キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

人と、社会と、真正面から向き合う。

学校教育事業と人材サービス事業を軸に事業を展開している三幸グループ。7年連続して「働きがいのある会社ランキング」に選出されている当企業は一体どのような企業なのでしょうか。人材開発部部門長の陶山毅さんに様々なお話を伺いました。

f:id:hito-contents:20170927140839j:plain

三幸グループ
人材開発部 部門長 
陶山毅さん
採用サイト三幸グループ採用サイト

事業の広さが第一の強み。

― 三幸グループの事業について、教えてください。

私たち三幸グループは三幸学園と日本教育クリエイトを中心に6つの法人で事業を展開しています。保育園や幼稚園経営を始め、小学生や中学生への教育支援、高校・専門学校・短期大学・大学などの経営を行っています。さらに、社会人向けの生涯教育や就職支援、介護施設経営といった事業も手がけており、幼少期から老年期まで、まさに人生の入り口から出口までをサポートしています。「世の中の困難を希望に変える」というミッションのもと近年注力していることは、待機児童問題の解決です。心の保育園・ぽけっとランドという2つのブランドでの認可保育園や、キッズ大陸というスポーツ幼児園を運営し、多くの園児をお預かりしています。また、大学・短期大学・専門学校・文部科学省からの委託事業など、学生だけでなく社会人に対しても保育士の養成や就職支援を行っています。
さらに日本語を学びたい、日本で学びたいとする留学生に対して、日本とベトナムに日本語学校を設立。主に東南アジアの学生たちへの教育支援を行っています。競合の企業様と比べても、やはりこの広範囲に渡る事業展開は大きな強みではないでしょうか。また、新事業の展開や業務改善に対するスピードの速さもそのひとつです。年に一度行われる三幸プロデュースでは、年次や立場に関係なく全従業員が新事業に向けてのプランや業務改善案を自由に出し合い、常に新しいものに目を向ける風土が根付いています。新たな視点や柔軟な発想が従来のコンテンツを充実させるだけではなく、毎年新たな事業展開をおこなう原動力になっていると思います。

働き方の自由は女性社員が教えてくれた。

― 働き方について、何か取り組まれていることはありますか?

教育事業を行っているだけあって、社内の教育制度は充実しています。新入社員には必ずトレーナーがつき、社会人として必要な知識をしっかりと指導していきます。研修は、年次ごとに行われる階層別研修だけでなく、自らの強みを伸ばすために受講プログラムを自由に選択出来る選択制研修や、上司が部下に受けさせたい研修に推薦できる選抜型研修など多岐にわたります。また、従業員の約7割が女性を占めており、その中の約3割が女性管理職です。そんな職場なので、ダイバーシティへの感度は高く、働きやすい環境づくりに注力していますね。子育てや介護が必要な従業員には、必要以上の労働をさせないように勤務時間を制限し、在宅勤務や時短勤務も積極的に行っています。学校では、クラス担任をしている従業員は子育てなどで現場を一旦離れてしまうと、子育てが終わるまではなかなか戻りにくく退職してしまうという問題点がありました。そこで、子育が終わり職場復帰する際に退職前の役職で働くことができるカムバック制度を設けました。女性が多い会社だからこそ気づくことがたくさんあります。これからも働く人全員が働きやすい会社を目指していきたいですね。

求めるのは、人が好きな人。

― 三幸グループが求めている人物像についてお聞かせください。

三幸グループは上下の垣根がなく、明るくフラットな会社です。そんな弊社にはコスモスネットワークと呼ばれる行動指針があります。これは、新人もベテランも関係なく業務の推進リーダーになれるというものです。例えば、1年目の社員でも学校で行われる謝恩会の企画リーダーとなって学生たちと一緒に取りまとめることがあります。若いうちから主体的に仕事を進めていくことができますよ。やはり教育や人材事業を展開している会社ですから情熱的な人が多いですね。謝恩会などでは学生からの感謝の言葉に涙する社員がほとんどです。その涙が連鎖して会場中が涙する人たちで溢れかえりますね(笑)それくらい人と関わることが好きなんです。直接お客様と関わることが多い仕事ですから、人が好きで、周りを元気にしてくれるような方と一緒に働きたいですね。また、現在の社会の状況から課題を感じ取れるような視点や考えも弊社では重要な力になっていきます。若い方にしか気づくことのできない視点で意見をどんどん提案してほしいですね。

社会人は人生で一番おもしろい。

― 今現在就職活動を行っている学生にメッセージをお願いします。

人生の中で一番おもしろい時期は社会人です。
これほどまでに社会貢献をして、やりたいことをがむしゃらにできるのは社会人のときだけだと思っています。就職活動を行っている学生や新社会人の方々とお話すると、ほとんどの方が社会に出ることに対して大きな不安を抱いているんですよね。もちろん社会人は大変なことも多くあります。でも、歯を食いしばって頑張った分、ちゃんと報われる。なりたい自分になることができます。どうか、学生の皆さん、社会人を全力で楽しんでください。

関連リンク

三幸グループの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20170927140839j:plain

今回インタビューを受けてくださった方

三幸グループ
人材開発部 部門長
陶山毅さん