就活でコネ採用って存在するの?コネがなくても作ることは可能?

就活でコネ採用されたらどんなに楽でいいか、なんて考えている就活生もいるのではないでしょうか?コネ採用にはどんなものがあるか、コネ採用のメリット・デメリット、そしてコネを作るにはどうすればよいかなどについてご紹介します。

就活でコネ採用は存在する?どんなコネ採用があるの?

就活でいう「コネ採用」は、「縁故採用」とも呼ばれます。コネクション、つまり会社となんらかの関係を持つ学生を優先的に採用することをいいますが、「なんらかの関係」と「優先的」という2つの定義には、企業によってかなり差があります。

まず、「コネ採用」としてよく利用される「会社との関係」には、次のようなものがあります。

  1. 企業の社員
    志望する企業に勤める社員となんらかの関係のある学生のことです。社長をはじめとする企業幹部と縁戚関係にある学生で、家族もあれば親戚もあります。また、場合によっては企業幹部の知人という場合もあります。
  2. 企業の取引先
    企業には取引銀行、仕入れ先、販売先などさまざまな取引先がありますが、中でも企業の経営を左右する重要取引先からコネ採用を依頼された場合、無視できません。たとえば融資等の資金面に影響を与える主要銀行、原材料等の支給でお世話になっているメインの仕入先、売上で大きな比重を占める上得意先の企業などが挙げられます。
  3. 担当教授など大学関係者
    所属ゼミの担当教授の推薦で企業への入社が決まる学生がいることも事実です。特に、産学共同の研究を行うなど、企業との結びつきの強い学校からの要請などはコネ採用といえます。

ただし、これらの関係があればすべての学生が「優先的」に採用してもらえるかというと一概には言えません。企業によってかなりバラツキがあり、まったく無視するところもありますが、一般にはあらゆるメリット・デメリットが考慮されて判断がなされるようです。

f:id:hito-contents:20171225133520j:plain出典:fotolia

就活でコネ採用をする場合のメリットとデメリット

コネ採用が存在するのは、企業側にも学生側にもメリットがあるからですが、一方、コネ採用のデメリットもそれぞれにあります。メリット、デメリットを順に見ていきましょう。

<企業側のメリット>

  1. 自社社員の身内採用の場合、当然身元が保証されるのと、合わせて自社への忠誠心の強い人材を確保でき、退職の可能性が少ない。
  2. 取引先関係(主要銀行、主要顧客等)からの採用だと、相手に恩義を売ったことになり、引き続き相手から恩恵をうけることで、今後も太いパイプで良い関係を続けることができる。
  3. 大学教授等の推薦においては、学校と良い関係を続けることができ、大学の研究テーマなどで情報交流ができる。また、今後も優先的に優秀な学生の確保が期待できる。

<学生側のメリット>

  1. 「コネ」によって下駄を履かせてもらう分、就活が楽になる。
  2. 研究員や技術職など専門性の高い分野では、今後も大学との情報交換ができ、自分の専門テーマにも役立つ。

<企業側のデメリット>

  1. コネ採用としての採用枠が増えると、採用コストが余分に増える。
  2. コネ採用を優先し、自社の求める能力レベル以下の者を採用することで、他の優秀な人材を逃すことにもつながり、結局自社にとってマイナスになる可能性がある。
  3. 特定の学校や教授との関係を強くしたため、他大学との関係が希薄になり、広く人材を集められなくなる。また、特定の大学出身者が増えて学閥をつくることにもつながる可能性がある。

<学生側のデメリット>

  1. 就職後、会社や仕事が合わないと感じて辞めたいと思っても、紹介者の手前、退職しにくい。
  2. コネ採用であることを知られることが多く、同期入社の社員に対して負い目を感じることがある。
  3. 幹部社員などの身内だと知られることで、仕事ぶりを比較されたりする。仕事がうまくいかない時など、肩身の狭い思いをすることになる。
  4. 主要顧客や主要銀行との関係や幹部社員の身内という関係から、入社直後は会社も大事に扱うが、年数が経つと取引先との関係性も変わる可能性も高く、守られなくなるケースもある。

