面接=自分のCMだと思え!広告業界でよく聞かれる質問と回答例

広告業界での面接には何か特徴があるのでしょうか?実は採用担当者が聞きたい本音、見ているポイントが存在します。予めそれらがわかれば対策を立てやすいはずです。ここでは広告業界の面接でよく聞かれる質問や回答例を紹介します。

【面接前に知りたい】広告業界に向いている人が持っている特徴3つ

(1)粘り強さ
広告の仕事は広告の企画案を作成してからが本番です。作成した企画案を元にクライアントとの打ち合わせを行い、OKが出るまで書き直しの繰り返しです。クライアントからするとその広告で売上や集客に決定的な差が出るため、よほど最初から良い案でない限り簡単にOKは出せません。シビアな判断が下されると認識し、粘り強く対応していく必要があります。合わせて、諦めとこだわりのバランス感覚が良いことも求められます。

(2)時間管理の意識がある
惰性は仕事の大幅な遅れに繋がります。自分の仕事をこなすだけでは完了しないのが広告業界です。1つの広告はリレーのように複数の部署をまたぎ、多くの人の手によって形をなしていきます。他セクションへの納期進捗、影響範囲を視野に入れて業務を遂行し、時間管理の意識は常に持ち合わせていなければなりません。

(3)発想力
発想力は日々の勉強で培われるとも言えます。広告には多くのパターンがあり、指定されたテーマに基づいて作成しなければいけない広告もあれば、必要な言葉をいくつか指定され、後は作り手が自由に作成できる広告もあります。そこで重要なのはアイデアの引き出しを多く持つということです。普段から雑誌やテレビなどの広告を見て、デザインを吸収しておくと、レイアウト(配置)やキャッチ(言葉)、またはそれらの掛け合わせなど、発想力を鍛えることができます。

この3つの特徴を伝えるエピソードを自己PRなどに含め、面接でも伝えられるよう準備をしましょう。例えば粘り強さはストレス耐性を伝えることもできますし、学校やアルバイトの無遅刻・無欠席は時間管理なくしては達成できません。業界の特徴に合わせた就活対策を行うことが重要です。

f:id:hito-contents:20171019144217j:plain出典:写真AC

面接で採用担当者が見ているポイント3つ

広告業界ならではの下記3つの評価ポイントを押さえて、面接対策を行いましょう。

(1)予想外の質問に対する、答えと考え方を持っているか

広告業界の面接では業界問わずよく聞かれる三大質問(自己PR、志望動機、学生時代頑張ったこと)以外にも、想定外の質問が飛んでくる可能性が高いです。想定外の質問をされた時でもアドリブで乗り切れるように、日ごろから論理的な思考をするように心がけましょう。友人や教師との普段の会話の中でも、「なぜ自分はそう思うのか」「なぜ相手はこう主張しているのか」というように、「なぜ」を自問し筋道立てて考える癖をつけておくと、想定外の質問に慌てることも少なくなるでしょう。

(2)企画力や発想力はあるか

広告業界では発想力を試す質問がよく出されます。クライアントが納得する提案や広告に載せる斬新な言葉など、アイデアが重要な業界なので面接でもここは重視されます。
例えば、「今誰を取材したいですか?その人への質問を3つ」という質問は実際に聞かれた質問です。「誰に、何を、なぜ聞きたいのか」を理由も含めて瞬時に回答できるかどうかで、発想力があるかどうかを見ています。

(3)コミュニケーション能力

広告主とユーザー(消費者、読者)を、広告を使って繋ぐのが広告業界の仕事です。そのため、相手の立場に立って考え抜く想像力を駆使したコミュニケーション能力がなければ、広告主の意図を汲み取った企画を制作することは困難だと言えます。また制作を行う上で常に価値観の違う人々との折衝も大切な仕事の1つです。その中でチームワークを乱すことなく、業務を遂行するためにもコミュニケーション能力は重要なポイントです。面接では、面接官の質問の意図を読み取り、面接官の反応を観察しながら、相手が聞きたいと思っていることを的確に話しましょう。企業研究を通して見えた、その企業が求める人物像に近づけるような回答ができると良いです。

