飲料、食品業界を目指す就活生必見!面接でよく聞かれる質問&回答例

就活生から人気の高い飲料・食品業界。面接での質問には特徴があり、その回答例を把握しておくことは、ライバルに差をつけるためにも重要です。よく聞かれる質問と回答例を紹介しますので、参考にしつつ自分の面接準備をしましょう。

【面接前におさえておこう】飲料、食品業界で求められる人材と採用担当者が見ているポイントとは?

(1)飲料・食品業界の現状と求められる人物像
最初に、最近の飲料・食品業界の就活市場と動向について説明します。
まず就活市場についてですが、大手メーカーでは職種によって内定獲得倍率が200倍を超えるものもあるなど、学生は激しい就活競争にさらされているようです。
市場動向としては、国内飲料・食品企業大手は買収や資本提携などを海外で積極的に進めるなど、いずれも企業同士の厳しい競争が続いています。さらに平成25年以降の円安基調も逆風の要素となっています。

様々な課題のある飲料・食品業界で、求められる人物像とは「単なるその企業の商品のファン」ではなく、「自社のことをしっかり理解し、主体的な発想を持って、発展に貢献してくれるだろうと期待できる人物」です。
ただ単に「私は御社の○○という商品が大好きで志望しました」というよりも、「これから業界全体が○○となっていく中で御社の○○をヨーロッパやアジアでもさらに広めていきたい。御社のチャレンジする人を称賛する社風であれば、それができると信じています」という風に、その企業の現状と特徴を絡めて話をした方がプラスの印象が残ります。
こういったことからも企業や業界の動向分析は必須であり、分析ができている学生は企業からも求められる可能性が高くなります。

(2)採用担当が見ているポイント
採用担当官と話をする際に覚えておいてほしいことは「企業は、就活生が即戦力になることを期待しているわけではない」ということです。本当に即戦力を求めるのであれば、企業は経験のある中途社員を雇用したほうが早いです。よって、皆さんにまず求められるのは「将来性とポテンシャル」です。例えば「一度説明を失敗してしまい、その後から急に消極的になってしまう」というのも損です。それよりも、「すいません。説明を間違えてしまったので、訂正させてください」と言って「非を認めて、リカバリーをしようとすることができる子だ」と思ってもらえるほうが、結果的にプラスになることもあります。将来性もポテンシャルも十分感じてもらえるでしょう。
また、併せて「自身の製品への想い」を伝えられると尚良いでしょう。なぜなら飲料・食品という生活に身近なものにも、どれだけ意識を向けて思考できているかを人事担当者は見ているからです。重要なのは、「現実的に実行可能かどうかではなく、自分なりのストーリーが語れるか」です。
具体的には、下記のような内容です。

「私が御社を志望した理由は、製菓の取り扱い最大手の御社において世界をリードするような製品を開発し、より多くの人々を笑顔にしたいと思ったからです。今後、少子高齢化の影響により国内の製菓の売り上げは下がると予想されますが、そんな中でお菓子の売り上げを伸ばすためには、私は食育が必要だと考えています。例えば自分が部活動をしていた際には、試合前の栄養補給に御社の製品をよく食べており、栄養補給の重要さを感じていました。お菓子類は肥満の原因のように、悪者扱いされることが多い昨今ですが、正しいタイミングで正しい栄養を補給していけば、それは健康に繋がるということをより多くの人に知ってほしいと感じています。それが多くの人をより幸せにしていくと思うため、私は御社の中で正しい食育を広めて、より発展させていきたいと思います。」

上記を読んでいただくと気付いた方もいらっしゃるかもしれませんが、必ずしも論理的とはいえない部分があります。「お菓子の売り上げを伸ばすためには食育が必要だ」というのは、もしかすると間違いかもしれません。しかし、自分自身でしっかりと企業研究をして臨むことで、自分なりのストーリーを語ることが出来るようになり、そのストーリーが人事担当者の方に想いを伝えるポイントになるのです。実体験を交えるのも一つのコツです。
「しっかりと自己分析・企業研究をして、それを簡潔に伝える」ということを意識しつつ、「自分の気持ちを素直に、相手に伝わりやすいように表現する」工夫もしてみてください。

f:id:hito-contents:20171211161706j:plain出典:pixta

飲料、食品業界の面接でよくされている質問例と採用担当者を惹きつける回答例

大手企業になればなるほど選考回数の多い飲料・食品業界ですが、その中でもやはり多く聞かれる「定番」の質問があります。その質問と回答例を覚えておけば応用が利きますので、頭の中に入れておきましょう。

質問例1【どんな新商品を作りたいですか】

・質問の意図
大事なのは「多くの企業は、就職で数回しか顔を合わせていない学生のアイディアを、本気でアテにはしていない」ということです。この質問をする理由は「即興で答えるのが難しく、学生が面接に対して、自社に対してどのくらい準備をしてきたがよくわかる質問だから」です。企業に対して調べたことをなるべく多く盛り込んで、伝えると良いでしょう。複数聞かれたときのために2つ以上用意できているとなお良いです。

・回答例
私はご年配の方向けのアルコール飲料を作りたいと思います。家族の団らんの際に御社の○○ビールは定番となっておりますが、ご年配の方の中には健康面やアルコールに対する耐性の関係もあり、若い方と同じように飲めない方もいらっしゃるかと思います。そこでアルコール分量を調整し、健康に良いカルシウムや必須アミノ酸などを配合したお酒をつくることでご年配の層の方を取り込み、御社のシェアをさらに伸ばすとともに、家族の団らんの時間を更に幸せなものにしていきたいと思います。

