就職活動の疑問!業界研究と自己分析、どちらから行うべき?

これから就職活動に臨む人の中には、業界研究、自己分析、どちらから行えばよいのかわからない…と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。業界研究と自己分析について、一般的な就職活動としての順序、注意点についてご紹介します。

一般的な順序は、「自己分析→業界研究(企業研究)」

(1)自己分析とは何か
たとえば自己分析をしていない今のあなたが突然面接試験に参加したとして、「あなたのアピールポイントは?」ときかれた場合、あなたは答えることができますか?恐らく、準備をしていない人の多くは答えられないでしょう。
自分を企業に知ってもらい、また売り込むためには、自分で自分のことをよく知っておく必要があります。このように、自分という人間について整理し、理解することを自己分析といいます。

(2)業界研究とは何か
メーカー、小売、金融などの業界別に、その企業の全体像をとらえるだけではなく、業界の将来性・成長性について調べ、比較・検討を行うことを業界研究といいます。業界研究では、複数の業界について調べる必要があるため、自己分析と同じくらいの時間を要する人が多いようです。

では、なぜ一般的に自己分析→業界研究という流れで行うのでしょうか。それは、自分という人間がよくわかっていない状態では、自分に合う業界、興味のある業界がわかりにくいからです。自分がどんな人間で、何をすることに向いているのかについて知っていれば、まったく適合しない業界について調べる必要はなくなります。効率的に、適切な業界分析を行うためにも、自己分析を先に済ませることが一般的になっているのです。

f:id:hito-contents:20171018170945j:plain出典:fotolia

業界研究を先にやったほうがいいケースとは

一般的な順序は、自己分析→業界研究ですが、例外的に業界研究を先にしたほうがいいケースもあります。たとえば自己分析をしても思うように進まなくて、志望動機が漠然としてしまう人は、業界研究を先に行ったほうがよいでしょう。自分がどのような人物かがわからないために就職活動が進まないのであれば、先にいろいろな業界を見て、自分の知らなかった業界、意外な面のあった業界を知ることによって、志望動機も固まりやすくなるからです。

志望動機は、そもそも自己分析+業界研究(企業研究)で成り立っています。
自己分析が進まないのであれば、先に業界研究を行うことで自分が見えてきて、結果的に志望動機も見つけることができるでしょう。そのため、業界研究→自己分析という順序でもまったく構わないのです。

業界研究を先に行うことで、「どうして自分はこの業界に興味を持ったのだろう?」というように、自己分析につなげていくこともできます。
たとえばサービス業に興味を持った場合、他者が喜んでいるところ見るのが嬉しい、「ありがとう」といわれた時の喜びが大きい、対「モノ」よりも対「人」のほうが好き、などのように、自分自身の特性を知ることができるかもしれません。

志望企業が決まっている場合は、業界研究より「企業研究」に注力する

自己分析と業界研究の順番について説明してきましたが、もしも志望企業が決まっている場合は、また順序が異なります。通常は業界研究を先に行いますが、志望企業が決まっているときは、まずは志望企業の企業研究を行い、その上で業界研究を行い、企業と業界を知った上で自己分析を行うのがよいでしょう。

特に企業研究に注力したほうがよいのは、あなたが志望する企業がいくつかに既に絞られている場合です。企業イメージ、待遇面、ネームバリューなど、研究する前から「ここがいい!」と思う企業が決まっている人も中にはいることでしょう。そのような場合は、企業研究を先に行い、志望企業の特徴を洗い出しましょう。

企業研究では、企業の経営理念、業績、社風などについて調べます。
この時、企業側の説明会の資料や公式webサイトだけに頼るのではなく、実際に勤務しているOB・OGの声をきくことが大切です。企業研究も、ただ会社の情報を収集するだけではなく、会社で働いている人の情報にも注目しましょう。

企業研究が終わったら、業界研究を行い、志望企業に類似した企業や業界(第2候補以降の企業)を探しましょう。その上で試験対策を行えば、無駄なく就職活動を進めることができます。業界研究を行う際には、日本経済新聞社の各種調査・ランキングが役に立ちます。志望企業のハッキリしている人は、このような各種調査を参考に、同業他社と比較してみると、より深い企業研究・業界研究を行うことができるでしょう。

自己分析や業界研究はいつまでに終わらせるべき?

業界研究にしても、企業研究にしても、ダラダラといつまでも続けていても内定にはつながりません。自己分析や業界研究(企業研究)を行うにも、自分の中で期日を設けて行うことが大切です。

具体的には、エントリーが開始される時期までには終わらせておく必要があります。
2019年に卒業する皆さんの場合は、2018年3月までがだいたいの目安です。

エントリー開始の前後には、次のような要領で就職活動を進めましょう。

【2月】業界研究、企業研究、自己分析がだいたい終わる
【3月】企業説明会、会社訪問
【4月】エントリーシート・履歴書などの応募書類を準備
【5月】採用試験開始

経団連(一般社団法人 日本経済団体連合会)によると、2019年卒生の就活について、例年同様6月に選考活動開始するとしています。しかし、これはあくまでも経団連に加入している日本の一部の企業についてのみの情報です。
経団連に加入していない企業については、4月・5月から選考がスタートしているのが現状です。選考が始まるとされている6月には、内定を出している企業も少なくありません。これらを考慮して、すべての準備は4月までに終えられていると、余裕を持って就職活動に臨むことができるでしょう。

業界研究を行うにあたって知っておきたい注意点

業界研究を行うには、以下のことに気をつけながら進めていきましょう。

(1)ゴールを自分で決める
業界研究に明確な「終わり」はありません。そのため、何も決めずにダラダラと業界研究をしていると、必要のない情報ばかりが残った…ということもあります。業界研究を行う際には、自分で「こことこことここを調べたら終わりにする」というゴールを設定することで、無駄のない業界研究ができます。

(2)できるだけ生の情報を収集する
書籍や新聞などの活字で調べることも大切です。企業が公にしている情報の他に、独自の視点で業界分析している書籍などもあるからです。しかし、業界研究をより実のあるものにしたければ、できるだけOB・OGなどに会って、直接現場で働いている社員の生の声を拾うことも大切です。書籍や新聞ではわからない、職場の雰囲気や、実際に勤務している社員だから知っている業界の動きなどについてもきくことができるでしょう。

セオリーに縛られないよう気をつけながら自己分析と業界研究を行おう

自己分析と業界研究は、「どの順番でやるのか」も大切ですが、もっと大切なことは、「何のために、何を掘り下げるか」ということです。自分の就活スタイルに合わせて、業界研究・自己分析を効率的に行いましょう。

参考

[1]一般社団法人 日本経済団体連合会
[2]http://www.keidanren.or.jp/journal/times/2017/0413_02.html
[3]2017.08.03

関連リンク

自己分析/ESの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

 

f:id:epb0804:20170818151904j:plain

著者:小室直子

臨床発達心理士
中級教育カウンセラー
東北福祉大学大学院修士課程卒業後、専門学校専任講師、大学の非常勤講師として心理学系科目の講義を行うかたわら、のべ200名の就職支援の経験を持つ。