建設・不動産業界を目指す就活生必見!面接で聞かれる質問&回答例

土地や建物に興味を持ったことで志望するきっかけが同じでも、仕事内容が大きく違ってくる建設・不動産・住宅業界。面接ではそれぞれに異なる特徴もあります。実際の質問&回答例から、それぞれの業界理解を深めていきましょう。

面接前に確認!建設・不動産業界の仕事内容と向いている人の特徴と採用担当者が見ているポイント

(1)建設業界・不動産業界・住宅業界のそれぞれの業務内容の違いとは?
土地や建物、構造物、住宅などを扱う建設・不動産・住宅業界。一見同じように見えますが、実はその仕事内容はまったく異なるのがこれらの業界です。仕事内容が違えば、当然向いている人も変わってきます。まずは、それぞれの業界の概要を把握して、実際の仕事内容について理解をすすめていきましょう。

▼建設業界
基本的には「大きなモノ」を扱うのが建設業界。顧客は一般消費者ではありません。国や地方自治体から公共工事を請け負ったり、不動産会社が企画する商業施設やマンション建設を請け負ったりします。「BtoB」ビジネスをしていると考えてください。
▼不動産業界
3つの業界の中でも、さらに細分化して業務内容が異なる業界です。不動産業界は、さらに「開発(分譲)」「管理」「賃貸」「流通」に分かれます。開発は「BtoB」、「管理」は主に「BtoB」ですが一部「BtoC」、「賃貸」と「流通」は主に「BtoC」です。必要となる知識も資格も異なります。しっかりとした会社研究が必要です。
▼住宅業界
住宅業界は基本的に「戸建てプレハブメーカー」を指します。マンションも一般消費者から見れば「住宅」ですが、こちらは不動産業界です。会社によっては多角経営をしているところもありますが、メインの仕事内容は、建設・不動産業界と比較すると各社大きな違いはありません。主に「BtoC」スタイルのお仕事です。

(2)それぞれの業界に向いている人の特徴と採用担当者が見ているポイントとは?
業界よりも、「お客様は誰か」という切り口で向いている人の特徴が分かれます。
「BtoB」⇒スケジュール管理能力に長け、大勢の人を動かす力があり、幅広い年齢や経験を持った人たちとのコミュニケーション能力を持った人に向いています。採用担当者は大学時代に実際に取り組んだ実績を中心に評価します。
「BtoC」⇒目標達成意欲が強く、ストレスコントロール能力があり、若いうちから自分の力で仕事をすすめていきたいという意思のある人に向いています。採用担当者は主に意欲や能動的な志向があるかを中心に評価します。

f:id:hito-contents:20171108111044j:plain出典:fotolia

【回答例つき】建設・不動産業界の面接でよくある質問とその意図

採用人数も応募人数も多く、選考のステップやかかる時間は比較的少なめな建設・不動産・住宅業界。これらの業界だからこそ聞かれる質問を、業界ごとにご紹介します。

▼質問例1:ゼネコン(建設業界)
【メーカーや金融ではなく、どうしてゼネコンなのですか。】
・質問の意図
こちらの質問は文系の方に限ります。技術系採用は、ほぼ建築・土木学科という「ウチを受けなきゃどこ受けるの」という学生がターゲットですが、文系の場合、他業種も受けている学生がほとんどです。志望度合いを確認するために聞かれます。
・回答例
祖父がゼネコンで営業をしておりました。「あそこに見える◯◯は、じいちゃんの会社が作ったんだ」という話を聞いて育ち、あんなに大きな建物をつくる会社はすごい、という憧れをもっていたのがきっかけです。

▼質問例2:デベロッパー(不動産業界・開発)
【なぜあなたはそれをしようと思ったのですか?】
・質問の意図
基本的に面接は、あなた自身について深くヒアリングしていくような形式で進められます。上記の質問が、いろいろな場面で何度も繰り返し聞かれると考えてください。特にデベロッパーの場合、一つのプロジェクトに大勢の人と深く長く付き合っていく仕事スタイルが多いため、より人間性を重視します。前向きであること、チームに貢献しようとする意欲があることなどを確認するための質問です。
・回答例
ゼミリーダーとなった理由の一つ目は友人たちからの推薦です。私が所属したゼミは、最大100人が活動する規模の大きいものでした。もともと学内で友人が多く、顔が広いと思われていたためです。

