面白いと思われたら勝ち!オリジナリティのある志望動機を書くコツ

人気企業ともなると、ライバルが1万人を超えることも!他の就活生と差をつけるためには、採用担当者の印象に残る「志望動機」を書くことが重要です。ここでは、心を掴む、インパクトのある志望動機を書くコツをご紹介します。

どうしてテンプレのようなオリジナリティのない志望動機になってしまうのか

採用担当者が「また来た」「テンプレだ」と感じる志望動機には特徴があります。それは「テンプレ3大キーワード」が散りばめられたエントリーシートです。

テンプレ3大キーワード

  1. 理念
  2. 社会貢献
  3. 成長

「企業理念に共感しました」「社会貢献に惹かれて」「成長できそうだと感じました」。
新卒採用を行っていると、こんなエントリーシートを山のように見ます。もしかしたら、身に覚えがあるかたもいるでしょう。でも、なぜこの志望動機はダメなのか分かりますか?

あなたは多分、その企業を本当には好きではない

3大キーワードを使う学生の多くは、本心からその企業を好きではありません。と言ってしまうかたと「いいや、ちゃんと好きだ!」というかたもいるでしょう。その場合は「好き」の伝え方が間違っているのです。
本気で相手が好きなことを伝えるなら「あなたのここが具体的に好きだ」「自分もこういう経験をしたから深く共感できる」と、好きな「部分」「根拠」をたくさん挙げられるはずです。例えば、

・「企業理念」になぜ共感したのか?
記入例)「自分はお婆ちゃん子でした。人生の大先輩であるお年寄りが、生き生き過ごせる日本であってほしいと思った経験から、貴社の高齢者が夢を持てる社会という理念にとても共感しました」

・「社会貢献」は一般的には余剰のお金で行うことで、企業の主活動(=事業運営)ではないが、主活動には興味がないのか?
記入例)「自分が幸せである人こそ、周囲を幸せにできると思います。貴社の植林活動も、ビジネスが潤滑だからこそ周りに価値を与えられる。私自身、まず自分が社会人として求められることを達成した上で、更に周囲を明るくできる存在でありたいです」

・「成長」とは、具体的にはどんな人になりたいのか?またその理由は何か?
記入例)「5年後には○○分野ならあの人に話を聞こうと誰もが最初に思い浮かべる存在になりたいです。その理想像を達成するために、同期No.1など小さなタイトルを地道に重ねていきたいです」

3大キーワードに触れていても、上記のような内容をきちんと説明できていれば相手は「だから自分が好きなんだ」と納得できます。しかし安易に「企業理念に共感して」とアピールするのは「何となく、あなたが好きだ」と言っているようなもの。「好き」が浅いのです。

f:id:hito-contents:20171005093344j:plain出典:写真AC

差がつく志望動機の書き方1:企業に対して「面白い」と感じた部分を言語化する

なぜその企業に興味を持ったのか、自分の感情に素直になって企業の「好き」「面白い」を探すのが志望動機づくりの第1歩です。他人がどう思うか、採用担当者に何を言えばウケるかは関係ありません。まずは自分自身がその企業のどこを愛せるのか、深く企業を観察することが大事です。

「面白い」を整理し、伝えるテクニック

1.今から「過去」「未来」を考える
今その企業について面白いと思ったポイントをもとに「どこが面白いと思ったか」「なぜ自分はそう思う人物なのか」を過去の経験から振り返ります。また、その面白さを満たすために「その会社でどんな人物になりたいか」という未来も考えてください。この過去・今・未来に軸ができれば、その会社を志望する大きな太い根拠が生まれます。

2.過去・今・未来を一本の具体的なストーリーにする
「過去○○という経験をしたから、今この企業に出会って○○が面白いと感じた。未来はこのやりがいをより味わうため、○○職で○○の価値を出したい」などと一本のストーリーに整理し、記述します。とくに「未来」の想像は学生にとっては難しく、強い思いがないと描きにくいので、志望度の高さをアピールすることができます。

ただ、学生にとってビジネスはあまり身近ではなく、事業や仕事内容を聞いても共感できないケースが多いでしょう。そこでオススメなのが、説明会で登壇した社員や、HPの先輩インタビューで「カッコいい」と感じた先輩社員が「なぜカッコいいと思ったのか」を掘り下げる方法です。

■人にフォーカスした志望動機例

貴社の第二営業部・山田太郎さんに惹かれました。とくに感銘を受けたのは「高い視点を持ち、自社・顧客・顧客の顧客・更に社会にとってベストな第三の解をひねり出す」というお話です。私は中高6年間サッカーでMFをしていたのですが、一番のやりがいは戦局やメンバーそれぞれの特徴・疲労度など全体を見てベストな解を出すことでした。5年後は貴社のIT事業という数千・数万の人を巻き込む大きなビジネスフィールドで、多様な状況や要望を受け止め、高い視点で解を出す山田さんのような人になりたいです。

