就職活動を勝ち抜く!一般常識試験の傾向と対策を知っておこう

採用試験では適性検査や筆記試験を行う企業が多くあります。特に、一般常識試験は普段あまり受ける機会がないため、不安に思っている学生も多いことでしょう。そこで、それぞれの教科ごとの傾向と対策などをご紹介します。

就職活動で行われる試験の主な種類

採用試験は一般的に、エントリーシート→WEBテスト・筆記試験→一次選考という流れで実施されます。
WEBテストや筆記試験はエントリーシートと同じような位置付けで、選考基準に満たない学生をふるいにかけるために用いられるケースが一般的です。採用試験で用いられる試験は「適性検査」と「一般常識問題」に分けることができます。

適性検査は主に知的能力やパーソナリティを測るツールで、代表的なものに、リクルート社の「SPI」、日本エス・エイチ・エル社の「玉手箱」・「CAB」・「GAB」、ヒューマネージ社の「TG-WEB」などがあります。これらは、言語テスト(国語・英語)、非言語テスト(算数、理科、法則性、暗号など)、性格検査から構成されています。
性格検査は自分の行動や思考パターンを選択肢から選ぶ形式ですが、言語や非言語テストで高得点をマークしようと思ったら、対策テキストなどで練習したほうが良いでしょう。

一般常識問題は、文字通り一般的な教養や社会常識を測るために実施されます。国語、英語、社会、数学、理科の5教科に加え、文化問題と時事問題があるのが特徴です。
難易度的には中学校から高校レベルですが、社会人としての一般常識という位置付けなので、基礎的なことが中心となります。

▽就活テストに関するリンクはこちら
就活テスト(Webテスト)のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20171005101838p:plain出典:写真AC

【主要5科目】就職活動における一般常識試験の傾向と対策

文系科目は国語、社会、英語の3科目、理系科目は理科、数学の2科目で、企業によってはこの中から数科目選んで出題されることもあります。レベル的には小学校から高校程度と考えておくと良いでしょう。
中学から高校までとなると出題範囲はかなり広くなるので、不安に思うかもしれませんが、応用問題や専門的な問題ではなく、基本的な問題が中心になります。科目ごとの出題傾向を把握して、ポイントを絞った対策が必要です。たくさんの問題集をするよりも、1冊を重点的に学習するやり方をすると良いでしょう。

国語は言語能力を問う問題が中心です。漢字、四字熟語、同音異義語、対義語、ことわざや慣用句、敬語の使い方を集中して学習しましょう。
英語は、長文読解よりも日常英語や作文などが中心です。単語や熟語、文法の復習とともに、時事英語もチェックしておきましょう。
社会は、政治・経済、地理、歴史、国際・世界情勢など広範囲に亘ります。どちらかというと国内のことが中心ですが、国際会議や国際機関、世界経済や世界史についても押さえておきましょう。特に、社会保障問題や環境問題などは頻出の傾向があります。
次に理系科目ですが、理科は化学・生物・地学・物理の基礎をしっかりと復習することが大切です。数学は、四則演算や平方根の計算、因数分解、方程式、関数などは頻出傾向にあります。その他もまんべんなく主題されるので、公式などはしっかりと復習しておきましょう。

▽試験対策に関するリンクはこちら
筆記試験対策のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

【文化問題】就職活動における一般常識試験の傾向と対策

一般常識問題の「文化」は、国語や歴史、時事問題などと被っている分野もありますが、文学、文化、美術、音楽、スポーツ、芸能など広範囲に亘っているのが特徴です。普段から新聞やテレビなどをよく見ている人やクイズが好きな人にとっては、得意分野といえるかもしれません。文化問題は出題範囲が非常に広く、短期間で網羅することは難しいため、要点を押さえて学習すると良いでしょう。

文学は著名な作品の作者や概要を、美術は絵画や建築物の作者や様式などを、音楽は主な作品の作者を、国別や年代別に押さえておきましょう。歴史的な背景、思想や宗教などとも深く関わっているので、合わせて確認しておくことをおすすめします。
文化、スポーツ、芸能は、世界遺産をはじめとする文化遺産、オリンピックの年代や開催場所、話題になった選手、主要な映画祭や話題になった作品、文学賞などを重点的に見ておくと良いでしょう。

