官公庁を目指す就活生必見!面接でよく聞かれる質問&回答例

官公庁の面接において質問や回答例を事前に知っておくことはとても大切です。官公庁ならではの質問も多くあり、対策が必要だからです。今回は質問や回答例を紹介するので、それを参考にしつつ自分なりの回答を準備しておきましょう。

面接前に確認!官公庁の種類と向いている人の特徴と採用担当者が見ているポイント

官公庁の種類

官公庁とは国と地方公共団体の役所のことをいい、国の役所で働く人を国家公務員、地方公共団体で働く人のことを地方公務員といいます。国の役所は省庁とも呼ばれ、外務省、財務省、金融庁などがそれにあたります。所在地は東京の霞が関が中心ですが、全国に各省庁の出先機関があります。たとえば厚生労働省の出先機関としてはハロワークがあります。一方で、地方公共団体にも種類があり、都道府県、市町村、東京特別区(東京23区)などがあげられます。

公務員に向いている人の特徴

国家公務員も地方公務員も仕事の範囲がとても幅広いという特徴があります。民間企業と同じように経理や人事といった仕事もあれば、税金や行政手続き関係の業務など公務員ならではの仕事もたくさんあるので、知的好奇心や責任感を持つことは非常に重要です。ここでは国家公務員と地方公務員に分けて、向いている人の特徴を整理していきます。

(1)国家公務員編

  • 中央省庁で働く国家公務員(国家公務員総合職、国家一般職の一部)
    中央省庁で働く国家公務員は、政策や法律の立案など、国の根幹に関わる仕事に従事するケースが多いです。私たちが普段接している法律や国会議員が説明する政策は、国家公務員の力によって作られている部分が非常に大きく、そのため「自分の仕事は国全体に大きな影響をおよぼす仕事だ」と認識できる使命感の強い人が向いています。業務量も多いため、効率よく業務を行う力や体力も重要なポイントです。
  • 専門職公務員(国税専門官、財務専門官、労働基準監督官)
    国家公務員のなかには専門職公務員と呼ばれる国税専門官、財務専門官、労働基準監督官という職もあります。国税専門官は国税局や税務署で納税申告の調査、指導などを行います。財務専門官は財政、金融のプロフェッショナルであり、財務省、金融庁、各地方の財務局などで国有財産の有効活用といった分野に携わります。そして労働基準監督官には法律に基づき、労働条件や安全基準を守るよう指導する役割があります。それぞれの職は高い専門性が必要とされ、他の国家公務員に比べるとプロフェッショナルの要素が強いため専門職公務員と呼ばれています。このような仕事においては、専門的な知識を学び続けられる向学心の強い人が向いています。
  • 出先機関で働く国家公務員(国家一般職の一部)
    ハローワークなど地方の出先機関で働く国家公務員の場合、窓口などで直接住民と接する仕事も数多くあります。老若男女問わず幅広く人間関係を築いていける人が向いています。

(2)地方公務員編
地方公務員も窓口などで直接住民と接する仕事が数多くあります。人当たりがよく、関係構築力のある人が向いているといえるでしょう。また、国家公務員以上に業務が多岐にわたるので、知的好奇心の強さは一層必要となります。

採用担当者が見ているポイント

国家公務員、地方公務員を問わずチームで動くことが多いので、協調性やコミュニケーション力を採用担当者は重視しています。ここでも国家公務員と地方公務員に分けてポイントを整理していきます。

(1)国家公務員編
国家公務員の場合、省庁ごとの採用となるため、地方公務員に比べて業務の専門性が高い傾向にあります。そのため、なぜこの省庁に興味を持ったのかという理由の部分で熱意が試されます。志望する省庁についての知識はもちろんのこと、自身の経験も含め志望している省庁への思い入れがあるかどうかもチェックされます。

(2)地方公務員編
地方公務員は国家公務員よりも業務の幅が広く、自治体によって仕事内容にあまり大差がないという特徴があります。そのため、数多くある自治体のなかでなぜこの自治体を志望しているのか採用担当者はチェックすることになります。地元の自治体でなくても、実際にその地域を歩いてみたり、自治体のホームページを熟読したりして知識を深め、愛着の深さを伝えるることが大切です。

f:id:hito-contents:20171211162608j:plain出典:fotolia

【回答例つき】官公庁の面接でよくある質問とその意図

ここでは官公庁の面接ならではの質問とその回答例を紹介します。民間企業の面接対策しかしていないという方は特にチェックしておきましょう。

国家公務員、地方公務員共通編

質問例
「公務員として必要な資質は何だと考えますか?」

回答例
「バランス感覚が重要だと考えます。なぜなら自分が偏ったものの考え方をしていると、様々な価値観を持つ住民(国民)の立場になって物ごとを考えることが難しくなるからです。」

