必見!コンサル・シンクタンク業界の面接でよく聞かれる質問&回答例

ハードな仕事スタイルで知られるコンサル・シンクタンク業界。その採用面接にも何か特徴があるのでしょうか?コンサル・シンクタンク業界の面接でよく聞かれる質問や回答例から、コンサルタントとして活躍できる人材像を探ります。

【面接前におさえておこう】コンサル・シンクタンク業界で求められる人材と担当者が見ているポイント

日本国内でのコンサルティングファーム・シンクタンク業界は、大きく2種類あります。
1つ目が、外資系コンサルティングファームです。アメリカ発祥の戦略系と呼ばれるファームは、主に企業経営支援のプロジェクトを数ヶ月単位で遂行します。
2つ目が、シンクタンク系コンサルティングファームです。日系ファームとも呼ばれ、大手金融機関や商社系列が多く、調査・分析を主業務としたコンサルティングを得意としています。もちろん、論理的思考力や成長志向は外資・日系双方に必要とされますが、特に若手コンサルタントの仕事領域が大きく異なるため、求める人材像にもそれぞれの特徴があります。

1. 外資系コンサル

プロジェクトは数ヵ月単位で組まれることが多く、限られた時間で一定の成果を出す必要があります。プレッシャーもかかる仕事のため、精神的・肉体的にタフであることが必須条件です。チャレンジングな環境に能動的・主体的に取り組める人や、「じっくり取り組む・ゆっくり考える」よりは、「集中力があり、反応が早い」人の方が評価される傾向があります。

2. シンクタンク系コンサル

比較的クライアントと長くお付き合いする日系ファーム。いわゆる「コミュニケーション能力」「協調性」が外資系コンサルよりも重視される傾向があります。また、それぞれの系列企業の「社風」も反映されます。補足ですが、「建設コンサル」はまったく違う業界です。混同しないように注意してください。

f:id:epb0804:20171023114835j:plain出典:写真AC

コンサル・シンクタンク業界の面接でよくされている質問例と採用担当者を惹きつける回答例

コンサル・シンクタンク業界の面接試験では、選考初期でハイレベルな筆記試験を課せられ、それによって早々にふるいにかけられます。当然、その後の面接で求められる能力も最初から高いものになります。
外資系コンサルと日経ファームの特徴をふまえた質問例とそれに対する回答例をいくつかご紹介します。

質問例1:外資系コンサル

【ある製品の売上減少理由を推測してください】

  • 質問の意図:少ない情報と、今までの知識をいかに結びつけて、論理的に、素早く回答を組み立てられるかを見られており、思考力があるかが判断されます。「なんとなく」「そういうものだと思っていました」というような回答はNGです。外資系コンサルはコンサルティングスタイルが少人数でる場合が多く、ひとりひとりの論理的な意見が重要になってくるためです。
  • 回答例:私の考える売上減少理由は商圏の減少です。来客データのうち、2000年と2016年の登録住所分布から判断することができます。

質問例2:外資系コンサル

【なぜあなたはその科目を履修しようと思ったのですか】

  • 質問の意図:この質問では、日ごろから根拠を持って行動しているかというだけでなく、客観的な視点があるかどうかも問われています。外資系コンサルというとケース例対策ばかりの学生も見受けられますが、この質問は最初の自己PRに絡めて聞かれることになるため、基本の自己PRも準備しておくといいでしょう。
  • 回答例:◯◯学の世界的権威である◯◯教授の講義を受けるためです。そのために必要な語学力・調査力を鍛えることもでき、充分な費用対効果が得られると考えました。

質問例3:外資系コンサル

【日本国内で、1日あたりの割り箸消費量はおよそ何本ですか】

  • 質問の意図:このような、一般常識な各種数字に対しての興味関心、情報収集能力、活用能力を見るような質問がよく出される傾向にあります。「正解」を出すことではなく、いかに論理的に回答を導けるかをチェックしています。
  • 回答例:日本の人口は2017年時点で約1億2500万人です。1世帯あたりの人数を4人とすると、日本には約3125世帯の家庭が存在することになります。1世帯あたりの労働者が2人と仮定すると、日本に労働者は約6250人いると言えます。労働者は3食のなかで昼食のみ外食をすると考えられ、その際割り箸を使うと仮定できます。したがって、日本国内で1日あたりの割り箸消費量はおよそ6250本であると言えます。