就活でコネ採用されたいなら、コネを作るよう努力してみよう

「コネ」とは一般的に、本人の身内が志望企業となんらかの接点があることで、うまく進む場合と、本人の志望企業とは関係なく、こんな企業があるよと身内から勧められて応募する場合があります。コネがない場合は自ら積極的にコネ作りに動くという方法を取りましょう。

1.企業間のネットワークをたどる
自分の身内や親戚・知人など、どこかの一般企業に勤めている人から情報をもらいましょう。企業間のネットワークは意外と狭いケースもあり、親戚の知人が勤める会社の取引先の人が実は自分の親戚と仲が良かった、といったこともあります。紹介をしてもらった先で、他の良い情報を教えてもらうことがあります。

2.大学経由で調べる
大学内で企業にパイプを持っている教授を探す方法です。たとえば経営論でも福祉学でも、学問が机上の空論にならないように、担当教授は専門科目ごとに実際の企業現場と交流して研究内容を深めることがあります。この時、企業側から学生の採用オファーを出すこともあるので、研究室に入り教授に企業紹介の相談をしてみるのも手です。

3.企業と接点の持る「〇〇研究会」を立ち上げる
学生時代に立ち上げたサークルをベースにしながら起業し、他社とのコネを作った例はいくつもあります。会社設立まで行かなくても、自分の興味あることで組織をつくり、コネを作っていくのもひとつの方法です。たとえば「旅行ビジネス研究会」としてサークルを立ち上げ、研究目的で旅行ビジネス会社などを取材し、パイプを作っておくのも良いでしょう。

4.アルバイト先の社員から情報収集
アルバイト先の正社員と親しくなり、仕事ぶりを認めてもらった結果、就活時に人事部へ推薦をしてもらう例はいくつもあります。就活を見据えて志望企業のアルバイト募集を探して入社し、そこから人事担当者とコネを作っていくという方法を取るのもいいでしょう。

就活で気持ちよくコネ採用されるためには、「自分磨き」をしておくことが大切!

就活するものの、なかなか内定がもらえないから…という理由で、コネ採用してもらえる方法がないかと探すのは少々本末転倒です。就活は志望企業の研究をしっかり行ったうえで、自分のやりたいこと、自己PRをしっかり組み立てて臨むのが本来の姿であるということを忘れてはいけません。そのうえでなにか縁があって、フォローの風として「コネ」を見つけることができた時は、それに乗っかっていくことも問題ありません。

というのも、コネ採用のデメリットでも紹介しましたが、コネだけに頼ってうまく入社できたとしても、自分が志望企業の求める能力に達していなければ、入社後に苦労するのはあなたです。入社後、コネの紹介者に配慮して多少周囲も気を遣うふりをしますが、能力が伴わないと判断されればそのうち見放されてしまいます。また、ほとんどの企業が、コネがあるというだけで採用はしません。一定の能力要件がクリアされなければ、内定は出さないでしょう。

したがって、就活で気持ちよくコネ採用されるためには、まず目標を持って勉強や課外活動に励み、真面目に就活を行ってきた優秀な人材であることが大前提です。しっかり自己PRできるものを持ち、採用する企業がメリットを感じる存在にならなければなりません。そういった人材は、コネ採用のデメリットは関係なく、入社後一目置かれる存在になるでしょう。

コネ採用を目指すなら企業のメリットとなる存在を目指そう

企業は、なにかメリットがなければ積極的にコネ採用をすることはありません。学生側からすれば、コネ採用ありきではなく、むしろ企業にとって「コネ採用以上にメリットのある存在」になることを、目指すことが大切です。

関連リンク

コネ入社したのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)
コネってどうなの?のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)
コネで就職が決まって悩んでいるのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20170929191254j:plain

著者:GAKUSUI

◆一部上場企業で人事・採用・能力開発を約15年経験。採用では、新卒を中心に面接官はじめ採用選考実務と管理職(採用課長、能力開発部次長)を経験。
◆採用業務だけでなく、人事異動、能力開発、教育訓練等トータルで経験。
◆上記企業で営業部、販売部、企画部で実務から管理職まで経験。また、転職経験もあり(中堅商社6年、国家公務員2年)。
◆新卒専門のキャリアコンサルタント(国家公務員)として直接大学生に対面指導。模擬面接、ES添削、自己分析指導等、就活カウンセリングの実務全般を2年間経験。その間、大学キャリアセンターと連携し講演実績あり。