業界研究の本5選!業界研究におすすめの本と役立て方を教えます!

就活において重要とされる「業界研究」。何から始めればいいのか戸惑う方も少なくないでしょう。書店には業界研究の本が数多く並び、迷ってしまうかもしれませんね。そこで、業界研究におすすめの本と役立て方をお教えします!

【業界研究の本その1】「会社四季報」業界地図はオールカラーで読みやすい!

東洋経済新報社が発刊する「会社四季報」の姉妹書で、累計110万部を突破した最も売れている「業界地図」の1つです。業界ウォッチャーである「会社四季報」の経済記者によりアップデートされ、2017年版では173業界の勢力関係が図解されています。オールカラーで読みやすく、メインとなる地図の他、図表によるトレンド解説や業界の勢いが矢印(↑↓→)で記されるなど、動向を視覚的にとらえることができます。

就活生にとっては、各業界の企業を把握するだけでもかなりの労力ですが、業界地図には主要な企業の総資産や純利益なども掲載されているため効率的に情報を入手できます。さらに、各企業の業務上の協力・提携関係がわかるだけでなく、資本の結びつきも一目瞭然となっており、業界内で志望企業を絞り込むときに参考になるでしょう。また、志望動機を考える上でも役立ち、面接対策にもなります。もちろん、あらゆる業界について網羅されているので、業界の絞り込みにも役立ちます。中堅や売り上げが低い企業でも、特定分野では大手を抜いてトップということもあるので、数字だけでなく様々な視点から観察して、将来性のある業界や企業を絞り込むようにしましょう。

志望の企業が絞り込めた後は、「その企業に入社するための自分のウリは何か」を視野に入れて自己分析すると、志望動機も考えやすくなります。面接やエントリーシートの記入前には、最低でも「業界のカテゴリー」「業界大手3社」「業界内の企業間のつながり」は押さえておいた方がいいでしょう。

[1]業界地図 | 東洋経済
[2]https://store.toyokeizai.net/magazine/gyoukai/
[3]2017.8.27

f:id:hito-contents:20171102091702j:plain出典:Pixabay

【業界研究の本その2】「就職四季報 企業研究・インターンシップ版」でインターン情報をリサーチ

東洋経済新報社が発刊する「就職四季報」の新シリーズで、実質的な就活スタートともいえるインターンシップに特化した業界研究の本です。インターンシップをきっかけに企業・業界研究を始めたいと考えている就活生におすすめの1冊。インターンシップ先の企業を選ぶ際に、どのようなステップを踏んで企業・業界研究を進めるかが解説されています。

「なぜインターンシップが推奨されているのか」ということから始まり、就活生の必携本である「業界地図」や就活バイブル「就職四季報」の活用術も網羅。この1冊で、自然に業界や企業を見る目が養われます。また、主要880社のインターンシップ情報も含まれているため、企業・業界研究だけにとどまらず、実りあるインターンシップにつながるでしょう。

[1]就職四季報 企業研究・インターンシップ版 2019年版 | 東洋経済
[2]https://store.toyokeizai.net/magazine/shushoku_int/20170602/
[3]2017.8.27

【業界研究の本その3】「日経業界地図」は特集ページも充実!

日本経済新聞社が発刊する累計120万部突破のメジャーな「業界地図」です。業界を熟知した日経新聞の精鋭記者が執筆し、2017年版では180業界が図解されています。就活生が知っておきたい日本経済界のニュースやキーワードなどが冊子としてまとめられているため、面接前やスキマ時間に活用できます。また、「人工知能(AI)」「後発医薬品」など、今注目のテーマも丁寧に解説。さらに、今後の業界の動向が「業界天気図」として、晴れや曇りなどで予想されています。業界の現状だけでなく今後の動向予想も知っておくことは、面接への不安を減らすことにつながります。また、面接時に、「業界のことをよく研究している」という印象を与えられるでしょう。

「日経業界地図」の最大の特徴は、充実した巻頭特集。2017年版では、トップコンサルタントによる今後に向けた注目テーマの解説や、企業・業界研究の基本と「業界地図」の活用法など、就活生に役立つ情報が満載です。さらに、「働きやすい会社トップ200」も掲載され、志望企業の絞り込みなどにも役立つでしょう。

[1]日経業界地図 2017年版 - 日本経済新聞社|日本経済新聞出版社
[2]http://www.nikkeibook.com/book_detail/32103/
[3]2017.8.27

【業界研究の本その4】「図解入門業界研究」シリーズで業界の動向がよくわかる!

