【例文あり】IT業界に受かるための志望動機の書き方と具体例

この記事では、IT業界のESに特化した書き方をご紹介します。基本的なESの書き方から始まり、IT業界の特徴や求められる人物像を探ることで、通るESの極意をお伝えしていきます。 

IT業界の業界マップ

f:id:hito-contents:20170927130351j:plain出典:pixta

まずはIT業界内における売上高及びシェアのランキングを見てみましょう。IT業界と言っても幅広いので、様々な企業がランクインしています。

業界1位 NTTデータ 25.2%
業界2位 大塚商会 9.5%
業界3位 野村総合研究所 6.6%
業界4位 伊藤忠テクノソリューションズ 6.1%
業界5位 TIS 6.0%

業界規模は5兆円を超える、国内でも伸び盛りの分野です。他の特徴としては業界平均年齢が37.6歳と他の業界が40歳オーバーなのに対し、圧倒的に若い人が活躍する場の多い分野だと言えます。平均所得も550万を超え、国内平均所得の470万と比べても多いことがわかります。

▽IT業界志望の就活生のクチコミはこちら
IT業界志望の人のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

 

IT業界の仕事とは?

IT分野の職種は多岐に渡ります。まずはIT業界を大きく4つに分けてみましょう。

(1)web/インターネット系
(2)通信/情報処理系
(3)ソフトウェア系
(4)ハードウェア系

ざっくり分けると、IT分野もこの4つに分けることができます。例えば、業界1位のNTTデータは、(2)と(3)に当てはまります。業界2位の大塚商会なら、(3)が主です。

次に(1)~(4)それぞれの職種を紹介していきます。

(1)web/インターネット系
webディレクター、webデザイナー、プログラマー、営業

(2)通信/情報処理系
サーバーエンジニア、ネットワークエンジニア

(3)ソフトウェア系
ITコンサルタント、システムエンジニア、プログラマー、セールスエンジニア、営業

(4)ハードウェア系
組み込みエンジニア、セールスエンジニア、営業

このように業界が細分化され、さらに職種もたくさんあるのがITの分野です。

IT業界が欲しい人物像

前述した通りITの職種は多岐にわたるので、一言で言い表すのは難しい分野です。ただし、どんな職についても共通して求められるIT分野特有のマインドはたくさんあります。

(1)継続した学習意欲
(2)新しいものが好き、好奇心が旺盛
(3)仕事効率化への探究心
(4)論理的思考
(5)ミスの少なさ
(6)コツコツ仕事を進める姿勢

毎日凄まじい速さで進歩していくIT業界に身を置くには、変化を恐れないことが大前提です。いつもアンテナを張って、生活全てから学び取ろうという高い学習意欲と好奇心を持っている人にはとても楽しい業界です。

また新しい知識や技術を付け加えるだけでなく、新に価値のある本質的な事柄にフォーカスできる人も重宝されるでしょう。付け加えることより、削ぎ落とすことの方が案外難しいもの。しかし小型化が進むこの分野では、本当に必要なものに絞れる力が必要です。

ESを書く際も、以上6つのポイントに注目して自分の体験と照らし合わせてみてください。きっとオリジナル性のある良いESに仕上がるはずです。

IT業界の志望動機の書き方

(1)なぜ、IT業界を選んだのか
(2)IT業界でも、なぜこの分野なのか
(3)競合他社ではなく、この企業なのか
(4)IT業界で何がしたいのか
(5)どんな世界を叶えたいのか

特に力を入れて書くべきは、(3)~(5)です。
どんなIT企業にも、展開するサービス内容が似ている企業があるはずです。応募する企業だけでなく、競合もしっかりと調べ上げ、明確に差別化して志望動機をかけるようにしましょう。

さらに、成長可能性の大きいIT企業で就職後どんなキャリアを積んで行きたいのか、どんな世界を作っていきたいのかも明確にしておきましょう。そのためには、応募する企業の企業理念を深堀し、自分なりに咀嚼する必要があります。企業の方向性にあった自分の叶えたい世界を伝えることができれば、ESとしては満点です。

▽志望動機に関する就活生のクチコミはこちら
履歴書・エントリーシート・志望動機・自己PRのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

先輩の志望動機例

■NTTデータ
システムを構築する事を通じて「社会と密接に関わっている金融機関を支えていく」という志を貴社において成し遂げたいと想い志望致しました。私は大学の講義の中でスマートフォンのアプリを開発した際にシステム開発のプロセスにものづくりの楽しさを知り、IT業界においてSEを志望しています。

▽NTTデータのその他の実例はこちら
NTTデータに内定した先輩の志望動機 - みん就(みんなの就職活動日記)

■楽天
世界をエンパワーメントするために「世界一のインターネットサービス企業になる」というビジョンに共感したからです。私の夢は日本の技術やサービスを世界に発信し、人々を幸福にすることです。アメリカに行き、自分が思っていたよりも、外国の人々は日本の文化に興味があることを知りました。御社のサービスは、小さな可能性を無限大にすることができ、無限大の力で、世界中の人を元気づけることができます。よって、御社を志望します。

▽楽天のその他の実例はこちら
楽天に内定した先輩の志望動機 - みん就(みんなの就職活動日記)

■ヤフー
日本最大級のインターネットサービスを提供している会社で、サービスの向上やシステムの開発を行いたかったから。多くのユーザが使用しているサービスを実際に開発することで、どのようなものが好まれるか実感でき、仕事のやりがいがあると感じたからです。
また企業理念と自分の考えがマッチしている部分が多く、自分で考えたことができそうで、自ら進んで仕事をしていきたいからです。

▽ヤフーのその他の実例はこちら
ヤフーに内定した先輩の志望動機 - みん就(みんなの就職活動日記)

 

成長するIT業界の中で、自分がどんな存在でありたいのかを明確にする

「IT」というと、かっこいいイメージがあります。しかし、ITはあくまでも手段です。企業が叶えたい世界をつくるため、自分が作りたい世界を叶えるための飛び道具だと思ってください。技術に翻弄されるのではなく、本質的な価値を常に念頭に置き、世界はどうあるべきなのか自分はどうなりたいのかを自問自答しましょう。このように一生懸命考えたESなら志望するどんな企業も突破できるはずです。迷ったら、先輩のESを参考にしながら軌道修正していくといいですよ。

参考サイト

業界の動向やランキング、シェアなどを分析-業界動向サーチ

関連リンク

履歴書・エントリーシート・志望動機・自己PRのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)
IT業界志望の人のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20170728093458p:plain

監修:おくいはつね

2006年より人材系企業にて、中途採用営業、営業支援、新規事業を経験。その後、東証一部上場企業などの採用コンサルティングや組織開発、研修プログラム開発、新卒採用ツール企画制作などに携わる。慶應大学などの教育機関でキャリア開発ワークショップを実施。また人材育成領域の事業立ち上げやマーケティングも行っている。