就活女子は必読!知的で快活な印象を与える髪型のポイントと作り方

女子学生には就活スタンダードな「就活顔」がある

f:id:hito-contents:20170927102128j:plain出典:fotolia

自分を美しく見せたい。多くの女性は、そんな願望を抱いているのではないでしょうか。したがって、ふだんからメイクを研究したり、鏡の前で髪型を整えてみたりしているはず。自分を美しく見せる方法に自信がある方も多いでしょう。ただし、その自信が就活では不利にあることもあります。というのは、就活のファッションやメイクは一般的なものとは異なるからです。

女子の就活生には、就活スタンダードともいえる「就活顔」があります。

先輩たちの就職活動で見かけたかもしれませんが、髪を後ろで結んで束ねて、前髪は分けるような髪型です。

「えー、私もあの髪型にしなきゃいけないの?前髪降ろしたい!」という方もいるかもしれません。ファッション業界やマスコミ業界では、就活スタンダードではなくても許容されるところもあります。しかし、基本的には標準的なスタイルで臨むことが大切です。

というのは、2つの理由があります。
第1にアピールすべきことは髪型ではなく、志望動機や自己PRであること。第2に、本質的な部分以外のマイナス評価は不利になるだけだからです。就活の本質は、ファッションよりも志望する就活生の人間性をアピールすること。そして内定を獲得することです。個性的な髪型ではなく、マナーを優先した標準的なスタイルで臨むことが無難です。

では、女子学生の標準的な就活の髪型について具体的に解説していきましょう。

清潔感を与える束ねた髪

男子学生、女子学生を問わず、採用担当者は就活生の清潔感を重視します。というのは外見がだらしない学生は、内面や日常生活もきちんとしていないだろうと考えるからです。

「外見と内面は違うよ」と反論したい方もいるかもしれません。しかし選考期間中は、多くの就活生が面接官に殺到します。短い時間内で、ひとりの学生の貴重な内面を知ることは不可能です。したがって、身だしなみから就活生の日常や人間性を推測するしかないのです。

まず「ロングの髪は後ろできちんとまとめる」ことが鉄則です。基本的に、肩にかかるくらいの長さであればまとめるようにしましょう。

なぜなら、束ねていないと風が強い日や急いでいたとき、髪が乱れてだらしない印象になります。また、面接でお辞儀をすると髪が顔に覆い被さり、髪をかき分ける動作が必要になるでしょう。髪に気を取られて、質問に集中できないかもしれません。

髪のスタイリングの手順は、まず前髪をピンカールして自然な毛の流れを作っておき、スタイリング剤を使って膨らんだり広がったりしないようにします。ヘアアイロンで軽くカールを作る場合は、メイク後にしましょう。

湿度が高い雨の日には、髪のボリュームが増えてしまいます。一日に数社、会社説明会や面接を受けなければならないような場合、途中で髪を整えることができたとしても、なるべく髪が乱れないようにセットしておくことが大切です。

スタイリング剤を使った後で髪を束ねますが、このとき束ねる位置に注意。耳よりも高い位置にまとめてしまうとスーツに似合いません。カジュアルな雰囲気になるからです。耳の高さで目安として、髪をまとめるようにしてください。サイドの毛は、おくれ毛が出てこないように全部耳にかけます。その後、ピンカールしていた前髪を外して整え、最後にスプレーでキープします。ヘアアイロンを使う場合は、前述したとおりメイク後におこない、最後にスプレーをします。

ポニーテールやAKB48の「触角」のような髪型は就活向きではありません。また、前髪をピンでとめる場合は、ピンが見えないようにすること。ミディアムヘアの場合は、毛先がはねないように注意しましょう。サイドの髪の毛を耳にかけて、できるだけ顔が見えるようにすることも大切です。

ショートヘアは、健康的でアクティブな印象を与えます。ロングヘアのような女性らしさを演出することは難しいといえますが、営業職でバリバリ働く仕事を志望する場合、エントリーシートの内容と連動させてキャリア志向を演出すると効果的です。

前髪の作り方で、額と眉が知的な印象を与える。

「知性を演出する」ポイントになるのが、前髪の作り方です。

一般的に前髪を垂らすと、幼い甘えた印象になります。外交的というより内向的な印象です。恋人とデートするときには効果的かもしれませんが、就活では仕事のできる女性をアピールすることが重要です。前髪を分けて横に流したり、額を出したり、前髪の作り方によって清潔感とともに知的な印象を醸し出すことがポイント。

前髪の分け方は、自分の髪のクセを考えつつ、どのような表情を作るかによって考えます。

分け方は、右分け、センター分け、左分けの3つがあります。毛の流れに逆らって分けると、ふんわりとしたやさしい表情になります。一方で、快活な印象には欠けます。センターで分けると大人らしい印象になります。ただし、左右の違いが目立ちます。不安であれば、友達や両親などにも確認してもらいましょう。

前髪を分けると眉が強調されます。眉はその人の表情を豊かに表現し、知性と品格を表現しますキリッとした眉毛は、やる気を伝えます。パウダーとペンシルを使ってバランスよく仕上げてください。

業界によっても、好まれる髪型が異なる場合があります。金融業界はきちっとした清楚なスタイル、マスコミ業界は少しやわらかいフェミニンな印象が好まれるようです。

友達と情報交換して業界標準を知っておくと便利ですが、周囲に流されるのではなく、自分のスタイルを持つことが大切です。

参考資料

「資生堂」ビューティートップスペシャリストが教える就活メーク
西島悦著
実業之日本社 (2011/7/21)

関連リンク

髪型[女性]のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

 

f:id:hito-contents:20170726153243p:plain

監修:小室直子

臨床発達心理士
中級教育カウンセラー
東北福祉大学大学院修士課程卒業後、専門学校専任講師、大学の非常勤講師として心理学系科目の講義を行うかたわら、のべ200名の就職支援の経験を持つ。