【就パス~就活マイルールブック~】No.030 越悠真さん(駒澤大学)

就活に成功した学生たちの、“生の声”をお届けする就活パスポート、略して「就パス」!内定獲得者が就活中に独自定め、実行していたマイルールのほか、実際のエントリー数や内定をもらった会社についても聞いてみました。未来のあなたの姿が、ここにあるかも!?

S
PASSPORT No.030
お名前/ Name
越 悠真さん
出身大学 / Graduated from
駒澤大学
内定先 / Prospective employer
株式会社ネオキャリア
発行日 / Date of issue
15 DEC 2017
生年 / Year of birth
1995
性別 / Sex
M

就活中のマイルール、教えます!

食事しながら1日を振り返る
1日動き回った後に1人で外食をするのが楽しみでした。面接の後は特にじっくりと、聞かれた内容に対して自分のなかで反省すべき点や、あそこは良い受け答えができたなとか振り返ったりして。このおかげで日々成長する自分に自信をもっていけるようになりました。内定が決まった日は新宿の高層タワーの飲食店に1人で行って、高級なお肉を食べました。自分へのご褒美ですね(笑)。
彼女からアドバイスをもらう
当時の彼女に自分を客観的に見てもらっていました。「ここが良い」とか「これは直した方がいいよ」とかアドバイスを貰えてすごく励みになりました。なかなか自分では気付けないところもたくさんあったので。ただ、当時の彼女ですけどね…。このインタビュー見てるかな~?あの時はありがとうね~(笑)。
旅行の計画を立てる
就活が終わったら、友達や彼女と旅行に行ってやろう!って、ずっと楽しみにしながら就活してました。この目的が割と僕の中で励みになっていたんですよね。友達とは行くことができたんですが、結局彼女とは行けなくて…。あっ、僕なんか暗いですかね(笑)。

ここだけの話、教えます!

 
    • 1.エントリーした業界は?
    • 広告、人材系です。
    • 2.その業界や業種を選んだ理由は?
    • 実は僕、就活を始めるのがみんなより遅かったんです。就職するつもりがなかったんですよ。友人と起業しようと思っていたので。ただある経営者の方と話す機会があって、そこで考えが変わったんです。起業するという目標は変わらないのですが、今はまだ自分の知っている知識だけでは上手くいかないなって思わされて…。なので一度社会に出て、いろんな職種の方の考え方を吸収して自分自信を成長させようって思いました。
      あと、僕は人に影響を与えられる人間になりたいというのもありました。特に人材系の会社であれば、人生の転機である転職をする方々をサポートする仕事に就けるので、多くの方の人生に関われるんじゃないかなって。「仕事を通して人を幸せにしてやろう」と思ったりしたことも理由として大きかったと思います。
    • 3.エントリーした会社の数は?
    • 6社です。ネオキャリア、パーソルキャリア、マイナビ、ディップなどです。
    • 4.その会社を受けた理由は?
    • さっきの答えとちょっと重複するのですが、人に影響力を与える人間になりたかったので人材系の企業を中心に受けていました。特に、営業と人材コンサルティングをしたくて。
    • 5.内定をもらった会社の数は?
    • 2社です。
    • 6.内定をもらった会社は?
    • ネオキャリアと他1社です。
    • 7.内定を承諾した会社は?
    • ネオキャリアです。
    • 8.内定を承諾した理由は?
    • 会社のステートメントにえらく共感しちゃいました(笑)。ちなみに内容は、ざっくり言うと「常に成長しつづける」ということです。あとは、説明会に行ったときに人事の方と話をする機会があって、この仕事は人の人生を握る大事なポジションの職種なんだなぁだと思えたんです。つまり自分が目指している目標と合致したんですよね。もうここしかないと思いました!
    • 9.インターンはやっていた?
    • はい、1社やっていました。
    • 10.インターン先の会社名は?
    • 投資系の企業で個人コンサルティングをやっていました。そこで再確認できたのが、世の中の経済を動かすことも大事だけど、やっぱり僕は人を動かしていく職種の方が合っているんだなってことでした。もしかして僕、カッコイイこと言っちゃいましたかね?(笑)
    • 11.就活中のゲン担ぎはある?
    • 「とりあえず、行動あるのみ!」これに限りました。どんなときも迷わず行動していましたね。
    • 12.就活をしていて辛かったことは?その乗り越え方は?
    • 正直、他の人たちより就活していなかったので(笑)、辛いって思ったことはなかったです。逆に、面接をやっていくにつれて自分が日々成長しているっていう実感がすごくありました。僕はどちらかというとポジティブな方なので、全ては自分の成長のための経験だと思っています。座右の銘というほどではないですが、ある会社の社長の言葉が念頭にあります。「人は誰からでも学べる」。この一言が、毎回僕を素直な気持ちにさせてくれます。

関連リンク

人材の就活情報・新卒採用クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)