質問例4:日系ファーム

【志望動機を教えてください】

  • 質問の意図:日系は外資系とは異なり、価値観や仕事に対する想いが重視される傾向にあります。そのため、志望動機を問い、熱意や人間性を図ることもあるのです。外資系ファームではあまり聞かれない上に、外資系ファームの方が選考が早いため、それに慣れて同じような事前準備で日系ファームの面接に進まないようにしましょう。
  • 回答例:コンサルティングは、自分自身に価値を付けていく仕事であると大学時代の先輩に紹介され、感銘をうけたのがきっかけです。なかでも御社を受験したのは、取引先に官公庁が多く、「国の将来を担う」ことに役に立てる点に興味をもったからです。

質問例5:日系ファーム

【10年後の自分像は?】

  • 質問の意図:コンサルタントとして、どんな案件を担当したいか、どのような分野でのプロフェッショナルになりたいと考えているかの確認です。会社によって、得意分野が異なります。漠然と「自分が何のプロフェッショナルになりたいか」だけ考えるのではなく、具体的にその会社の業務内容について知り、結びつける必要があります。また、自分の考えを他人に分かりやすく共有するという点で、コミュニケーション能力があるかどうかもチェックしています。
  • 回答例:10年後は、取引先からのご紹介で、案件を広げられるコンサルタントに成長している姿をイメージしています。私が希望している中小企業支援業務では、実績が次のクライアントにつながると考えているからです。

コンサル・シンクタンク業界の面接で受け答えするときのコツ2つ

コンサル・シンクタンク業界の面接で回答するときに、ポイントとなる考え方は2つあります。

【ポイント1:論理的に筋道が通っていること】
あなたが抱えている「前提」と面接官が抱えている「前提」は異なるかもしれません。この「前提」とは、会話をする上での意図や視点のことです。まず、質問から相手の考えている前提はどんなものかを自分の中で仮説を立て、自分の話す内容の前提が相手と同じであることを確認しながら受け答えをすると、より論理性を向上させることができます。

  • 質問例:体力的な自信はありますか?
  • 回答例:はい。あります。健康面で申し上げますと、小学校から今までほぼ皆勤だったこと、定期的に体を鍛えるトレーニングを続けていることが挙げられます。また、追い込まれた状況で発揮できる力、という意味では、研究室でトラブルが生じたときに、3日寝ずに研究を続けてリカバリしたことがあり、他の学生が脱落するなか、最後の1人になっても作業を続けたことなどが自信の根拠です。
    上記の回答例では、いきなり答えるのではなく、「健康面で申し上げますと」というように、どういった方向性で回答するかを念押ししています。このように回答することで、相手の「前提」を確認しながら回答することができます。

【ポイント2:なぜ?どうして?に明確に答えること】
日々、日常生活を送る中で、「なんとなく」「別に理由はないけれど」という程度でも、毎日何回もあなたは「選択」を行なっています。どんな小さなレベルのことでも、「根拠」を意識しましょう。さらに、その選択を能動的に選び取った、という経験の積み重ねが面接の回答でも活きてくるはずです。志望動機や自己PRで書いた内容について深堀りされてもいいように、「なぜ自分はこの選択をしたのか」を十分に振り返っておきましょう。

  • 質問例:なぜあなたはその部活で会計というポジションについたのですか?
  • 回答例:大学入学当時から、将来に役立つ知識を少しでも吸収したいと考えていました。この部活を選んだ大きな理由は体力づくりと趣味ですが、毎年数百万の予算を、貸借対照表を用いて正確に決算するという部の方針に、将来の仕事選択にも役立つのではないかと考えました。

コンサル・シンクタンク業界の面接では自信を持って論理的に話すことが大切!

コンサル・シンクタンク業界の面接では、一貫して「コンサルタントとしての資質」をチェックされることになります。クライアントを動かすための最も基礎的な能力である論理的思考力と、論理的会話力は面接を通じて日々向上させる努力をしましょう。どんな質問が来ても、自信を持って論理的回答ができるように意識し続けてください。

関連リンク

コンサル/シンクタンクの就活情報・新卒採用クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20171018144023p:plain

著者:沼田絵美

最低求人倍率0.98を記録した2000年卒。当時流行だった就職サークルをインカレで立ち上げ、某新卒就職サイト運営会社に企画営業として就職。東京・名古屋・大阪3都市で中堅から大手企業の採用支援に計10年携わった後、大学キャリアセンター相談業務を担当するキャリアコンサルタント、就職関連ライターとして独立。標準レベルキャリアコンサルタント資格であるキャリア・ディベロップメント・アドバイザー資格所持。