学習方法としては、市販されている一般常識問題集の他、スマートフォンのアプリもおすすめです。アプリは無料で利用できるものも多いのでチェックしてみましょう。歴史的な分野やそれほど変わることはありませんが、文化、スポーツ、芸能などは新しい要素が追加されることも多いので、できるだけ最新の問題を解くのがおすすめです。

【時事問題】就職活動における一般常識試験の傾向と対策

時事問題は採用試験で取り上げる企業が多いため、きちんと対策をしておくことが大切です。時事問題の範囲は、政治・経済や国際情勢だけでなく、自然や環境、科学・技術、社会や日常生活、文化や芸能、スポーツなど多岐に渡ります。そのトピックスの大まかな内容の他に、特定の時事問題に対する個人の意見を問われる場合も多くあります。
時事問題は新聞やニュース、テレビなどメディアに取り上げられるトピックスが中心です。そのため、就活の選考が始まる1年くらい前から、新聞やニュースなどをチェックしておくことがいちばんの対策です。毎日、新聞(一般紙)にひと通り目を通すのがベストですが、時間がない時は夜のニュース番組やネットニュースだけでもチェックしておきましょう。毎日チェックしていると、よく出てくるワードに気付くはずです。そのワードが「時事用語」と呼ばれるもので、時事問題に頻出されます。気になるワードはその都度調べておきましょう。さらに、その問題についての自分なりの考えをまとめておくと面接対策にもなります。

例えば、2017年上半期であれば、アメリカ大統領選やトランプ大統領の話題、豊洲移転問題、森友・加計問題や自民党議員の不祥事、稀勢の里の横綱昇進、カジノ法案・共謀罪法案の可決などがあります。また、日米・日中・日韓・北朝鮮問題や沖縄基地問題などは常に取り上げられやすい話題なので、押さえておくようにしましょう。

就職活動での一般常識試験当日の過ごし方

一般常識試験の多くは、会社や企業側が用意した別会場などで受けることになります。前日までに、会場の場所、アクセス方法、持ち物や注意事項などを再確認しておきましょう。服装はスーツが望ましいです。例え、「服装自由」という記載があっても、スーツで行ったほうが無難でしょう。

試験はマークシートの場合もあるため、シャープペンだけでなく必ず鉛筆も用意するようにしてください。その他、消しゴム、ボールペンやインクペン、マーカーなどひと通りの筆記用具を複数、持っていくと安心です。その他の持ち物は案内に記載されていますが、受けるテストによっては電卓の使用を認めている場合もあります。また、腕時計も忘れないようにしましょう。

試験当日は、万一のことも考えて余裕を持って行動することが大切です。会場近くには30分前くらいに到着するようにし、トイレや身だしなみのチェックをしてから10分前くらいまでに受付を済ませましょう。試験が始まる直前に緊張しているようであれば、数回の深呼吸(腹式呼吸)や、首を回す、肩の上げ下ろし、足首を回すなど、座ったままで軽く体を動かしてみても良いでしょう。

試験の手順は担当者の指示に従います。問題を時間内に解き終えても、指示がない限り退出したりしないようにしましょう。

就職活動の一般常識試験への準備はしっかりと

一般常識試験で足切りにあわないためには、最低でも6割程度の正解率は欲しいものです。時事問題に強くなるには、普段からニュースに関心を持ち、自分の意見を持つことが大切です。基本的に難易度はそれほど高くないので、各科目の傾向を把握し、問題集などでしっかりと対策をした上で試験に臨みましょう。

関連リンク

筆記試験が苦手のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)
筆記試験対策のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)
就活テスト(Webテスト)のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)
楽天みん就 求人サーチ - 新卒・インターン・アルバイト・転職の求人検索サイト

f:id:epb0804:20170818161629j:plain

著者:福田 結希

人材コンサルティング会社に約8年間所属。主に、新卒採用試験(主に集団面接、グループディスカッション・プレゼンテーションなどの評価)、企業研修等でのコンピテンシーアセスメント等に関与していました。