キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

【就パス~就活マイルールブック~】No.017 あさひさん(立教大学)

就活に成功した学生たちの、“生の声”をお届けする就活パスポート、略して「就パス」!内定獲得者が就活中に独自定め、実行していたマイルールのほか、実際のエントリー数や内定をもらった会社についても聞いてみました。未来のあなたの姿が、ここにあるかも!?

S
PASSPORT No.017
お名前/ Name
あさひさん
出身大学 / Graduated from
立教大学 観光学部
内定先 / Prospective employer
某大手不動販売会社
発行日 / Date of issue
19 OCT 2017
生年 / Year of birth
1995
性別 / Sex
F

就活中のマイルール、教えます!

飲む
全く違う業界で就活している友達とよく飲みに行ってました。情報交換って感じで話をしていたんですが、違う職種の話を聞くのは新鮮でしたね~。大体週2回くらいは確実に行ってましたよ。ストレス発散もかねて。ちなみに新橋、池袋周辺の飲み屋街によく行っていました!あっ、でも新宿のゴールデン街が一番面白くて好きです(笑)。
バイトをする
就活が始まると結構みんな忙しくなるから、バイトを辞める人が多かったんですよ。でも私はその逆で、バイトすることによっていろんな人と会話できるからすごくストレス発散にもなっていたし、仕事意識みたいなのが逆に強くて「絶対休みたくない!」って気持ちになってました。ちなみにバイトは某下町の展望台の総合受付サービス。特技は最短で目的地までのルートを教えることです(笑)。
歩く
就活は交通費で結構お金がかかるので、なるべく歩くようにしていました。東京駅周辺の企業は一駅、二駅ぐらいの距離なので、節約と気分転換も兼ねて東京駅で降りるようにしていましたね。でも本当のところは、歩いているときに新しい飲み屋を発見できるからっていうのが一番の理由かもしれないですね~。気になるとすぐ行っちゃうんですよ。

ここだけの話、教えます!

 
  • 1.エントリーした業界は?
  • 不動産業界、ビールメーカー、銀行、専門(鉄鋼)商社などです。
  • 2.その業界や業種を選んだ理由は?
  • 不動産業界は父がゼネコンで働いていたので、まず就活するなら近い業界から見ようと思ったのがきっかけですね。ビールメーカーはお酒が好きだったので!好きな銘柄の企業を選びました。面接で熱く語れるかと思って。一番好きなのはサッポロビールです!(笑)
    私は提案型の営業をしたいと思っていたので、“商品ありき”ではない企業へ行きたくて。人が求めているものを提案したかったので、最終的にはメーカーではなく、商社、銀行、不動産に魅力を感じていました。特に不動産業界は、物件を紹介するときはお客さんの要望をくみ取って提案ができる仕事ですよね。そんなところも魅力でした。
  • 3.エントリーした会社の数は?
  • 15社~20社です。
  • 4.その会社を受けた理由は?
  • 私が魅力を感じていた“目に見える提案の仕事”ができそうな会社だったからです。目に見えるというのはつまり、お客様の要望がわかる、そして具体的な提案を自分のアイデアから提供できるということ。アルバイト時代、実際に接客しながらお客さんの疑問に自分なりに答えられたとき、すごくやりがいを感じたので。エントリーした会社なら、お客さんと直に接することができるだろうと思えたんですよね。
  • 5.内定をもらった会社の数は?
  • 2社です。
  • 6.どの会社に内定をもらった?
  • 商社(鉄工)、大手不動産販売会社です。
  • 7.内定を承諾した会社は?
  • 某大手不動販売会社です。
  • 8.内定を承諾した理由は?
  • 1回目の面接が2時間もあって。いろいろ聞いてくるんです、私の歴史を聞いてくるような感じで…!最終的に私の考え方を理解して、くみ取ってくれながら話してくれたのが嬉しかったですね。
    実は面接で椅子を壊したこともあるんですが(笑)、そのときの面接官の方の対応も優しかったので、こういう人と働きたいなと思いました。イメージでは硬いかなぁと思った企業だったけど、実際は違っていて。自分のフィールドで話をすることができたので決めました!
  • 9.インターンはやっていた?
  • やってません!最初は、行くなら1月~2月がいいのかなって思っていました。早くからやっても途中で気持ちが変わったりするかもしれないと思ったんですよ。…と言いながら、最終的にはやりませんでしたけどね(笑)
  • 10.就活中のゲン担ぎはある?
  • 就活中、ずっとマツエクをしてました。高校3年生の頃からずっとやってたんですけど、その影響で地のまつげがボロボロになっちゃってて(笑)。それをカバーするために、更にまたマツエクをしてたんですけど、ちゃんとメイクした顔になるからか「化粧うまいね」って面接官に言っていただけるくらい引きが良くなりましたね。
    あとカラコンもしてました!眼科で買ったやつ。パッと顔が明るく見えるようになったんだと思うんですけど、これも印象は良かったです。バイトが下町の展望台で、接客をする仕事だったので、メイクの勉強はすごくしてました。ちゃんと化粧をしなきゃいけないって、そこで教えてもらいましたね。
  • 11.就活をしていて辛かったことは?その乗り越え方は?
  • バイトを2つ掛け持ちしていたので、ご飯を食べる時間がなかったこと!面接日はバイトのシフトに合わせて、企業側に日程を変更していただいたりもしました。
    ちなみに、つらいと言われがちな圧迫面接は、自分なりに楽しんでいました。苦手な面接官とかに対しては、「この人を笑わせてやろう!」という気持ちで挑んでいたから楽しかったです!その面接官の方と距離が5mぐらい離れていたときは、「私の想いと声、届いてますか~?」ってずっと心の中で語りかけてました(笑)

関連リンク

建設/住宅/不動産の就活情報・新卒採用クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)