【就パス~就活マイルールブック~】No.011 Sさん(慶應義塾大学)

就活に成功した学生たちの、“生の声”をお届けする就活パスポート、略して「就パス」!内定獲得者が就活中に独自定め、実行していたマイルールのほか、実際のエントリー数や内定をもらった会社についても聞いてみました。未来のあなたの姿が、ここにあるかも!?

S
PASSPORT No.011
お名前/ Name
Sさん
出身大学 / Graduated from
慶應義塾大学
内定先 / Prospective employer
組織コンサルティング会社
発行日 / Date of issue
12 OCT 2017
生年 / Year of birth
1992
性別 / Sex
M

就活中のマイルール、教えます!

運動する
定期的に運動していましたね。家の近所をウォーキングしたり、ランニングしたり。大学にジムがあったので、日頃から筋トレもしていました。汗をかくとスッキリするんです。あとは、スティーブ・ジョブズがウォーキングしながらアイデアを考えていると聞いたので、僕も運動しながら就活にまつわるアイデアを考えていました!
友達と話す
就活はとにかく孤独を感じやすいので、友達と話す時間を大事にしていました。単純に楽しいことを共有することも大事ですし、人と話すことによって自分の思考回路が整理されるって本当によくあるので、就活生の同期はもちろん、社会人の先輩や、同じサークルの後輩ともよく話していました。
早寝早起きを心掛ける
就活中って色々悩むことが多いと思いますが、そういう時だからこそ睡眠を大事にしました。遅くまで起きて作業するのは肉体的にも精神的にもよくないです。僕は大学生活中、規則正しい生活はあまりできていなかったのですが、就活では一念発起して早寝早起きを頑張りました。実際頭の働きなどが驚くほど良くなりましたし、もちろん説明会や選考等に遅刻するなんてこともありませんでした。「早起きは三文の徳」は本当だなと実感しました。

ここだけの話、教えます!

 
  • 1.エントリーした業界は?
  • 就活当初は消費財、化粧品などでした。途中からコンサル、人材にシフトしていった感じです。
  • 2.その業界や業種を選んだ理由は?
  • 大前提として重視していたのは、人に関わっていく中で何か価値を与えることでした。
    中学校3年生の時の担任の先生に「ぱっとしない顔だな」と言われたことがあって、その時に「だったら自分は化粧品を通じて人にポジティブな生き方を与えられる人になりたい」と強く思ったのが化粧品に興味を持つ最初のきっかけでした。(笑)
    その後、モノに頼って変わることよりも、自分自身が関わることで人が変わる瞬間を見たいという気持ちが強くなり、人材やコンサルの業界に志望を変えました。人を変えることが連鎖的に広がることで、社会の歯車が変わるという大きな可能性を感じましたね。
  • 3.エントリーした会社の数は?
  • 10社くらいです。
  • 4.その会社を受けた理由は?
  • その会社の理念に共感でき、かつ会社の風土が自分に合っていたからです。会社全体の風通しもよく、自分自身の意見もしっかりと反映されるような雰囲気に、非常に共感が持てました。特に社風に関しては、実際に社員さんと話していく中で感覚を掴んでいきました。
  • 5.内定をもらった会社の数は?
  • 4つです。
  • 6.どの会社に内定をもらった?
  • ごめんなさい。それは内緒です!
  • 7.内定を承諾した会社は?
  • 社名は言えないのですが、組織コンサル系の会社です。
  • 8.内定を承諾した理由は?
  • 自分のやりたいことと、その会社の理念、事業が一致したからです。加えて、社員さんの活動などを見て、会社の理念が浸透しているか、会社として一つの方向に向かっているかで判断した中で、自分が最も納得感を得たからです。
  • 9.インターンはやっていた?
  • はい!短期は冬に2つ、夏に1つやっていましたが、一番お世話になったのは長期インターンですね。
  • 10.インターン先の会社名は?
  • 具体名は避けますが、IT系の企業です。主に営業と、プログラムのチェックを行なっていました。このインターンシップでは、ビジネスというものに触れてみて、社会人としての意識のあり方などを学ぶことができました。
  • 11.就活中のゲン担ぎはある?
  • 「お気に入りのネクタイをする」です!慣れ親しんだネクタイで、気持ちを引き締めていました。学生の時はネクタイをつける機会があまりないので、ネクタイを就活モードに切り替える1つのスイッチとして使うというのは、様々な学生さんが行っているようです。数本、お気に入りの勝負ネクタイを用意しておくのも良いかもしれませんね。
  • 12.就活をしていて辛かったことは?その乗り越え方は?
  • 先が見えないことでした。受験と違っていつゴールが来るかわからないし、それが自分にとって正しいゴールなのかがわからなくなりました。そういう時は、それでも諦めずに自分と向き合うようにしていました。自分で勝手に結末を作らず、こまめに自己分析したりすることで、最後の最後まで自分が納得できるものを思考することができました。

関連リンク

コンサル/シンクタンクの就活情報・新卒採用クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)