公務員や教員を目指す就活生必見!面接で聞かれる質問例&回答例

公務員の安定性や自分自身の興味や動機から、民間企業ではなく公務員や教員を志望している就活生は少なくありません。そういった就活生のために、面接でのチェックポイントと、公務員だからこそ聞かれる質問と回答例をご紹介いたします。

公務員の面接で面接官がチェックしているポイント

公務員の面接で面接官がチェックしている代表的なポイントを紹介します。

1.地道に働けるタイプであるか

組織の大小や具体的ポジションで多少の差はありますが、公務員の仕事は基本的には地味です。民間企業のように業績の善し悪しに影響される部分がなく、与えられた課題に対しひたすら地道に取り組んでいくのが日々の業務です。

業務の内容によっては、仕事の相手である国民や住民などから褒めてもらってしかるべきことでも、担当者の成果になることはあまりないようです。常に「公務として当然のことをやったまで」という謙虚さを持って仕事ができるタイプかどうかを見られます。

2.ストレス耐性があるかどうか

民間企業もストレスは間違いなくありますが、公務員の仕事のストレスとは質がまったく異なります。民間企業のストレスは、業績や成果と直結していて、うまくいけば業績達成の満足感と帳消しになり、ストレスが貯まらない構造になっています。

しかし、公務員の場合、やり遂げた仕事を「当然のこと」と思わなければならないことや、結果が出るのがずっと先であることも多く、ストレスが蓄積しやすい構造なのです。したがって、地道さと相まって、ひたすら耐えられる性格であるかどうかを見ようとします。

3.奉仕の心があるかどうか

民間企業の給与は、自分たちで稼いだ分からもらうというイメージですが、公務員の給与は公務の対象となる国民や住民の税金からもらっており、ここに公務員は奉仕者であるという原点があります。

これは国民や住民から、賞賛やお礼が欲しい等何らかの見返りを、給与以外、一切期待してはいけないということに繋がります。「住民が喜んでくれればいい」「国がよくなればいい」「地域がよくなればいい」という満足感で仕事ができるタイプかどうかを見ます。

f:id:hito-contents:20171127152536j:plain出典:pixta

国家公務員の面接で聞かれる質問例&回答例

公務員は国家公務員と地方公務員に分かれます。まず、国家公務員を目指す人がよく聞かれる面接質問の例と回答例を紹介します。

Q.「地方公務員ではなく、なぜ国家公務員を志望されるのですか?」

<意図>
国家公務員を選ぶか地方公務員を選ぶかは、公務員を志望する人にとっては理由に大きな違いがあります。この質問の意図は、その違いにしっかり答えることで、国家公務員になって何をしたいと思っているかを知ろうとします。守備範囲が「国」だと広いが、地方」は狭いといった、単にスケールの違いで答えるのではなく、「国でないとできない事」に焦点を当てて答えられるかどうかが見られます。
<回答例>
「はい、私が地方公務員ではなく国家公務員を希望いたしますのは、国家公務員でないとできないことがあるからです。日本人としてこの国を愛する気持ちは誰にも負けないものを持っており、私の志望する防衛省においてこそ実現したいことがあります。具体的に申し上げますと防衛省は国家存亡の根幹をなすものであり、日本全体を視野に置き、また、他国間との交渉・調整をするものなので、これは決して地方公務員ではできないことだからです。」

Q.「なぜ他省庁ではなく、〇〇省なのですか?」

<意図>
各省庁の担当者は、自分たちの省庁にプライドを持っており、国家の保全や発展になくてはならない省だと思っています。この質問をすることで、国に対してどんなことで貢献しようと思っているかという、明確な動機を引き出そうとします。
<回答例>
「はい、私が今回厚生労働省を志望する理由は、私が大学で専攻した労働政策が大きく影響しています。私が大学で学んだことを世の中で実践的に役立てることができ、私の生まれた日本が良くなればこんな幸せなことはありません。昨今の労働市場の状況を見てみますと非正規雇用労働者の増加や女性労働力率の改善問題などさまざまな課題を抱えており、なにか状況打破につながる仕事で貢献できればと考え、志望いたしました。」

地方公務員の面接で聞かれる質問例&回答例

一方、地方公務員の面接では、志望している地域(自治体等)独自の環境や状況を念頭に置いた質問が出されます。

Q.「今回、〇〇地域職員を志望されていますが、当地域の予算や事業についてなにか考えをお持ちでしょうか?」

<意図>
地域で公表されている財政状況や事業にどれだけ関心を持って研究しているか、またそれに対し持論を持っているかどうかを見ています。地域の住民であるとか好きな都市であるとかいうだけでなく、更に深い理解を求めています。
<回答例>
「はい、公表されております昨年度事業収支状況を拝見させていただくと、ここ近年、税収不足からかなりの財政のひっ迫度が高まっていると感じます。周囲の衛星地域と比べ、大都市への人口流出率が高いのが原因ではないかと考えます。」

