Uターン・Iターン就活って?遠距離就職活動のメリットとは

地方創生という時代の流れとともに、地方での就職を視野に入れて遠距離就職活動を進める就活生は少なくありません。そこで今回は、遠距離就職活動に関する用語をはじめ、遠距離就活のメリットや実践方法のコツなどを紹介します。

遠距離就職活動の種類&メリットとは

遠距離就職活動の種類には、「Uターン」「Iターン」「Jターン」の3つがあり、それぞれの意味は以下の通りです。

・Uターン:地方から大都市圏の大学に進学した学生が、地元へ戻り就職すること。
・Iターン:大都市圏で生まれ育った学生が、地方で就職すること。
・Jターン:地方から大都市圏の大学に進学した学生が、地元以外の地方で就職すること。

Uターン就職を選ぶ理由は人それぞれですが、「家族の近くで暮らしたい」「実家から通勤すれば金銭的な負担が少ない」「地元が好きだから」などの理由が多くなっています。

<遠距離就職のメリット>
・Uターンすれば、家族・友人などが近くにいて安心感がある
・通勤ラッシュがない
・都会の喧騒から解放される
・都会より自然に囲まれて暮らせる
・地域密着型の企業が多い
・都心よりゆとりのある生活ができる

上記のメリットからも分かるように、地方と都会の暮らしには大きな違いがあります。地方への就職を考える際には、都会と地方の生活の違いをしっかり理解し、どちらが自分に合っているのかを考慮する必要があります。

Uターン・Iターン就活では、就職後の環境が大きく変わる可能性があります。例えば、都会では交通網や飲食店などが充実し、非常に利便性が高いですが、地方では、そのような利便性は都心部ほど期待できず、車が必要になる地域も多いです。その代わり、ゆったりとした時間を過ごすことができるなどのメリットもあります。暮らす土地の環境が異なることも、検討事項のひとつです。
Uターン・Iターン就活が自分に適しているかどうかは、「仕事と暮らしが補い合う関係になれるかどうか」という点を考えることが重要です。地方で就職した場合、都会に比べ遊ぶ場所やイベントが少なく、生活の利便性も低くなります。仕事のストレスをスポーツなどの趣味で発散したり、買い物はネット通販を活用するなど、仕事と生活の実際のバランスをイメージすることができるか考えてみましょう。

f:id:epb0804:20171011153006j:plain出典:写真AC

Uターン・Iターンなどの就職活動で苦労しやすい事とは

遠距離就職活動は、大都市圏で一斉に開催される選考とは異なる動きをしなければならないため、注意すべきポイントや苦労も多いのが現実です。特に、「移動時間」「金銭面」「スケジュール管理」「企業の情報収集」に関する苦労は、遠距離就職活動でほとんどの学生が味わっています。

遠距離就職活動では、内定を得るまで少なくとも1回、多ければ5回以上は就職を希望する土地へ足を運ばなければなりません。気になる企業が数社あり、何度もその土地を訪れなければならないときには、交通費や宿泊費など、金銭的な負担はかなり大きくなります。もちろん、就活の忙しい最中に行くわけですから、その移動時間も負担になることでしょう。
これらのことから、遠距離就職活動では、綿密なスケジュール管理が必要だということが分かるはずです。

では、なぜ「企業の情報収集」で苦労するのでしょう?

それは、大都市圏に比べて情報量が少なく、採用枠自体も少ないからです。近年では、インターネットの普及により、地方の企業でも現地に行かずに情報収集が可能になりましたが、それでも中小企業になると情報量も大手に比べて少なく、情報収集は難しいといえるでしょう。対策として、都内にある地方就職支援センターや大学のキャリアセンターなども、積極的に活用して情報収集してみるのがよいでしょう。

遠距離就職活動のスケジュール管理のポイント

遠距離就活を円滑に進めるためには、正確なスケジュール管理が重要です。

遠距離就活は説明会や面接に参加するために時間がかかるだけでなく、金銭面での負担も大きくなります。そのため、遠距離就職活動をするなら早めに決断して、効率的に会社説明会や面接などをまとめて受けられるように、スケジュール調整を行うことが重要です。
地方1本で就活を進めるのか、あるいは地方と大都市圏と並行して就活を進めるのかも含め、早めに就職活動の方向性を決めましょう。

