どうやる?ニュースや時事問題の情報収集の方法と面接での回答例

面接やグループディスカッションで触れられることが多いニュースや時事問題ですが、どのような対策を行っておけばよいのでしょうか?情報収集の方法や、それについて意見を求められたりした時の回答例を具体的に紹介します。

面接でニュースについて質問される3つの理由

就職面接でニュースや時事問題について質問されることがありますが、これを尋ねる主な理由は3つあります。

1.自分の考えを言えるか
面接担当者が一番知りたいことは自分の考えをしっかり言えるかどうかです。ニュースに関する質問は、まず「最近のニュースでもっとも関心のあるものを言ってください。」というオープン質問があります。これは、なぜそれに関心があるかという理由と、自分なりの評価や意見を述べるという、2つの観点から「自分の考え」を試されます。もうひとつの聞き方は、「最近のニュースで、〇〇がありましたがこれについて意見がありますか?」と、具体的なニュース例を提示しての質問です。聞かれていることは前者同様、自分の考えが言えるかどうかです。 

2.ニュースへの考え方で将来性を測る
ひとつのニュースに対する考え方はさまざまです。たとえば、世論を含め一般的に評価されている内容でコメントできる人もいれば、少し観点を変えた評価や意見を言う人もいます。正解はありませんが、たとえば多面的に物事を見られる人なのか、あるいは専門的に深く掘り下げることが得意な人なのかといった、その人の特性や個性を見ます。これは、入社後の将来性を測ることにもなります。

3.情報収集力のレベルを見る
取り上げたニューステーマから関心の広さを見ることができますし、また自分なりの評価や意見から関心の深さを見ることができます。つまり、日頃からいろいろなことに興味を持っているか、関心のあることは掘り下げて調べているかという情報収集力のレベルを見ることができます。いずれにしろ、今後、社会人・ビジネスマンとなった時の情報への感性や貪欲さを知る狙いがあります。

面接で役立つニュースの情報収集方法

f:id:hito-contents:20171207165020j:plain出典:pixta

面接でニュースに関する質問がよくあるからといって、面接日の数日前からアンテナを張ってもあまり意味がありません。ニュースは日々新しい出来事を伝える一方、特に経済や世界情勢は毎日がつながって変化しているので、普段からの情報収集が大切です。

ここでは実際の面接に役立つ情報収集方法について説明します。

1.日経新聞から経済・社会・国際の大きな流れを把握する
日経新聞を一番先に勧める理由は、仕事に役立つニュースソースとしてビジネスマンに重宝されている、代表的な新聞だからです。つまり、企業の面接官がチェックしている確率が高いというわけです。名前は「経済新聞」ですが、内容は普遍的です。最低でも毎日1時間は目を通す習慣をつけると、情勢の流れがよくわかります。

2.業界情報・志望企業の個別情報の収集
日経新聞でもある程度の業界情報、個別企業情報を得ることができますが、志望業界を絞り込んでいる人には、専門新聞、業界紙からより詳細な情報を得ることができます。特に専門家などの質のよい評論をマークし、自分のものにするといいでしょう。新聞や専門誌は情報が深くて良いのですが、購入するとキリがないので規模の大きい図書館でまとめ読みする方法もあります。

3.「スマートニュース」アプリなど、スマートフォンやインターネットを活用
スマートフォンの活用は、すき間時間を利用して随時欲しいニュースを読めるというメリットがあります。ポータルサイトでは、業界名や企業名、場合によっては製品名などを登録し、欲しいニュースを自動配信してもらうサービスもあります。また、「スマートニュース」などキュレーションサービスを行うアプリは、手軽に読め、しかも関連ニュースまでチェックできるため大変重宝します。

4.面接当日の朝もチェック!
意外と忘れるのが面接当日の朝のニュースチェックです。「今朝の新聞(報道)でこんなニュースがありましたがどう思われますか?」といきなり聞かれることがあるので注意しましょう。当日の朝のニュースも忘れずにチェックし、移動時間などで自分の考えを整理しておきましょう。

面接で気になるニュースについて意見を求められた際の回答例

面接で、気になるニュースをひとつ上げ、それについて意見を求められた時の回答例を、2つの業界で紹介します。

<消費財メーカー>
「はい、私のもっとも気になるニュースは自動車業界の無資格者による偽装検査です。結果的に社長謝罪とリコールが実施されましたが、企業における製造工程管理がいかに大切か、またコンプライアンス違反がいかに莫大な損害と長年の信用をなくすかという現実を目の当たりにしました。私の志望業界は御社を筆頭に消費財メーカーを希望していますが、消費者に安全・安心と思っていただく商品づくりがいかに重要かをこのニュースから痛感いたしました。」

