キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

【就パス~就活マイルールブック~】No.009 草野祥太さん(慶應義塾大学)

就活に成功した学生たちの、“生の声”をお届けする就活パスポート、略して「就パス」!内定獲得者が就活中に独自定め、実行していたマイルールのほか、実際のエントリー数や内定をもらった会社についても聞いてみました。未来のあなたの姿が、ここにあるかも!?

9
PASSPORT No.009
お名前/ Name
草野祥太さん
出身大学 / Graduated from
慶應義塾大学 大学院
内定先 / Prospective employer
大手不動産会社
発行日 / Date of issue
05 OCT 2017
生年 / Year of birth
1993
性別 / Sex
M

就活中のマイルール、教えます!

日記的なノートをつける
大体の就活生は説明会の内容等を自分のノートにメモをしていると思います。私はそれとは別に自分が考えていることを書き留めておくノートを作っていました。就活中は様々な企業や社会人の話を聞く中で、毎日のように自分の考えていることが変わっていくこともありました。日記的に感じたことを書いておくことで、そのように目まぐるしく考えが変わっても過去の自分と今の自分を比較して、客観的に自分を見直す良い機会になったかなと思います。
たくさんの社員と話す
企業理念や事業内容も大切ですが、その企業の社風が一番現れるのが社員だと考えていました。なので、志望度が高い企業に関しては、全て3人以上の社員に会うと決めていました。社員と話した印象で「いいな」と思った企業もあれば「思っていたのと違うぞ」と感じる企業もあり、社風を自分の肌で感じることができたのではないかなと、今振り返ってみて思います。
妥協しない
後悔がある就活は絶対に避けたいと考えていました。そのため「まーいっか」という妥協をしないことを自分のルールとしていました。理由としては、入社後に「なぜこの会社に入ったんだろう」と思いたくなかったからです。自分が納得いかないことはとことん突き詰めました。なぜこの会社なのか?他の会社と比べて良いところは?自分の性格は?理想の働き方は?など自分で考えるのもそうですが、先輩や同期に質問し妥協をせずに納得のいく就活を心がけました。

ここだけの話、教えます!

 
  • 1.エントリーした業界は?
  • 主にゼネコン、ハウスメーカー、ディベロッパーです。
  • 2.その業界や業種を選んだ理由は?
  • 自分の専攻が建築の意匠系であったこともあり、将来は建築に関わる仕事をしたいと考えていました。ゼネコン、ハウスメーカー、ディベロッパーを主に見ていたのですが、その中でもより”まちづくり”に関わりたいという思いから総合ディベロッパーを第一志望としていました。
  • 3.エントリーした会社の数は?
  • ゼネコン、ハウスメーカー、ディベロッパーを中心に20社ほどエントリーしました!
  • 4.その会社を受けた理由は?
  • 将来は大きい仕事(まちづくり)をしたいと考えていたので、大手の企業を中心に見ていました。また、まちづくりでもより幅広いことに携われる企業を選び、なおかつその中でも社員訪問や説明会を通じて質問をし、裁量権が大きそうな企業を選ぶ、という企業選びをしていました。
  • 5.内定をもらった会社の数は?
  • 2社です。
  • 6.どの会社に内定をもらった?
  • 大手建設会社と大手不動産会社です。
  • 7.内定を承諾した会社は?
  • 大手不動産会社です。
  • 8.内定をもらった時期は?
  • 2社とも6月の初旬です。
  • 9.内定を承諾した(表向きの)理由は?
  • ・社員訪問で人柄の良い社員が多いと感じたから
    ・自分のことをしっかり評価してくれたから
    ・若いうちから様々なことを任せてもらえ、大きな仕事ができる会社だから
  • 10.内定を承諾した(裏の)理由は?
  • ・この会社の肩書きを使えば合コンでモテそうだから
    ・給与の待遇が良く、新卒社員でもしっかり稼ぐことができそうだったから
    ・福利厚生がしっかりとしていたから
  • 11.インターンはやっていた?
  • 2社のディベロッパーのインターンをしました。面接の経験を増やそうと思い、12社くらいのインターン選考を受けました。
  • 12.インターン先の会社は?
  • 野村不動産とヒューリック株式会社です。
  • 13.就活中のゲン担ぎはある?
  • 大事な面接前にはレッドブルを飲むようにしていました。最初はなんとなくレッドブルを飲んいて…それで面接に受かり出してからは、まさにゲン担ぎのように飲むようになりました。さすがに1日に1回でしたが!(笑)
    あとは面接の前日に自分の家の大きなモニターで好きなアーティストのPVを大音量で聴いて、今までの失敗や経験の感傷に浸ってました。それで明日への気持ちを高めていましたね。
  • 14.就活をしていて辛かったことは?その乗り越え方は?
  • 一番辛かったのは第一志望に落ちたことです(笑)。それ以外は基本的にあまり辛くはなかったです。就活を通じてできた友達は今でもバドミントンや飲み会をする仲ですし、人生の幅が広がったので就活をやってよかったなと思っています。
    あとは、就活生あるあるだと思うのですが、ESを書くのはやはり辛かったです。乗り越え方としては友達や家族などに壁打ちしてフィードバックをもらい、できるだけ汎用性の効くような自分の型のようなものを作り、どんな企業にも対応できるようなパターンを最初にしっかり作っておくことですかね。

関連リンク

建設/住宅/不動産の就活情報・新卒採用クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)