するのもオススメです。ウェブサイトでは以下のサイトで簡単に練習することが可能です。

・【適性試験攻略】クレペリン検査の練習・解説サイト キャリアワールド https://career-world.net/quiz/test_crep.php

アプリでは以下のようなものがあります。「クレペリン」と検索するとandroid端末のほうがアプリの数は多くありました。(2017年11月時点)
・【ios】脳トレ 〜一の位計算〜 https://itunes.apple.com/jp/app/%E8%84%B3%E3%83%88%E3%83%AC-%E4%B8%80%E3%81%AE%E4%BD%8D%E8%A8%88%E7%AE%97/id1069581884?mt=8

クレペリン検査にかなり近いテストを受けられます。ただし、数字に「0」も入っているので、厳密にいうとクレペリン検査とは異なります。(クレペリン検査は1〜9の数字を足していきます)

・【android】就活・脳トレ「クレペリン検査」https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.lumireis.kraepelin&hl=ja

アプリのタイトルに「クレペリン検査」とあるように、実際のテストに近い内容で作られています。計算作業を終了したあとには作業曲線も表示されます。

楽天ブックスで「クレペリン検査」を詳しく見る

クレペリンを受けるときに注意したいこととは

ここではクレペリン検査を受けるときに注意したいことをまとめておきます。

前日はしっかりと睡眠をとる

まずは前日、しっかりと睡眠をとることが大切です。クレペリン検査を受ける機会はあまり多くないと思うので、慣れない状況のなか、しっかりと力を発揮するには頭がきちんと働く状態にしておく必要があります。

ルーティーンを決めておいて、自分の力を発揮できるようにしておく

クレペリン検査に限りませんが、自分の持てる力を最大限出せるように、ルーティーンを決めておくのもいい方法です。「始める前にじっとえんぴつを見つめる」など自分なりの儀式を決めておくのもいいでしょう。練習のときと同じシチュエーションを作ることができれば、精神的に落ち着くことができます。

自分の能力の傾向をあらかじめ理解しておき、試験中はそこを意識する

自分の能力にはどのような傾向があるのか知っておくためにも練習は大切です。前半部分にスピードが出づらいなどの傾向があれば、本番ではそこを意識して取り組むことができます。意識する、意識しないでは結果が大きくちがってくるので、事前に練習を必ずしておきましょう。

後半部分に差し掛かっても集中力を維持する

クレペリン検査は後半になるとだんだんと作業量が少なくなる傾向にあります。作業曲線の平均も後半はだんだんと減少していくので、悪いことではありませんが、あまりにも落ち込みがひどくならないように後半も集中力を維持しましょう。

単純なテストだからこそ練習の効果大!クレペリン検査で良い結果を出すためには練習しておこう

クレペリン検査を実施する企業や団体は多くあり、実際に受けるとなればクレペリン検査がどういったものか知っておくことはとても大切です。練習問題に取り組み、自分はどのような傾向があるのか把握したうえで、本番は落ち着いて取り組みましょう。

参考

[1]橋本 忠行、島田 修、佐々木 玲仁
[2]2015/1/30
[3]アセスメントの心理学―こころの理解と支援をつなぐ (心理学の世界 専門編)
[4]培風館

[1]松原 達哉 (編集)
[2]2013/3/15
[3]臨床心理アセスメント 新訂版
[4]丸善出版

[1]SPIノートの会
[2]2017/10/3
[3]この業界・企業でこの「採用テスト」が使われている! 【2019年度版】
[4]洋泉社

関連リンク

クレペリン検査の謎のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20171016122426p:plain

著者:沖 圭祐

関西在住のライター、キャリアコンサルタント。 総合大学卒業後、大学受験予備校で進路相談の職員を経験。大学職員として勤務した後、ライター、キャリアコンサルタントとして独立。 現在では就職活動、転職活動、働き方といった分野を中心に記事を書いています。履歴書、エントリーシート、小論文作成のアドバイスや添削といった仕事もしています。食べることが大好きで、お土産やグルメの記事も執筆中。教員免許や国家資格であるキャリアコンサルタントの資格も所持しています。