キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

かんぽ生命を支える。かんぽ生命とともにある。

全国の郵便局で取り扱う保険といえば、かんぽ生命。そのシステムを支えるかんぽシステムソリューションズでは、どんな業務が行われているのか。その仕事の特徴ややりがいはもちろん、会社として何を大切にし、今どんなことに取り組んでいるのかなど、幅広い視点からお話を伺いました。

f:id:hito-contents:20170928112117j:plain

かんぽシステムソリューションズ株式会社
人材開発部長
冨久尾学さん
採用サイト かんぽシステムソリューションズ(かんぽSOL)

全国約2万の拠点に対する大きな仕事。

― 貴社の強みや仕事のやりがいを教えてください。

当社は社名の通り、「かんぽ生命」をシステムで支える企業です。かんぽ生命のIT戦略パートナーとして、かんぽ生命の多様な要望にお応えするというミッションを担っています。
かんぽ生命のシステムは全国約2万の郵便局に導入されており、手掛ける規模の大きさには自負心を持っています。
直接のお客さまはかんぽ生命ですが、システムを利用するユーザーは、かんぽ生命だけではなく、保険を販売する全国の郵便局の窓口です。人数の多さはもちろん、郵便局では他の商品も多数取り扱っているため、誰にとっても使いやすくわかりやすいシステムを提供することが求められます。大変ではありますが大きなやりがいであり、私たちの腕の見せ所です。
また、かんぽ生命の商品は、昔から長く続く商品が多いことも特徴です。当然一部のシステムは古い商品に結びついているため、扱いが難しい部分もあります。それでも、逆に言えば、自分が手掛けたシステムが長期間使用されるため、開発者にとってはやりがいも大きいのではないでしょうか。

変えることと変えないことの、絶妙なバランスを求めて。

― 貴社の今後の展開について教えてください。

直近では、かんぽ生命のシステムを100%当社で担うところまで持っていきたいと考えています。それから徐々に、かんぽ生命以外の生保ITマーケットへの参入も視野に入れていくという構想です。その実現に向け、当面は、会社の規模を大きくしていくことを目標にしています。
最近ではAIなど新しい技術を組み込んだ保険金支払システムを導入するなど、最先端テクノロジーやITトレンドの活用も検討が進んでいます。しかし一方で、当社の事業は特に、変えないことも大切です。日本郵政グループは、日本全国どこでも公平にサービスが受けられるというユニバーサルサービスを提供する義務があります。また前述の通り、古い商品も扱っていますので、それに対応したシステム構築が求められます。一方で、システムは作れば終わりではなく、生産性やユーザビリティの向上など、さらに良いシステムに育てていくことも重要です。そのバランスをいかに保って仕事をするかが、当社の課題であり、果たすべき責任だと思っています。

常に「forかんぽ生命」の精神。

― 業務にあたる上で大切にしていることを教えてください。

かんぽ生命の経営にどう貢献できるか、かんぽ生命と同じ目線で考えることが大切だと考えています。それはつまり、日々システムを使うユーザーからの意見や要望を丁寧にヒアリングし、一歩踏み込んだITソリューションを提供していくことに尽きると思うのです。
とはいえ、かんぽ生命から出された要望をただ言われた通りにこなすということではありません。実現可能性や費用対効果など、ITシステムのプロの観点からしっかりと検証し、場合によっては別案を提案することもあります。常に、かんぽ生命を含めた全体の視点で考えることが不可欠なのです。

仕事の要となるのは、コミュニケーション。

― 貴社の社員には提案力やコミュニケーション能力が求められますね。

システムの仕事と聞くとパソコンに向かって黙々と作業するイメージもありますが、仰る通り、大切なのは様々なステークホルダとのコミュニケーション。当社社員で活躍しているのも、この能力が高い人が多い印象を受けます。
プロジェクトを円滑に進めるためには、パートナー企業とうまく連携をとらなければなりません。その点、多くのパートナー企業は同じビル内で仕事をしていますから、密なコミュニケーションが可能となっています。
一方ユーザーに対しては、要望をしっかりとヒアリングし、システムに反映する力が必要です。かんぽ生命のシステム部門やシステムを使用するユーザー部門も同じビル内に入っていますので、密接にコミュニケーションをとることが可能です。何かあればすぐに膝を突き合わせて話をすることができます。また、仕事中の会話はもちろん、食堂で一緒にランチをとったり、社員交流を目的としたスポーツ大会を開催したりするなど交流の機会は数多くあります。
お互いを知ることで、仕事にも好循環が生まれると考えています。

より働きやすい環境をめざした改善策、多数実行中。

― 大変そうな仕事というイメージですが、社員はどんな働き方をしていますか?

有給休暇の取得推進や、総労働時間削減の取り組みなど、誰もが働きやすい職場をめざし、様々な施策に取り組んでいます。特に総労働時間削減については、単なる残業時間の削減ではなく、「働く時は集中して働き、休む時はしっかり休む」という、メリハリをつけた働き方を推奨するものです。全社を挙げて取り組む中で、残業時間は徐々に減ってきていますし、社員一人ひとりが生産性の高い働き方を意識するきっかけにもなっています。
また、出産、育児を経験した女性社員からどんな制度があればいいかをヒアリングし、制度の確立に役立てています。多様な社員がいますので、社員全員が納得いく方法で、進めていきたいと考えています。

何を大切にするか。そして、どう動くか。

― 就活生に向けてメッセージをお願いします。

自分が何を大切にしているかをまず考えましょう。例えば5年後、10年後……。どういう人になりたいか、どんなことをやりたいか。大切にしたいものがわかれば、自分の大切にしていることが叶う会社を選ぶまでです。
その上で、もし当社を志望していただけるのなら、ぜひ自分の考えを表現できる人になってください。主体的に行動すれば、多くのチャンスを手にできるのが当社です。社内の情報はできるだけ開示していますし、会社としても、若い力が活かせる場所を積極的に広げていきたいと考えています。何をつかむかはあなた次第です。読んでいただいたあなたの活躍を期待しています。

関連リンク

かんぽシステムソリューションズの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20170928112117j:plain

今回インタビューを受けてくださった方

かんぽシステムソリューションズ株式会社
人材開発部長
冨久尾学さん