◆ポイント
取り上げるニュースはできるだけタイムリーなものがいいでしょう。また、必ずしも志望企業や業界と直結する必要はありません。この例は、いわゆる他企業・他業界のことですが、他山の石として「企業の危機管理やコンプライアンス順守が大変重要」であるというコメントに繋げることで健全な考えをアピールできます。

<流通業>
「はい、私が一番印象に残っているニュースはつい先日発表されました御社の中間決算の報告です。売上が前年比〇%増、営業利益は〇%、そして純利益が〇%という好決算を発表されていました。理由としてインバウンド影響もあろうかと思いますが、積極的な不動産投資や遊休地の活性化など常に積極的な事業展開の結果もあると思います。同時期に発表された他企業の結果を比べても高い数字で、御社の積極経営の結果と考えます。」

◆ポイント
志望企業そのものに関するニュースは、例のような業績発表関連や新製品、新規事業などのニュースが社内でも話題になっているはずなのでタイムリーです。特にグッドニュースに関しては、経営姿勢を褒めるコメントにつなげることで好感を与えることができます。

基本は経済関連のニュースがベストですが、これ以外、「ひっ迫する世界情勢の中で情報収集と的確な分析がいかに大切か」(総合商社、金融、投資会社など))、「少子高齢化等の社会情勢を背景に、さまざまビジネスチャンスへの取組が進む」(小売業、保険その他企業全般)などの回答が好例です。さらに、マスコミ業界に関しては芸能ニュースに触れてもいいでしょう。
NGなのは、強い政治色を感じさせる回答や宗教関係、悲惨な自然災害、大規模死亡事故などの話題です。ビジネスと関連付けるとひんしゅくを買うので注意しましょう。

面接でニュースについて意見を的確に述べられるようになるには

ニュースに関する質問に対して、良い評価が得られる回答をするためには的確で良質な意見や評価ができることが大切です。そのための勉強方法を紹介します。

1.「評価」の書かれたニュース記事を読む
ニュースに書かれていることは、ひとつは「いつ、どこで、誰が、どうした」という事実の列挙です。面接で聞かれた時、これだけを伝えても意味がありません。重要なのは、「評価」つまり、「原因は〇〇とみられる」「状況がさらに進んでいる」「阻止しなければならない」と書かれている部分です。この「評価」の部分を自分なりの考えに置き換えていくといいでしょう。

2.ニュースは「事実」と「評価」を分けて読む 
「評価」部分のあるニュースをよく読む(見る)ことで、自分なりの意見を養うことができます。新聞や専門紙はこの部分が比較的しっかり書かれているので、読み込んで自分のものにするといいでしょう。インターネットでは、ポータルサイトなどのニュースは浅いですが、NewsPicks(キュレーションサイト)やBLOGOS(オピニオンサイト)などを利用すると、著名人のコメントなども読め参考にできます。「事実」と「評価」を切り離して読むことで、「自分だったらどう考えるか」という客観的な視点を身に付けることができます。

3.自分なりの意見や評価を述べる習慣をつける
ニュースを見聞きしたら、必ず自分なりの意見や評価を言ってみる習慣をつけるようにします。友達同士で意見の交換をしてみるのもいいでしょう。さきほど紹介したサイトではコメントができるため、実際にやってみて、他者の反応を見て精度を上げていく方法もあります。

4.多面的に物事を見られるようにする
ニュースに対して用意する評価や意見は、あくまで就職面接時の質問への回答なので、片寄りのある意見にならないように注意します。特に、意見が大きく分かれるテーマや、思想が背景にある時事問題に対して、「これしかない」という決めつけは面接の回答としてはふさわしくありません。「自分はこう思うが反対の意見もある」という内容で回答する方がいいでしょう。

ニュースは常日頃からチェックする習慣を

ニュースや時事問題へ対策は、面接が近いからといって急ごしらえでできるものではありません。常日頃からチェックしておくことが重要です。そして、気になるニュースについては深堀りし、意見を持つことを習慣化していくことをおすすめします。

関連リンク

面接でこう聞かれたらのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

 

f:id:epb0804:20170929191254j:plain

著者:GAKUSUI

◆一部上場企業で人事・採用・能力開発を約15年経験。採用では、新卒を中心に面接官はじめ採用選考実務と管理職(採用課長、能力開発部次長)を経験。
◆採用業務だけでなく、人事異動、能力開発、教育訓練等トータルで経験。
◆上記企業で営業部、販売部、企画部で実務から管理職まで経験。また、転職経験もあり(中堅商社6年、国家公務員2年)。
◆新卒専門のキャリアコンサルタント(国家公務員)として直接大学生に対面指導。模擬面接、ES添削、自己分析指導等、就活カウンセリングの実務全般を2年間経験。その間、大学キャリアセンターと連携し講演実績あり。