質問例2【料理はしますか】

・質問の意図
飲料・食品業界特有と思われる質問です。総合職でも技術職でも本人の人柄や生活などを見る意味でも聞かれることが多いです。それぞれ「はい」「いいえ」のみ回答するのでなく、しっかりと自分の想いや人柄を伝えられる話につなげていきましょう。

・回答例(「はい」の場合)
はい、します。特に大学生になって一人暮らしをするようになってから本格的に料理を始めたのですが、なかなか上手に作れず、今まで母親がいつも作ってくれていた料理のありがたみがわかりました。実家に戻るとよく作ってもらう料理があるのですが、誰かにとって「あって当たり前の母親の料理」のような身近な存在になる食品を、御社に入社できましたら、作りたいと思っております。

・回答例(「いいえ」の場合)
いいえ、しません。私は昔から不器用で料理をするのが苦手だったからです。ですが、私のような料理が苦手な人間でも料理をしたい、と思わせられるような画期的な商品を御社で作っていきたいと考えております。

質問例3【テーブルの上にある商品を私に売ってみてください】

・質問の意図
見られているのは2点です。1つは自社の商品について、どのくらい興味を持って情報を集められているかということ、もう1つはとっさのコミュニケーション能力です。実際の営業マンのようなトークは難しいと思いますので、「結論ファースト」「伝えるべきポイントを簡潔に」ということを意識して伝えましょう。
また、採用担当に「うまい」と思わせる回答としては、「自社のさりげないヨイショ」や「面接担当官が忙しいという事実をうまく使う」という方法があります。下記に例として記載いたします。
・回答例
この商品のお勧めしたい点は3つあります。
1つ目は面接のスケジュールが詰まっていても、仕事の忙しい合間にさっと補給ができているということ。2つ目は特にビタミンB群の配合量が従来の1.5倍となっており、日常生活で不足しがちな栄養をおいしく補うことができるということ。そして最後に日本でも安全・安心で有名なあの○○社の新製品であるということ。
以上の点から、私は自信を持ってこの商品をお勧めいたします。

飲料、食品業界の面接で受け答えするときのコツ2つ 

(1)創造性のあるコミュニケーション能力を示す
飲料・食品業界では企業の発展にヒット商品の開発が必要不可欠なので、「提案力・企画力」の素養を示すことが大切です。そのためには、「柔軟な発想」を持っていると感じさせる回答ができるようにしておきましょう。
例えば、新商品の提案を求められたときには「本当に商品化できるか」という点は気にしすぎず、学生らしい「社会人が暗黙のうちにはめてしまっている枠組み」を壊すようなアイディアを出します。ポイントは「時間」「サイズ・量」「費用」という観点を自由に増減させてみることです。社会人は自然とこれらの観点について一定の基準を超えないよう気にするくせがついてしまっているからこそ、3つの観点を超えたところからの視点は新鮮に映りやすいです。
例えば、近年コンビニなどでは、様々なブランドから発売された「プレミアム〇〇」という高級製品が並んでいますが、これの先駆けとなったある企業の製品開発では「コンビニ商品は安く、早く流通させるという業界の常識を外してみた」のが革新に繋がりました。学生の皆さんがチャレンジする際には、これをもっと振り切って「1つ〇〇万円の商品」を考えてみるのも良いかもしれません。毎回超高級にすれば良いというわけではありませんが、その視点から考えると、実に様々なアイディアが広がるのが実感できます。一度考えて練習してみると良いでしょう。
さらに、コミュニケーション能力も問われます。理由として、飲料・食品業界は各部署間で連携を図りながら、製品化とコストの調整をするなどのコミュニケーションが、他業界と比べても多く発生するからです。それを図るために営業職・技術職問わず「プレゼンテーション」等のアウトプット型選考が行われる企業も少なくありません。話す練習だけはどんな職種でも行っておきましょう。

(2)自身の「食」に関する意見や思い出を絡めて話す
自分の食事に関する考えや思い出を併せて伝えることも、1つのアピール方法です。「食を大事にしている=仕事に責任を持って臨んでもらえる」という印象を抱いてもらいやすくなります。
ただ、自分の思いやアイディアが絡むと話が長くなってしまいがちなので、「今回私がお伝えしたいのは○○です」などと、意識して最初に言いたいことを持ってくるように回答を考えてみてください。「結論として何が言いたいのかわからない人」や「一方的に自分が言いたいことだけを話している人」は、一緒に仕事ができないと判断されてしまうので、注意してください。

飲料、食品業界の面接ではしっかりとして事前準備をして臨むことが大切!

就活の選考期間も短くなり、ますます激戦になる飲料食品業界では、「業界と企業の研究」を十分に行うことが重要です。それを自分の志望動機に落とし込むことで、他の志望者よりも一段階高い熱意を伝えることができます。「自分の将来性」に期待してもらえるような、アピールをしていきましょう。

関連リンク

食品/水産/農林の就活情報・新卒採用クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20171201143327j:plain

著者:yamane

2010年より7年間、大手予備校に勤務しておりました。国語科教師兼スクールマネージャーとして、学生向け授業のほか撮影用原稿や参考書の執筆に携わってきました。 2017年より東証一部人材系企業で勤務しております。未経験で入社後、三ヵ月で経験者含む20名の中途入社の中でキャリアコンサルタントとして成約金額1位、全体でも50名のコンサルタントの中で3位に入りました。現在個人のクライアントとしては日系中小企業の取締役から外資系グローバル企業のシニアマネージャーまで幅広く採用のお手伝いをさせて戴いております。 教員免許のほか、日本教育士(一般)の資格保有。