▼質問例3:不動産販売会社(不動産業界・流通)
【会社選びの基準を教えてください】
・質問の意図
成長意欲、目標達成意欲が強い、頑張ったら頑張っただけの報酬がほしい、というタイプを求める不動産販売会社。不動産営業の厳しさと、その厳しさにチャレンジしたいという意欲を何よりも重視する会社が、他の建設・不動産・住宅業界よりも多くなります。その確認のための質問です。
・回答例
若いうちから、きちんと目標があり、それを達成することで評価いただけるような仕事にチャレンジしたいと考えています。そのような環境こそが自分を成長させると考えているからです。大学時代には成果報酬のアルバイトをすることを選択しました。

▼質問例4:不動産管理会社(不動産業界・管理)
【具体的にやりたい仕事と、なぜそれがやりたいのか教えてください】
・質問の意図
「管理」はさらに会社によって仕事内容が異なります。イメージだけで回答すると、「それがしたいならウチじゃない」となることも珍しくありません。仕事理解が深まっていない=熱意がないというジャッジになってしまいます。仕事をきちんと理解していることが伝わる回答を意識しましょう。
・回答例
日本のビジネスを支える仕事がしたいと考えています。御社が扱うオフィスビルは、多くの企業活動の拠点として日本全国で活用されています。日々の仕事環境をよくすることで、生産性も向上するのではないか、というテーマで卒論にも取り組んでおります。

▼質問例5:住宅メーカー(住宅業界)
【どうして当社を受験したのですか】
・質問の意図
住宅メーカーは、比較的「同じ住宅メーカー、同業他社をいくつも受ける」という学生が多い業界です。「他社じゃなくてウチだという理由」に納得感のある回答ができるかどうかで志望度合いを確認する会社が多数あります。
・回答例
私は日本の景観を守るためにも、林業を復活させることが望ましいと考えています。林業に直接関わるよりも、「国産木造住宅」にこだわりのある貴社のような住宅がもっともっと増えることで、林業にも貢献できるのではないかと考えました。

建設・不動産業界の面接で受け答えするときの考え方と注意点

建設・不動産業界の面接で回答するにあたり、ポイントとなる考え方を紹介します。

【ポイント1:誰に対しても積極的に働きかけよう】
比較的長い歴史を持つ会社の多い建設・不動産・住宅業界。取引先だけでなく、一緒に働く人たちも、幅広い年齢層とさまざまなバックボーンを持つ人たちになります。自分からそれらの人たちに積極的に働きかける行動力が見られています。
自己PRでは、年齢や性別・国籍などのバックボーンが異なる人、初対面の人、目上の人などとの交流経験を積極的に伝えてください。ゼネコン・デベロッパーでは、OB訪問の人数も重視される傾向があります。若手社員に限らず、幅広い年齢の社員の話を聞く機会を持ちましょう。

【ポイント2:法令遵守意識はしっかりと】
仕事をする上で、さまざまな法令が関係してくる建設・不動産・住宅業界。「少しくらい大丈夫」「多少のことは大きな問題にならないと思う」など、法令遵守意識に欠けるのではと思われるような内容の発言をしていないか、充分に気をつけましょう。法令遵守意識がしっかりあるかどうかも、重要な判断基準となってきます。面接と同じく、適性検査でも注意が必要です。

建設・不動産業界での面接では、自分の長所と高い実行力をアピール!

建設・不動産・住宅業界は、扱う金額も大きいものになります。お客様にとって、「信頼できる人物であること」と評価されるために、面接では明るいはきはきとした受け答えはもちろん、今までの成功体験と実行力をアピールポイントとして臨みましょう。

関連リンク

建設/住宅/不動産の就活情報・新卒採用クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20171018144023p:plain

著者:沼田絵美

最低求人倍率0.98を記録した2000年卒。当時流行だった就職サークルをインカレで立ち上げ、某新卒就職サイト運営会社に企画営業として就職。東京・名古屋・大阪3都市で中堅から大手企業の採用支援に計10年携わった後、大学キャリアセンター相談業務を担当するキャリアコンサルタント、就職関連ライターとして独立。標準レベルキャリアコンサルタント資格であるキャリア・ディベロップメント・アドバイザー資格所持。