就活のグループディスカッション対策!テーマパターンを解説&実例集

2018-06-04 更新

グループディスカッションとはどんなことをテーマにするのでしょうか?グループディスカッションにはいくつかの種類があり、企業によって選考に取り入れるテーマも様々です。ここでは主な内容と実際のテーマ例を紹介しますので、グループディスカッション対策として参考にしてみてください。

グループディスカッションの目的とチェックされるポイント

グループディスカッション対策のコツは結論までの過程の考察

グループディスカッションという選考方法では集団面接や個人面接と違い、同じ受験者同士がグループとなり、協力しながら進めていきます。多くの企業が取り入れているオーソドックスな形式は自由討論形式(フリーディスカッション形式)です。1グループ5~8名ほどで、制限時間内に採用担当者から出されたテーマに沿ってみんなで話し合いながら結論を出していきます。

ここで採用担当者が選考時に何を見ているかというと、結論を出していく過程でみなさんがどんな意見を出しているのか、どうやって結論まで導き出せるのかの過程です。ディスカッションですので、テーマに対して正解はありません。あくまでも結論を導き出すまでの過程が重視されます。事前の対策としてディスカッションのチェックポイントやどのようなテーマがあるのかを押さえておきましょう。

▽グループディスカッションに関するクチコミはこちら
グループディスカッションのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20180521123132j:plain出典:pixta

【グループディスカッションでのチェックポイント】

  • ディスカッションへの取り組み姿勢
  • 各々が役割を果たしているか
  • コミュニケーション能力
  • 協調性(話し方やメンバーへの気遣い)
  • 論理性
  • 思考力
  • 計画性 等

【グループディスカッション対策】テーマのパターン3つ

グループディスカッションでのテーマは主に3つのパターンあるので、どのような意図でこのテーマが出題されているのかを理解しながら面接対策をしていきましょう。

(1)就活・仕事観
みなさんが就職職活動に対してどのような気持ちで取り組んでいるのか、また何を重視して今後仕事をしていきたいのか等の仕事観を見ることを意図して出題します。仕事観に関しては、好きなことを仕事にしたい人、社会に役立つ仕事をしたい人、給与や福利厚生を重視している人等様々です。これから長く勤めてもらうためにも仕事観のすり合わせは重要で、採用担当は学生の仕事観が自社で働く人材としてマッチングするかどうかをチェックしています。

(2)業界について
業界研究、企業研究を事前にしているかどうかで大きく差がつくテーマです。採用担当は、発言の内容を聞きながら業界について調べてきたかどうか、理解しているかどうかを見ています。テーマによっては事前に勉強していないと問題の意味さえ分からないということもありますので、事前に下調べをしておきましょう。(例:「CSを上げるにはどうしたらよいか?」等、CS等の用語も確認しておく。)

(3)社会問題について
社会問題といってもジャンルは幅広く、難しいテーマかもしれません。ここでは社会問題に対して興味と理解を持っているかどうかを見ています。また、知らない問題が出た場合でも自分なりの意見を持って発表することができれば焦ることはありません。

【グループディスカッション対策】業界別のテーマ実例5つ

業界によってテーマは様々です。業界に合わせたテーマの出題傾向とその対策を知っておきましょう。自分で調べるだけでなく、普段の生活の中で意識をして見るだけでできる対策もありますので、まずは実践してみてください。業界別のテーマを紹介します。

広告業界

取り扱うメディア媒体により出題傾向も様々ですが、まずはどのような媒体があり、媒体別にどのような効果があるのかなどを調べておく必要があります。また、商品に合わせたキャッチコピーや宣伝方法を考える問題も出てきますので、普段から広告やCM等「何を売るためにどのような打ち出し方をしているか」に気を付けて見ることも対策の一つです。

<テーマ例>

  • 新聞の購読者を増やすためにはどうしたらよいか?
  • 本屋で本を買うのとデジタル本どちらがよいか?
  • 自社ビル1階に新しくお店を開店することになりました。何を販売しても構いません。主力商品と宣伝方法を合わせて考えてください。
  • 10年後の広告業界像について、みんなで話し合い発表してください

メーカー

商品開発や出店計画等、実際にビジネスで出てくる内容が多い傾向にあります。メーカーといっても何を作っているメーカーかによって調べる内容も異なってきます。受験する商社の主力商品やおおまかな取扱商品、ターゲット、売り上げ規模などを事前にホームページなどで調べて対策しておきましょう。

<テーマ例>

  • 弊社の商品を選び、その売り上げを今の2倍にする方法を考えてください
  • 同業店の向かいにお店を出すことになりました。どう対抗しますか?
  • 子供向けに新しい商品を開発します。何をどのように販売しますか?
  • 当社の○○という商品を売り出すにあたり、キャッチコピーを考えてください

金融業界

社会の動きを見て出題されるものや保険や金融などの商品開発等、事前に知識がなくては考えることができないテーマもあります。もちろん働く前から金融商品を熟知している学生はほとんどいないと思います。ここでは、商品知識が問われるのではなく、出題内容をどれ程理解して結論を導き出せるかという思考力や論理性が重要なため、どんな質問がきても答えられるようにしておく対策が必要です。

<テーマ例>

  • 中小企業と大企業どちらがよいですか?それぞれのメリットデメリットを合わせて考えてください
  • 生命保険の新商品を開発してください
  • 消費税増税について
  • 営業をするにあたって大切なことは何ですか?

アパレル

接客業がメインとなりますので対お客様への考え方や社員教育等、人に関するテーマが多いです。CS=Customer Satisfaction(顧客満足)のような業界でよく使われる用語も出てくる可能性がありますので、勉強しておきましょう。また、売り上げ回復や店舗開発などの問題も出題されることがありますので、そのような場合の対策として、簡単にマーケティングについても勉強しておくとよいでしょう。

<テーマ例>

  • 販売と接客の違いは何か?
  • CSを上げるために3つの対策を考えてください
  • 新人教育をすることになりました。3人のアルバイトをどのように教育しますか?
  • 売り上げが落ちている店舗を1年間で黒字にするにはどうしたらよいか?

商社

仕事観や価値観を問うテーマなど、個人の考えがくみ取られる内容です。グループのメンバーと話し合う前に自分の考えや観念を頭の中でまとめてから発表できるようにしておきます。また、「仕事ができる人とは?」のように抽象的なテーマの場合は、話し合う際に軸がずれてしまわないように、テーマを明確化して定義付けをすることから始めましょう。

<テーマ例>

  • 仕事ができる人とはどのような人か?
  • 健康、愛、家族、仕事、趣味、お金の中で大切なものを3つ選び、理由も併せて述べてください
  • グローバル人材に求められる要素は何ですか?
  • 働く意義を考えてください

テーマを想定しながら自分の意見をまとめる力を身に付けよう

グループディスカッションでは、志望企業や業界についての知識が求められるテーマが出されることもありますので、対策としては事前に受験する企業の特徴を知っておくことがまず必要です。また、グループディスカッションは経験によって上達するといわれているため、面接対策としてはそれぞれテーマを想定し自分の意見をまとめる練習をしておくとよいでしょう。

関連リンク

グループディスカッションのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)
グループディスカッションで落ちるのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20170929171116j:plain

著者:RIKUA

大手アパレルにて4年勤務後、広告業や人材業にて人事系統に8年、企画系統に5年勤務。広告会社にてフリーペーパーの記事作成やリライト、校正、新卒社員に向けたメルマガ配信等,ライティング経験有。また、人事部の立ち上げや運用等人事採用関連の知識を活かし、大学内や就職支援機関での就職セミナー講師も行う。