就活のスケジュールは、3月に企業説明会やエントリーが開始され、6月から9月にかけて試験や面接などの選考が行われます。地方の企業も大都市圏の就活と足並みを揃える傾向にありますが、経団連に加盟していない地方の企業では、3月の解禁を待たずに企業説明会等を実施する企業も見られます。その一方、地方の企業の中には大都市圏より遅れて企業説明会等を開始する企業もあるため、事前によく確認した方がいいでしょう。

地方での就活は、何度も足を運ぶことがないよう、早めの情報収集が必要です。Uターン就職を歓迎する地方の企業の中には、春休みに企業説明会を実施することもあるので、そのようなチャンスを逃すことなくスケジュールを立てるようにしましょう。また、就職を希望する地を訪れた際には、その間に何をするのかも明確にし、効率的に進めるのがポイントです。地方と大都市圏の就活を並行する場合は、選考が重ならないようにスケジュールを組むことも忘れてはいけません。

効率的なスケジュールを組むことも重要ですが、負担を軽減し、疲れを残さないために、予定を詰め込みすぎないことも重要です。就活をするうえでは、精神的な余裕も重要なので、初めての場所に行くなら、移動時間を多めに見積もることが大切です。たとえ迷ってしまったとしても焦らないで済みます。また、会場に行かなくても、遠距離就活生向けのウェブ説明会を実施している企業もあるので、うまく活用するようにしましょう。

お金のやりくりも就活のうち?遠距離就職活動の節約術

次に、遠距離就活で避けて通ることができない「お金のやりくり」について、項目別に節約術をご紹介します。

・交通費
電車や飛行機には学生割引や若者対象の割引制度などが設けられ、格安でチケットを購入できる場合があります。電車やバスなどで一定区間の乗降が何度もできる「フリー切符」を利用するのもひとつの方法です。
また、高速バスや夜行バスは、電車より格安で移動できます。夜行バスなら宿泊費もかからないので、宿代を節約することもできるでしょう。ただし、長時間のバスでの移動は、体力が必要になるので、体調にも配慮しながら検討することをおすすめします。

・宿泊費
就活中は何度か地方へ足を運ぶことがありますので、宿泊費がかさみがちです。地方での説明会や選考で宿泊しなければならないときには、就活生向けに学割プランなどを提供しているビジネスホテルやシティホテルなどを利用すれば、経費の負担が減らせます。また、低価格でありながら、朝食付きや駅チカ、インターネット無料などのサービスを行っているホテルもあるので、活用すると良いでしょう。
同じ宿でもサイトによって価格が異なり、比較することによってよりリーズナブルな価格のプランが見つかることもあるので、インターネットで探すのがおすすめです。カプセルホテルやネットカフェの利用でも節約できますが、ゆっくり休めるかどうかは人によるでしょう。また、親戚や友人がその地にいれば、そこへ泊まらせてもらってもいいですね。

・飲食費
飲食費を節約するためには、無料または格安で利用できる「就活カフェ」も利用してみましょう。説明会や面接の空き時間に休憩できるうえ、飲食費も節約できます。充電や着替えなどができるところもあるので、行く先に利用できる就活カフェがあるかどうか、事前に調べておきましょう。また、出発日の食事用にお弁当を作って持っていくことも節約術のひとつです。

事前にしっかりスケジュールを立てて、遠距離就職活動を成功させよう

遠距離就活を成功へ導くポイントは、一般的な就活以上に早めに準備を始め、効率的にスケジュールを立てることが重要となります。旅費も必要になるので、計画の立て方に困ったときは先輩やキャリアセンターなどに相談しながら、就活を進めるようにしましょう。

関連リンク

Uターン就職希望者のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)
Iターン就職を考えている人のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20170929191553p:plain

著者:reisuke

人材派遣会社で数年間コーディネーターとして従事し、その後海外へ。現在は、ライター・翻訳者・日本語教師という3つの顔を持つ。政治・経済・教育を中心に幅広いジャンルで執筆中。