業界別に動向とカラクリがわかりやすく解説された業界研究書。1つの業界に特化しているため、すでに志望の業界が決まっている就活生におすすめです。シリーズには「金融」「不動産」「物流」「通信」「食品」「広告」「放送」など数多くの業界があり、それぞれの業界を掘り下げた内容となっています。例えば、「金融業界」には銀行、証券、保険、ノンバンクなどの形態がありますが、同シリーズでは各形態の現状をはじめ、業界の特性、業界再編・統合の実態などが幅広く盛り込まれています。就活時に業界の動向や問題点を把握しておけば、面接もスムーズに進むことでしょう。

また、さらに詳しく研究したい場合は、「銀行」「証券」「保険」というように細分化された業界シリーズがおすすめ。その他にも「電力・ガス」「医薬品」「コンテンツ」「航空」など多種多様な業界が揃っているので、ぜひ業界研究にお役立てください。

[1]秀和システム:あなたの学びをサポートするIT・ビジネス出版社です
[2]http://www.shuwasystem.co.jp/
[3]2017.8.27

【業界研究の本その5】「業界大研究」シリーズで基礎も実務も学べる!

産学社が発刊する業界別の研究書。「金融」「ホテル」「投資銀行」「印刷」「コンサルティング」「大学」と業界の数は少なくなっていますが、続々刊行される予定になっています。「図解入門業界研究」シリーズと同様に1つの業界に特化しているため、深く研究したい就活生や志望の業界が決まっている就活生におすすめ。また、2~3の業界に絞り込めている就活生なら、最終決断前の比較研究に活用してもいいかもしれません。最新情報や最新技術はもちろん、ビジネスの仕組み、業務、動向、歴史、将来像など、業界の基本も実務も学べるので、面接対策としても有効です。エントリーシートに記載した志望動機が受け売りではなく自分で考えたものであることが伝わり、さらに業界への熱意も伝わるでしょう。もちろん、業界の基礎も実務も理解していれば、より深い話ができることもプラスに働くはずです。

また、産学社には「産業と会社研究」シリーズもあり、こちらも業界研究に活用できます。「銀行」「広告」「建設」などの他、「IT・Web」「フランチャイズ」「塾・予備校」「人材サービス」など、比較的新しい業界も含まれています。業界の仕組みや最新情報だけでなく、各企業の人事部による採用データや求める学生のタイプなど、就活生が知りたい情報を提供。初任給や賞与などの待遇も比較できるので、企業の絞り込みに最適です。巻末には各社人事部が直接回答した最新の「企業データ」も盛り込まれています。

[1]業界研究・ビジネス書 | 産学社
[2]http://sangakusha.jp/sangakushajp/books/book-gyokai/49.html
[3]2017.8.27

業界研究の本を使って、志望業界について勉強しよう!

業界研究の本には動向やトレンドが盛り込まれ、使い方次第で就活の強い味方になります。業界について学ぶのはもちろん、業界・企業の絞り込み、面接対策など、就活に幅広く役立てることができるので、しっかり研究しておくことが重要です。また、毎年出版されるので、最新版をチェックするようにしましょうね。

関連リンク

業界研究書の掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20170822151216p:plain

著者:reisuke

人材派遣会社で数年間コーディネーターとして従事し、その後海外へ。現在は、ライター・翻訳者・日本語教師という3つの顔を持つ。政治・経済・教育を中心に幅広いジャンルで執筆中。