質問の意図
この質問では公務員の特性を理解できているか試されています。公正、公平が求められる公務員にとってバランス感覚は重要なポイントの一つです。

国家公務員編

質問例
「厚生労働省の行政課題は何だと思いますか?」

回答例
「女性活躍推進などの働き方改革をどう進めていくかが課題だと思います。なぜならこれから少子高齢化が進み、労働人口が減ることも予想されている中、なるべく多くの国民にその人らしい働き方を実現してもらうことが重要だと考えるからです。」

質問の意図
この質問では、どれほどその省庁について知っているか、問題意識を持てているかが試されています。小論文の対策にもなるので、その省庁が抱える課題やその解決策を調べておきましょう。今回例に出したのは厚生労働省ですが、もちろん他の省庁でも質問される可能性があるので準備が必要です。

地方公務員編

質問例1
「大阪市の行政課題は何だと思いますか?」

回答例
「保育園の待機児童問題の解決策をはじめとした子育て支援への対策をどう進めるかが大きな課題だと思います。これから大阪市が市民サービスの拡充や副首都ビジョンを果たすためには若い世代の力が重要だと考えるからです。」

質問の意図
国家公務員だけでなく、地方公務員でも行政課題を問われることがあります。国家公務員と同様、問題意識や自治体のことをどの程度知っているかが問われます。もちろん各地方自治体によって優先すべき課題は異なるので、ホームページや採用説明会などで、課題を把握しておくことが大切です。

質問例2
「住民のニーズをどのように行政へ反映させますか?」

回答例
「アンケートを実施することでニーズを把握し、行政で精査したあとに、経費などを考慮した上で政策を実行し、結果を広報誌や市のホームページに掲載します。」

質問の意図
面接対策で一生懸命になっていると、公務員の仕事を住民目線で考えることを忘れてしまいがちです。この質問では住民の目線をどの程度意識できているかが問われています。例のようにニーズを把握、精査、実行、広報という流れを示せれば、住民のために誠実に仕事をやっていく人だと感じてもらえる可能性が高いでしょう。もちろんこのあとで、質問が続くこともあり得ます。どのようにアンケートを実施するのか、そもそもどのようなニーズがあると思うのか、といった質問への回答もシミュレーションしておきましょう。

官公庁の面接で受け答えするときの考え方と注意点

官公庁の面接も民間企業の面接も受け答えにおいて、意識しておきたいことは多くの点で共通しています。組織で働くという意味では公務員も民間企業も同じだからです。どちらも協調性やコミュニケーション力、身だしなみ、知性があるかを見られます。そして最も大事なのは誠実さです。面接ではそれらのポイントを意識して会話をしましょう。会話のキャッチボールを通じて面接官に「この人といっしょに働きたい」と思ってもらえたら、その面接は成功と考えていいでしょう。
筆記試験で必要とされるような能力は必ずしも採用に直結するわけではありません。実際、官公庁の採用において学歴はあまり影響を与えないといわれています。

民間企業に比べて官公庁の面接で特に意識したいことは、自分が「リスク」のある人間だと思われないように注意するということです。たとえば、「絶対にこうすべき」などといった極端な表現は使わないようにしましょう。面接官に思い込みの激しい人だと捉えられてしまい、それだけで不採用につながる可能性があります。また、目が合わない、声が小さいといった態度は自信なさげに見えてしまいます。「何かやましいことがあるのではないか」といった不信感にもつながるので、自信を持って面接に臨めるよう万全の準備をしておきましょう。

官公庁の面接では誠実さを見せることが重要

公務員試験においては近年人物重視の傾向が強まっています。国家公務員と地方公務員で求められるスキルや性格は違うものの、どちらにも共通して言えるのは、最終的には誠実な人柄が決め手となるということです。今回紹介した回答例を参考にしつつも、面接では会話のキャッチボールを大切にし、誠実な態度で面接に臨みましょう。

参考

[1] 春日 文生
[2]2017/4/5
[3]公務員試験 現職採点官が教える! 合格面接術 2018年度
[4]実務教育出版

[1]メンタリスト DaiGo
[2] 2017/3/23
[3]面接官の心を操れ! 無敵の就職心理戦略
[4]KADOKAWA

関連リンク

インフラ/官公庁の就活情報・新卒採用クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20171016122426p:plain

著者:沖 圭祐

関西在住のライター、キャリアコンサルタント。 総合大学卒業後、大学受験予備校で進路相談の職員を経験。大学職員として勤務した後、ライター、キャリアコンサルタントとして独立。 現在では就職活動、転職活動、働き方といった分野を中心に記事を書いています。履歴書、エントリーシート、小論文作成のアドバイスや添削といった仕事もしています。食べることが大好きで、お土産やグルメの記事も執筆中。教員免許や国家資格であるキャリアコンサルタントの資格も所持しています。