広告業界は特に3つめの「コミュニケーション能力」を重視する傾向にあります。「コミュニケーション能力」とは、想像力、引き出す力、聞く力、伝える力などを合わせた能力のことです。つまり、「ユーザーやクライアントが抱えている課題を想像すること」「クライアントのニーズを引き出し傾聴すること」「ユーザーやクライアントが持つ課題に対する解決策を、広告を通して適切に提示できること」が可能な人材を求めています。

広告業界の面接でよく聞かれる質問例とその意図

広告業界は、アイディアや発想で人の心や社会を動かす仕事です。よって面接官も学生がそれができる能力があるかどうかを見極めるための質問をしてきます。面接官は発想のプロですから、回答集にあるような答えでは突破できないことを押さえておきましょう。

「チームとしての責任感を持っているか」を確かめる質問

「自分以外の人のミスでクレームを受けました。どのように対応しますか?」
この質問には、「たとえ自分がミスしていなくとも、チームとしての責任感を持って改善に取り組めるか」を見ようという意図があります。1つの広告は個人ではなくチームで作り上げるということを前提として、チームにどう働きかけて対応するのかを答えるとよいでしょう。

「企画力や発想力があるか」を確かめる質問

「あなたの座っている椅子に簡単なキャッチコピーをつけてください」
広告にはリズミカルな謳い文句が必要です。このような突拍子もない質問に対して、とっさの閃きで的確なキャッチコピーをつけられることは、柔軟な発想力を持っていると評価されます。

「営業能力があるか」を確かめる質問

「OB訪問の数は何人ですか?」
広告業界において、OB訪問の数は評価のポイントです。広告業界はフットワークと人脈が命だと言われていますので、入社後の営業活動よりもハードルが低めで、「学生」というブランドが活かしやすいOB訪問で人脈形成ができないようでは、採用後の期待は薄いと判断されます。多すぎる必要はありませんが、最低でも「5人」以上で答えるようにしましょう。

「継続力があるか」を確かめる質問

「学生時代に頑張ったことは何ですか?」
広告業界の場合、頑張ったことを「粘り強さや根性を見たい」という目的があります。単発の経験よりも継続的に取り組んで困難や喜びを得られた経験だと説得力が増します。

感性を見られる質問

「今までで一番印象に残っている広告は何ですか?」
どんな部分に惹かれたのか、何が印象的だったのかを具体的に伝えましょう。それがあなた自身の感性・センスを伝えることにつながります。

面接で採用担当者を惹きつける回答例

●「自分以外の人のミスでクレームを受けました。今後どのように対応しますか?」
例:なぜその人がミスをしたのか、どうすれば防げたのかをチームで議論し、対策を考えます。なぜなら、ミスをした人の責任を問うことよりも、その人や他のメンバーが同じミスを繰り返さないようにすることに時間を使った方が有益であると考えるからです。
→「仕事はチームで進めるもの」という前提を踏まえて、チームで挽回するためにはどうすればいいかをもとに答えるとよいでしょう。

●「あなたの座っている椅子に簡単なキャッチコピーをつけてください」
例:「学生の人生を決める大舞台」です。なぜなら、多くの学生がこの椅子に座って自分をアピールし、人生の大きな分岐点となる面接に望んできたと考えたからです。
→標語などにもよく使われる七五調を意識し、理由とセットで答えられれば、柔軟な発想力を存分にアピールできるでしょう。