差がつく志望動機の書き方2:ひとひねりしてインパクトを出す

「面接は身構えるけど、エントリーシートはとりあえず適当に出せばいいや」
「自己PRと志望動機テンプレートを使って、企業ごとに少しだけアレンジしよう」
学生さんに話を聞くと、こんな声を良く聞きます。

しかし、企業にもよりますが、本当は書類選考こそ一番力を入れるべきポイントです。なぜなら多くの人気企業で一番学生が「落とされる」のは書類選考。有名企業では書類選考の通過率が1割を切るところもあり、一番競争率が高いのです。採用担当者は、多い時では1日数百・数千のエントリーシートを見ます。場合によっては、数秒で合否を判断されることも。そこで重要になるのがインパクトです。テンプレ3大キーワードをなるべく使わないことの他、まず目を留めてもらう、興味を持ってもらうことが大事です。「とりあえず会ってみよう」と思わせたらこちらの勝ちです。

【1】装飾でインパクトを出す

▽手書きの書類
・強調したい言葉を太いマジックペンで書く
・赤ペンで下線を引く
▽Web応募
・小見出しを付ける
・見出しに■や【】を付ける
例)■世界20カ国の友人がいます
   【レスリングで優勝!】 

【2】キャッチーな言葉に言い換える

・多くの人に感謝されたい → 葬式で1万人が泣く人になりたい
・貴社事業の先進性に惹かれました → 坂本龍馬のような貴社に惹かれました
・チームで一丸となって目標を目指す姿に憧れた → 皆でエベレストに登りたい

2については、やや難しいことかもしれません。ですが、1度自分の文章を見直して「もっと分かりやすくならないか」「何かに例えてみよう」と添削してみてください。また、これは面接対策としても有効です。いざ書類選考を通過し面接に進んだ際も、面接官はエントリーシートを見ていますので「君、これどういうこと?」と会話の種にもなりやすいです。

差がつく志望動機の書き方3:逆説的な言葉を使う

同じことを言うにしても、逆説的な言葉を使うと採用担当者の印象に残りやすいです。

■逆説的な言い換え例
・貴社が第一志望です →働くなら貴社しかありません
・○○事業には成長余地がある → ○○事業はまだ成熟段階ではありません
・スピード感のある組織に興味があります → 正直、停滞するということは自分にとってストレスです

逆説的な表現は、インパクトが大きいです。そのためあえて刺激的なネガティブ表現をした場合は「だからこそ貴社のここが自分にとってポジティブだ、やりがいが大きい」と話を展開しましょう。

■逆説的な志望動機例
消去法で、貴社を選びました。
失礼ながら、本当の話です。私は、夢も希望もそんなに簡単には見つけられません。初めは、働かなければいけないなら、興味を持てるスポーツメーカーかな程度の気持ちで応募しました。でも「なぜ貴社だけ残ったのだろう」と思い、これまでの自分を振り返ったところ、高校時代のある経験がとても大きかったと気づきました。私はテニス部に所属していたのですが、弱小部で予算も少なく、海外製のボールを使っていました。ある時、対外試合で他校に赴いたところ、貴社製品を始めて使ったのですが、バウンドの安定性、耐久性に驚きました。同じ製品でもこう違うのかと感動し、私は小遣いを握りしめて貴社製品を買い、部活で使うようになりました。雨に濡れないよう管理にも気を付け、皆で大事にしました。大学では貴社製品が潤沢にあるテニス部に所属していますが、今でもボールを握りしめると、弱小部と言われても、もっと良いプレイがしたい、皆で少しでも技術を磨きたい、そう思って必死だったあの頃を思い出します。
今では、働くなら貴社しかない。貴社であの頃の自分のように、スポーツ用具で人々の夢や青春を応援する人になりたい。そう思っています。

志望動機は企業へのラブレターだと思おう

ラブレターというものは、目の前の1人の人を口説くためにあるものです。逆に言えば、万人に言える抽象的な褒め言葉は、誰も口説けません。綺麗な言葉でまとめようとせず、自分なりの言葉や感情で「なぜその会社が好きなのか」を深く考え、それが届くようにオリジナリティのある志望動機を書くことが、書類通過の近道です。

関連リンク

履歴書・エントリーシート・志望動機・自己PRのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20170822104412j:plain

著者:おくいはつね

2006年より人材系企業にて、中途採用営業、営業支援、新規事業を経験。その後、東証一部上場企業などの採用コンサルティングや組織開発、研修プログラム開発、新卒採用ツール企画制作などに携わる。慶應大学などの教育機関でキャリア開発ワークショップを実施。また人材育成領域の事業立ち上げやマーケティングも行っている。