【就パス~就活マイルールブック~】No.033 西田梨乃さん(実践女子大学)

就活に成功した学生たちの、“生の声”をお届けする就活パスポート、略して「就パス」!内定獲得者が就活中に独自定め、実行していたマイルールのほか、実際のエントリー数や内定をもらった会社についても聞いてみました。未来のあなたの姿が、ここにあるかも!?

S
PASSPORT No.033
お名前/ Name
西田梨乃さん
出身大学 / Graduated from
実践女子大学
内定先 / Prospective employer
パーソルキャリア株式会社
発行日 / Date of issue
22 DEC 2017
生年 / Year of birth
1995
性別 / Sex
F

就活中のマイルール、教えます!

後悔しないように様々な業界を見る
大学受験で思うような結果が得られず後悔していたため、就活するうえで一番に考えていたことが「後悔したくない」ということでした。そのため、まずは自分に合った業界を絞るため、インターンシップに約15社以上参加して、様々な業界を見て自分に合った業界を絞り込んでいきました。その結果、自身のやりたいことと仕事内容の不一致などを防ぐことができて、後悔しない就活ができたと思います。
気になったら即行動する
気になった業界・会社があったらそのことについて徹底的に調べ上げていました。方法としては、OB・OG訪問、知り合いに聞いてみる、WEBサイト、インターンシップ・説明会への参加などです。行動に移さないとそのままになってしまうので、意識的にとにかく動くということを心がけていました。
こまめにメンタルケアをおこなう
就活を進めていく上で、面接やエントリーシートなど多くのことに時間を取られてメンタル的に「しんどい」と感じることが多く、ストレスを感じる日々でした。なので自分なりのリフレッシュ方法を探しました。自分なりのリフレッシュ方法とは、ランニング・半身浴・家族との会話などです。メンタル面と健康面に気を使い、最後まで走り抜けることが出来ました。

ここだけの話、教えます!

 
  • 1.エントリーした業界は?
  • 広告業界と人材業界に絞っていました。
  • 2.その業界や業種を選んだ理由は?
  • 様々なインターンシップに参加して、自分に合いそうにない業界を消去法でどんどん減らしていった結果、残った業界が上記の2つでした。
  • 3.エントリーした会社の数は?
  • 5社程度です。
  • 4.その会社を受けた理由は?
  • エントリーする際に基準にしていたのは、会社自体が魅力的な会社であるかどうかでした。魅力を感じる点としては、福利厚生はもちろん一緒に働いてみたい社員の方がいるかという点でも判断しました。私にとって一緒に働いてみたい社員とは、仕事の話をしている時に、目が輝いていて、夢を持っている人です。また、部下としっかりと向き合っていて、自分なりのリーダーシップを発揮している人です。あとは意見が通りやすそうな風通しの良さも会社選びをする上で重視していました。
  • 5.内定をもらった会社の数は?
  • パーソルキャリア株式会社含め、2社です。
  • 6.内定を承諾した会社は?
  • パーソルキャリア株式会社です。
  • 7.内定をもらった時期は?
  • 4月中旬です。
  • 8.内定を承諾した(表向きの)理由は?
  • 一番入りたいと思えた会社だったからです。理由としては若い社員が多いこと、年功序列ではなく社員の志が高いこと、企業が成長しており将来性があるなと感じたこと、これらの点があり決意しました。
  • 9.内定を承諾した(裏の)理由は?
  • 人材業界に入ったら色んな業界の人と交流ができるからです。
  • 10.インターンはやっていた?
  • 短期インターンと長期インターン、両方をやっていました。
  • 12.インターン先の会社名は?
  • 株式会社ビザスク(長期)
    トレンダーズ株式会社(長期)
    大東建託株式会社
    野村不動産アーバンネット株式会社
    住友生命相互会社
    パーソルキャリア株式会社
    株式会社セプテーニ
  • 13.就活中のゲン担ぎはある?
  • 就活がうまくいくようにお守りを買っていたので、面接前などでは必ず持ち歩いていました。そのお守りは、友達と初詣に行った時に自分の分と彼氏の分の2つを購入して、お揃いのお守りで就活を乗り越えようとプレゼントしたものです。気休め程度ですが…(笑)。
  • 14.就活をしていて辛かったことは?その乗り越え方は?
  • 自分だけインターンを含め就活を早期に始めていて、「就活ガチ勢」な感じが周囲の友達と違って辛かった点です。周りの友人たちは大手志向で就活開始が遅く、自分と就活に対してのモチベーションが違っていました。そんな中沢山のインターンシップに参加していると言うと「そんなに企業を見て意味あるの?」など言われたりし、腹が立ちました。私は大学受験で失敗し後悔した経験があるので、就活では後悔をしないよう早期のインターンなどを通じ業界を絞ってきました。そういう周囲とのモチベーションの“ギャップ”があったところが辛かったですね。ただ後悔しない就活をしようという気持ちで乗り越えていました。
    また、自分の行きたい会社に入ることで、両親を安心させたいという気持ちで戦い続けたことも乗り越えられた要因だと思います。

関連リンク

人材の就活情報・新卒採用クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)