【質問例あり】リク面では何を質問するべき?押さえたい内容と注意点

企業の社員と直接話すことのできるリクルーター面談は、企業理解を深めることのできる絶好の機会ですが、その実態は選考の1ステップです。事前にリクルーター面談の概要と質問しておくべき内容を理解し、チャンスをものにしましょう。

リク面とは?リクルーター面談の内容とその意味や流れ

リクルーター面談(通称、リク面)とは、志望企業に在籍する大学のOB・OGや先輩社員と面談を実施する機会のことで、優秀な学生を確保するための囲い込みと、選考前の絞り込みを主な目的としています。

リクルーター面談は選考として機能していることがほとんどで、そこでの評価が人事に報告されるだけにとどまらず、採用数の多い企業においては1次面接の代わりとしての役割を果たしていることも少なくありません。

リクルーター面談がスタートするタイミングは企業によってまちまちですが、プレエントリー、説明会参加、あるいはエントリーシート提出後などのタイミングで担当リクルーターが付くことが多いです。

また、接触方法については、個別に電話などで連絡が来る場合のほかに、「出身大学OB・OGとの懇親会」などの体裁で案内がくることもあり、その後複数回面談を重ねるケースが一般的です。

リクルーター面談での評価が高ければ、その後の選考でも有利となります。面談の形式はさまざまですが、逆質問のみで終わるといったケースも想定されるため、どのような質問をしたいのか事前に熟考しておく必要があります。

f:id:epb0804:20171025155038j:plain出典:写真AC

リク面で質問しておきたいこと(1)必要とされる人材像について

ではここからは、具体的にリクルーター面談でしておきたい質問についてご紹介していきましょう。まず挙げられるのが「必要とされる人材像について」です。

なぜ質問するべき?

  •  自分とその企業との相性を考えることができるため
  •  働く際に活かせる強みを考えることができるため
  •  志望動機や自己PRにおいて、どのような点を盛り込むと効果的かを判断するヒントにできるため

主にこのようなポイントをクリアにすることができる質問で、今後の選考準備のために参考になる内容と言えます。必要とされる人材像自体は採用ホームページに明示されていることも多いので、内容を確認した上で、先輩社員が実際にはどのように捉えているのか具体的な声を聞くと良いでしょう。

質問の例文

例1:御社で働く際にどのような素養が必要なのか理解を深めたいので、必要とされる人材像について教えていただけますか。

例2:採用ホームページに必要とされる人材像として、●●●な人という内容を拝見しましたが、なぜその能力が求められているのか教えていただけますか。

リク面で質問しておきたいこと(2)社風や社員について

次に挙げられるのは、「社風や社員について」です。

なぜ質問するべき?

  •  採用ホームページなどを通じて読むだけでは、理解しにくい内容のため
  •  実際に働いている方が感じている生の声に触れることで、イメージが湧きやすいため

例えば採用ホームページなどにおいて、社風や社員について「アットホーム」、「自ら手を挙げて新しい仕事に挑戦する人が多い」などと表現されることは多いですが、具体的になぜそうなのかといった背景やエピソードまで理解できないことが多いです。
ですので、リクルーター面談を通じて実際に働いている先輩たちの生の声を聞くことで、より具体的に社内の環境をイメージできるヒントを得て、自分自身も一緒に働くことができそうかを考える材料にしてみましょう。

質問の例文

例1:採用ホームページにおいて、「アットホームな社風」であると拝見しましたが、●●さんはどのような時にそれを実感されますか。

例2:営業職の社員の方で活躍されている方はどのような社員の方が多いですか。もし念願叶って御社に入社できたら、トップセールスを目指したいので教えていただきたいです。

※質問の仕方によっては、例2のように入社意欲が高いことをアピールすることにもつなげられるので、工夫してみると良いでしょう。

リク面で質問しておきたいこと(3)業務内容について

次に挙げられるのは、「業務内容について」です。

なぜ質問するべき?