●「OB訪問の数は何人ですか?」
例:5人のOBの方にお会いし、どのようなお仕事をしているのか、どういった想いを持って取り組まれているのかなどのお話を伺いました。その中でも〇〇様の「クライアントの先にいるユーザーさんの笑顔を作っている」というお話が大変印象に残っています。私も〇〇様のような存在になり、広告を通して世の中の人々の笑顔を作りたいと思っています。
→ただOB訪問をしたというだけでなく、話を聞いてどう感じたか、何を考えたのかが伝えられると、営業力だけでなく目的意識の高さも印象付けることができるでしょう。

●「学生時代に頑張ったことは何ですか?」
例:サークルの副部長として部をまとめたことです。50人いるバトミントン部の副部長として、ミーティングの進行等を担当していました。部員全員と意思疎通を図るため、練習では必ず違う後輩とペアを組み、固定のペアにならないよう取り組みました。メンバーと信頼を築くには日ごろからコミュニケーションが大切だと感じました。
→継続して頑張ったことを通して自分の学びも伝えるとより印象に残ります。

●「今までで一番印象に残っている広告は何ですか?」
例:御社が制作したシチューのCMです。ゆったりと流れる音楽の中で、映像と文字だけが交互に切り替わり、音声がないのに頭の中で音声が響いていました。見ているだけで食欲をそそられる作品で、自分もこのようなCMを作りたいと思ったことを憶えています。
→志望企業が制作したCMを挙げ、志望の熱意をアピールします。相手から聞かれたらもっと答える、他のCMも挙げるなど、引き出しの多さをPRすることが重要です。

広告業界の面接で受け答えするときの考え方のコツ4つ

(1)各社のカラーを明確に理解しておく
どの業界でも言えることですが、広告業界とひとくくりに言っても、会社ごとに経営理念や経営方針・事業に対する姿勢などのカラーが違います。総合広告会社なのか、専門広告会社なのかでも大きく異なります。企業研究を行い、事前に各社のカラーは頭に入れておきましょう。

(2)日常的にCMや広告の背景・意図を考えるようにする
各CM・広告が、どれくらいの世代ををターゲットにしているか、どういうライフスタイルの人を狙っているのかを考えながら見ると、テレビのCMはよく作りこまれていると気付きます。そして何故この商品がCMとして今放送されているのか、自分ならどうPRするだろうかということを考えてみましょう。

(3)ストレス耐性を見るための質問だと理解する
広告業界の面接官は言葉を扱うプロです。答えにくい質問や揚げ足を取るような質問は、答えるのに精神的に疲れますが、その質問を通してストレス耐性を見ています。決して意地悪ではないので、感情的にならず誠実さを心がけましょう。

(4)自ら考え動けるアピールになっているか
広告業界は自分から行動していく積極性が求められます。自己PRや志望動機に積極性や行動力をアピールできる内容を入れましょう。可能であれば、チームのリーダーとして積極的に行動して人を動かし、成果を出したエピソードを語れるとよいでしょう。それが答えらえると、積極性だけでなく責任感を持っていることのアピールにもなります。

広告業界の面接ではとっさの発想力もポイント

他社で問われる同じような質問でも広告業界では見ている視点が違います。特に答えにくい質問の場合、とっさの発想力や自分なりの伝え方ができるかどうかとい点もチェックしています。日ごろからCMや広告を見てアイデアの引き出しを増やし、「自分ならどう考えるか」を意識して面接に臨みましょう。

関連リンク

広告の就活情報・新卒採用クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)
面接/試験/資格の掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記) 

f:id:hito-contents:20170726103808j:plain

著者:藤信 明憲(ふじのぶ あきのり)

GCDF-Japan キャリアカウンセラー資格所有
私立大学でキャリアカウンセラーとして勤務。大学在籍時は、就職相談の他、合同説明会の運営リーダーを担当し、各種就活対策セミナー講師としても年間50本以上の登壇を行う。リピート指名ナンバーワンの実績を誇り、何よりも傾聴を心がけている。
現在はフリーランスで、学生や社会人へのカウンセリング、次世代社長や大人向けの勉強会のファシリテーターや講師を行う。