応募前に知りたい!1日だけのインターンシップ、正直意味あるの?

就活生のなかにはインターンへの参加を検討している人も多いのではないでしょうか?今回は数あるインターンのなかでも1日完結型のワンデーインターンに参加するメリットや気をつけたいことなどについてご紹介します。

ワンデーインターンとは?

インターンといっても様々な種類があります。以下に期間で分類してみたので、確認しておきましょう。

・1日(ワンデーインターン):企業説明会や見学、体験イベントが中心
・短期(数日〜1ヵ月):夏休みなど長期休暇に行われることが多い
・中長期(1ヵ月〜1年以上):実際に職場で働き、報酬をもらえることもある

志望の固まりの程度によって、参加するインターンの種類を決定してもいいでしょう。
志望する企業が決まっている場合は中長期のインターンを、志望する業界が決まっている場合は短期、志望する業界が決まっていない場合はワンデーインターンといった形で考えるのも有効です。

以前は経団連の方針によって、インターンは5日間以上の期間をもって実施とされていましたが、今は撤廃されています。経団連の「採用選考に関する指針」の手引きによると"インターン本来の趣旨を踏まえ、教育的効果が乏しく、企業の広報活動や、その後の選考活動につながるような1日限りのプログラムは実施しない。"との記述はありますが、明確にワンデーインターンを禁止しているわけではありません。大手企業、中小企業を問わずワンデーインターンは行われているので、視野を広げるために大手企業、中小企業、関わらず広くチェックするといいでしょう。

ワンデーインターンとでは企業説明会や職場見学、グループワークなどを通じた体験イベントなどが中心で、実際の仕事に近い体験をできるケースはあまり多くありません。大手就活サイトを使えばインターンを募集している企業やそのプログラムの中身を一覧で確認できるので、上手に活用するといいでしょう。もちろん志望する業界や企業があるのであれば、個別にその企業の採用サイトへアクセスし情報を確認することも大切です。

f:id:hito-contents:20171211112044j:plain出典:pixta

ワンデーインターンのメリットとは?

ワンデーインターンに参加するメリットをここで整理しておきましょう。

・気軽に参加できる
・多くの企業のインターンに参加できる
・職場の雰囲気、社員の人柄を実際に確認できる
・企業分析、業界分析の参考になり志望を固められる
・志望動機をより具体的に考えられる
・採用の過程が一部免除になる企業がある
・採用担当者の目に留まる可能性がある
・採用面接やエントリーシートで熱意をアピールできる
・同じ業界や企業を志望する仲間と知り合いになれる

1日だけなので様々な企業のインターンに参加しやすく、志望業界、志望企業を定めるのに役立つという点は大きなメリットといえるでしょう。書籍やインターネットだけではわからない情報を得られることができ、実際に志望する際には志望動機をより具体的に書けるようになります。疑問点があれば、積極的に担当者へ質問することも大切なポイントです。疑問を解消できたら自分ならではの志望動機につながる可能性もあるからです。

エントリーシートや面接で多くの人が苦労するのは志望動機の部分です。企業ごとに、「なぜこの企業を志望したのか」を伝える必要があるからです。インターンに参加しているとその企業への理解が深まり、志望動機を書きやすくなるのは間違いないでしょう。エントリーシートや採用面接でインターンに参加にしたと伝えることで、本気度をアピールすることにもつながります。

そして場合によっては実際に参加した企業の採用において有利に働くこともあります。経団連の「採用選考に関する指針の手引き」では"採用選考活動とは一切関係ないことを明確にして行う必要がある。"とされていますが、経団連に加盟している約1,350の企業以外は特に制限を受けません。採用選考で実際に有利になるか、という点も1つのチェックポイントにするといいでしょう。

そして、同じ業界、同じ企業を志望する人と知り合いになれるというのも大きなメリットです。情報交換や就活の進行状況を共有することで、互いに切磋琢磨することもできるはずです。

ワンデーインターンに向いている人って?

ワンデーインターンに向いている人をここでは紹介します。以下にまとめてみましたが、かなり多くの人が当てはまるのではないでしょうか。

・志望業界、志望企業をしぼれていない人
・志望動機づくりに悩んでいる人
・仲間を作りたい人
・就活へまず一歩スタートを切りたい人

まず志望業界、志望企業をしぼれていない人は参加に大きなメリットがあります。業界や企業についての知識を増やしたいのであれば、説明会中心の講義型インターンを選ぶといいでしょう。企業の説明だけではなく、業界全体の概況についても教えてもらえる可能性があります。

また、志望動機づくりに悩んでいるのであれば、志望する企業のインターンへ参加してみるのもオススメです。疑問点をあらかじめ用意しておいて、担当者へ質問するといいでしょう。インターンが終わったあとにすぐ志望動機を書くぐらいの意気込みで臨むことが大切です。

まだ就活でスタートを切れていない人は、このワンデーインターンを第一歩にしてもいいでしょう。グループワークなどを含む体験型のインターンの場合、モチベーションの高い人が集まることも考えられ、いい刺激を受けられる可能性が高いです。仲間を作りたいのであれば、なおさら体験型のインターンがいいでしょう。

ワンデーインターンに参加するにあたって気をつけたいこととは?

ここではワンデーインターンに参加するにあたって気をつけたいことを紹介します。

・採用担当者に見られている意識を持つ
・受身の姿勢にならず、目的意識を持って臨む
・疑問点、確認しておきたい点を準備しておく

インターンとはいえ、実際に選考を担当する人事担当の社員がその場にいるケースがほとんどです。疲れの残った状態でインターンに参加することもあるかもしれませんが、ウトウトするなど失礼な態度を取らないように注意しましょう。
先述したとおり、経団連の指針では「採用選考活動とは一切関係ないこと」という取り決めがなされていますが、人事の方の印象自体を変えることは難しいはずです。仲間づくりもインターンのメリットではありますが、羽目を外しすぎないように注意しましょう。

そして、受身の姿勢にならないことも重要なポイントです。事前にその企業の理念や求める人材、仕事内容などを調べておいて、疑問点を洗い出しておきましょう。目的を持って参加することで、より集中してインターンに臨むことができますし、実際の選考でも充実した内容でアピールできるようになるはずです。人前で質問するのをためらわれる場合は、個人的に担当者へ質問するのもいいでしょう。

ワンデーインターンを意味のあるものにするには、事前準備をしっかりして参加することが大切!

ワンデーインターンは企業研究や業界研究を深め、仲間もできるメリットの大きいイベントです。ただ、このインターンをより意味のあるものにするには、事前準備をしっかりして参加することが大切です。企業の理念、仕事内容、求める人物像は最低限押さえた上で、インターンに臨むようにしましょう。

参考

[1]経団連:「採用選考に関する指針」の手引き (2017-04-10)
[2] http://www.keidanren.or.jp/policy/2017/030_tebiki.html
[3]2017.10.15

関連リンク

みんなのインターンシップ - 募集企業情報と体験談のクチコミサイト
インターンシップ情報交換のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20171016122426p:plain

著者:沖 圭祐

関西在住のライター、キャリアコンサルタント。 総合大学卒業後、大学受験予備校で進路相談の職員を経験。大学職員として勤務した後、ライター、キャリアコンサルタントとして独立。 現在では就職活動、転職活動、働き方といった分野を中心に記事を書いています。履歴書、エントリーシート、小論文作成のアドバイスや添削といった仕事もしています。食べることが大好きで、お土産やグルメの記事も執筆中。教員免許や国家資格であるキャリアコンサルタントの資格も所持しています。