Q.「就職した際には、具体的にどんな地域を作っていきたいと考えていますか?」

<意図>
当自治体や当地に対して思い入れを持っているかどうかを見ようとしています。完璧な自治体はないため、何らかの課題を見つけたり、また夢をもって地域の活性化を考えているかどうか、率直な意見を聞こうとします。
<回答例>
「はい、私の大好きなこの街(地域)が将来にわたって住みよい街であるために、ひとつは地産地消を徹した、魅力ある商業集積のある街づくりができればと考えます。もう1点は、高齢者にやさしい街づくりです。データを拝見しますと当地域の高齢者人口は全国平均と比べ、突出しているという結果があります。たとえば、街中を自由に往来できる公的交通手段の開発や、高齢者の人たちが世代を超えて楽しく集えるコミュニティゾーンの設置などに取り組めればと考えます。」

Q. 当地域に初めて訪れた人に対して、あなたなら地域の特色・魅力をどう伝えますか?

<意図>
志望している地域の特色や魅力を理解し、主体的に伝えることができるかを見ています。初めての訪問者への伝え方と言うことで、わかりやすさとか親切さなども同時にチェックしています。
<回答例>
「はい、私が当地域への初めての訪問者に、当地域の特色・魅力を伝えるなら次の2点をしっかり強調したいと考えます。まず1点は、当地域の主要産業である農業のPRです。特に〇〇の生産において、他の追随を許さない生産量と品質です。もう1点は、文化度の高さです。西日本有数のカルチャーセンターの設立や大学誘致などにより、若い人たちが集まって楽しめる街になっているという、この2点です。」

教師の面接で聞かれる質問例&回答例

教員採用面接では、教員採用ならではの質問があります。代表的な質問と意図、回答例を紹介します。

Q. あなたが教師になった時、児童・生徒にどんなメリットがありますか?

<意図>
これは、教師を志望する人の自己PR、つまりどんな長所や強みを持っていて、その長所が児童や生徒たちにどんな好影響を与えるかを尋ねています。いくつかある自分の長所の中で、子供たちにとってプラスとなる長所を考えてみましょう。
<回答例>
「はい、子供達のために活かせる私の最大の長所は粘り強さです。子供達の指導に一番大切なことは、最後まで投げ出さない根気だと考えます。子供達の知識習得や内面の成長には個人差があり、遅い早いの差が必ず出てきます。それを一律に指導するだけでは教師として失格です。むしろ遅れてくる子供達にどれだけ合わせられるかどうかがポイントで、その点、私の長所である根気と粘り強さは、子供達に最後まで見守ってくれる味方であるという意識を持たせ、必ず彼らのメリットになると考えます。」

Q.望ましい集団づくりに関してどのように取り組みますか?

<意図>
1点は、自分が考える「望ましい集団」とは何かを語れるかどうかです。集団とは、学校での学級や各種活動グループのことで、どうやって自分の考える理想に近づけるか、また集団を担当する時の姿勢や、考え方を尋ねています。
<回答例>
「はい、私の考える『望ましい集団』とは、子供たちが自発的に行動できる集団だと考えます。そんな集団を目指すための私の取り組みは、子供たち自らが、まず身近な生活目標の設定ができるようになるよう、仕向けることから始めます。そして、その目標を達成するために、彼ら自身で日々何ができたかをチェックさせます。試行錯誤があるのを前提とし、自主性を尊重してあくまで粘り強く見守ることが私の取り組みのポイントです。」

公務員や教員の面接では誠実さ&奉仕精神をアピールしよう

公務員志望も教員志望も、面接で共通してチェックされるのは、誠実さや奉仕精神、そして精神的な強さのアピールです。それらをしっかり伝えた上で、特に志望する具体的な省庁、部署、あるいは地域で働きたいという理由を伝える回答を心掛けましょう。

関連リンク

公務員のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20170929191254j:plain

著者:GAKUSUI

◆一部上場企業で人事・採用・能力開発を約15年経験。採用では、新卒を中心に面接官はじめ採用選考実務と管理職(採用課長、能力開発部次長)を経験。
◆採用業務だけでなく、人事異動、能力開発、教育訓練等トータルで経験。
◆上記企業で営業部、販売部、企画部で実務から管理職まで経験。また、転職経験もあり(中堅商社6年、国家公務員2年)。
◆新卒専門のキャリアコンサルタント(国家公務員)として直接大学生に対面指導。模擬面接、ES添削、自己分析指導等、就活カウンセリングの実務全般を2年間経験。その間、大学キャリアセンターと連携し講演実績あり。