【就パス~就活マイルールブック~】No.022 さくらさん(G大学)

就活に成功した学生たちの、“生の声”をお届けする就活パスポート、略して「就パス」!内定獲得者が就活中に独自定め、実行していたマイルールのほか、実際のエントリー数や内定をもらった会社についても聞いてみました。未来のあなたの姿が、ここにあるかも!?

S
PASSPORT No.022
お名前/ Name
さくらさん
出身大学 / Graduated from
G大学 国際交流文化学部
内定先 / Prospective employer
某金融系企業
発行日 / Date of issue
16 NOV 2017
生年 / Year of birth
1996
性別 / Sex
F

就活中のマイルール、教えます!

バイト
就活中ってお金がかかるんです!説明会やOB訪問に行くにも交通費や待機中のカフェ代など諸々かかってしまうし…。親にもらうにもやっぱり気がひけるし、自分の行きたい場所は気兼ねなく行きたいと思っていたので、交通費や諸経費くらい自分で稼ぎたくて!それでバイトしていました。
勉強
筆記試験には自信がなかったので、早めに取り掛かるよう意識していました。特にSPI!バイトで塾の受付をしていたんですけど、同じ塾の講師をしている先生に質問することもありました。
遊ぶ
週末・平日を問わず、月に2回はまるっと1日遊ぶ日を作っていました。やっぱり気分転換は欠かせませんから。1ヵ月くらい前から「この日だ!」って休む日を決めて、そのときばかりはSPIの本をカバンに入れることもなく、ショッピングや日帰り旅行を楽しむようにしていました。遊ぶからには就活の話をしたくなかったので、就活に関係ない後輩や社会人の先輩と行動することがほとんどでしたね。

ここだけの話、教えます!

 
  • 1.エントリーした業界は?
  • 金融業界(損保、銀行など)です。
  • 2.その業界や業種を選んだ理由は?
  • 流行り廃りのない業界だからです。入社したからにはやっぱり長く働きたいと思っているので、安定している業界は魅力的でした。あとは土日が休みだってこと!休むときにはしっかり休みたいじゃないですか。長期の海外旅行をしたかったので、休暇を取りやすいことは条件でした。
  • 3.エントリーした会社の数は?
  • 9社くらいです。
  • 4.その会社を受けた理由は?
  • 就活を始めるときに色々と相談した先輩が金融業界にいたんです。家庭を持っている先輩なんですけど、勤めている会社の福利厚生など、女性の働きやすい環境が用意されていることを教えてもらいました。育休制度がしっかりしていたり。結婚後も長く働きたいと思っているので、とても魅力的でしたね。あと、女性専用のセミナーを開いている会社もあったので、女性の存在を大事にしてくれる業界ということは十分肌で感じることができました!
  • 5.内定をもらった会社の数は?
  • 4社です。前半に1社内定を頂いていたので、後半に予定されていた第1希望の会社は落ち着いて面接にのぞむことができました!
  • 6.内定を承諾した会社は?
  • 某金融系企業です。
  • 7.内定を承諾した理由は?
  • 第1希望だったからです!福利厚生がしっかりとしていて、長く働けると思いました。OB訪問や座談会に参加できたのも大きな理由です。そこで出会った方々はひとつ年上の人から50歳くらいまでの役職がある方まで、年齢・男女問わずさまざまでした。どの方も自分の会社に誇りを持っていて、仕事に対して熱心な人ばかり。私が目標とする“社会人としての働き方”をしていたんです!趣味の時間はしっかり作っているし、家庭も持ってるし、でも仕事に前向きで。やっぱり、働くならそういう人たちと一緒に働きたくて!
  • 8.インターンはやっていた?
  • いいえ
  • 9.インターンをやらなかった理由は?
  • サークルの学生幹部をやっていて、引退時期が遅かったからです(笑)!1年のときからテニスサークルに所属していたのですが、公式企画(大会)に参加もしなくちゃいけないし、幹部ともなると週3回の通常練習以外にも会議が週2回あって、インターンをする時間が作れなかったんですよね。まわりの友人がインターンをしていたので少し焦りましたけど、そこはOB訪問の回数でなんとかカバーしようと頑張りました!6月くらいから始めたのですが、50~60人に会えたと思います。説明会とOB訪問で集めた情報は宝でしたね。
  • 10.就活中のゲン担ぎはある?
  • ノートです!ゲン担ぎと言うと少し違うかもしれませんが、普通のシンプルな大学ノートにOB訪問で集めた情報を書き留めていました。企業のHPには書かれていない、実際に会った人の現場の声をまとめたノートです。就活が不安になったり迷ったりしたときにはそのノートを見返していました。自分がやってきたこと、今から向かおうとしている業界がいかに魅力的なのかということが詰まっているノートなので、自信を持つことができたんですよね。
    結構きちんとまとめることができたので、就活時期が来たら「参考にしてみてね」って、後輩に渡してあげようと思ってます!あ、もちろん大事な記念品なので、最後には返してもらいますけど(笑)。
  • 11.就活をしていて辛かったことは?その乗り越え方は?
  • 「自分は最後まで(サークルで)幹部をやり続けるから!」と周囲に言い切っていたので、就活のことを相談できるような同志がいなかったことが辛かったですね。啖呵を切ったもののやっぱり不安になるし…。そんなときは、同じ業界に進もうと思っている子ではなく、別の業界を見ている子に相談したり、先輩からアドバイスをもらったりしていました。励まし合える友人は年齢問わず、本当に大事な存在です!

関連リンク

生命保険/損害保険の就活情報・新卒採用クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)