  •  具体的な業務内容を理解することで、入社後のイメージが湧くため
  •  採用ホームページなどで見ただけではわからない部分を、より具体的に理解するため
  •  忙しさや残業の実態など、面接では聞き辛いことをそれとなく引き出すチャンスとなるため

入社後の働き方を具体的に理解することのできる質問です。採用ホームページを見ただけではわからない具体的な内容について理解を深められることはもちろん、面接の場では聞きづらいポイントなどを聞き出すことも可能です。
加えて、リクルーターは年齢が比較的近い若手社員であることも多く、入社直後から現在までの業務内容の変化なども含めて尋ねることで、入社後の中期的な目標も想像がしやすくなります。

質問の例文

例1:入社後の働き方をより具体的に理解したいので、●●さんの1日のスケジュールと業務内容を教えていただけますか。

例2:採用ホームページでディレクター職の職務内容として●●とありましたが、具体的にどのようなことを行うのでしょうか。

リク面で質問しておきたいこと(4)キャリアプランについて

次に挙げられるのは、「キャリアプランについて」です。

なぜ質問するべき?

  •  入社後どのようにキャリアを積んでいけば良いのか具体的な情報が得られるため
  •  女性の場合、女性の活躍度や出産後や育児中の働き方などを具体的に把握することができるため

内定がゴールではなく、その先長い期間その企業で働くことになる可能性が高いですから、入社後のキャリアプランに関する質問は非常に重要です。どのようなキャリアを歩んでいる先輩が多いのか、どのようなキャリアの可能性がありそうかなどを理解し、就職活動の参考にしましょう。
また、キャリア形成を後押しする企業側の姿勢や制度などについても併せて確認してみるのも良いでしょう。

質問の例文

例1:総合職として入社された先輩方は、入社後どのようなキャリアパスを歩まれる方が多いでしょうか。

例2:出産後も長期的に仕事を続けていきたいと思っていますが、御社でお子さんがいらっしゃる社員の方々はどのような働き方をされていますか。

リク面で逆質問する際に注意しなければならないポイント

リクルーター面談で逆質問を行う場合、聞いてみると良い質問がある一方で、注意が必要な質問も存在します。どのようなポイントがそれに該当するのか、事前に理解をしておきましょう。

注意すべき質問内容とは?

  1. 会社説明会や採用ホームページでわかる内容
    まず挙げられるのは、リクルーター面談でなくても事前に知ることのできるような内容についての質問です。調べればわかる内容に関する質問は、準備不足やその企業への意欲の低さを示してしまうかたちとなり、印象が悪くなります。
  2. 給与や福利厚生などの待遇に関する内容
    してはいけない質問というわけではありませんが、こうした内容に終始してしまうとその企業の仕事に対する意欲が感じられず、「給与や福利厚生で企業を選ぶ学生なのかな」という印象を与えがちです。
  3. 他社に関する内容
    これもしてはいけない質問というわけではありませんが、リクルーターが答えづらい内容にならないよう注意が必要です。
    例えば、「●●業界のなかで、御社の持つ他社には無い強みはどんなところでしょうか。」というように、主軸がその企業にある場合は大丈夫です。
    しかし、「●●さんから見て、同業他社の▲▲社の印象はどうですか。」というように、別の企業が主軸となってしまう質問は、リクルーターにとって答えづらく、その企業への意欲についても低い評価を受けやすいので、避けましょう。

リク面も面接と同じ!念入りな事前準備で好印象を与えよう

リクルーター面談での評価はその後の選考にも大きく関係してきます。面接に臨むのと変わらぬつもりで企業理解や業界理解などを深めた上で、リクルーター面談だからこそ聞くことのできる質問を準備しておきましょう。

関連リンク

リクルーター制のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)
リクルーターって何のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20170929191456j:plain

著者:山崎えま

大手人材会社にて新卒就活ナビの大学向けプロモーションを担当。都内私立大学を中心に年間5,000名を対象とした就活ガイダンスや面接・グループディスカッション講座などを実施。現在は海外在住で就活・キャリアライターとしてコラム記事執筆を中心に就活生を支援しています。