キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

就活生必見!採用担当者が会いたくなる履歴書の特技・趣味の例文集

2018-06-04 更新

なぜ履歴書で趣味や特技を書かせるのか、採用者の立場で考える

f:id:epb0804:20180529172742j:plain

出典:写真AC

数ある履歴書の中から一度会って話を聞いてみようと思わせる

採用選考で提出する書類にはエントリーシートと履歴書があります。人気企業ともなれば数万の書類選考を実施しています。比較的企業が重視するのはエントリーシートの志望動機や自己PRですが、就活生としてもそこに注力するあまり、意外に手を抜いてしまいがちな部分が、履歴書の趣味や特技の欄です。

しかし、採用担当者は履歴書の趣味や特技の欄もきちんとチェックしているので空欄はNGです。「趣味や特技は特にありません」と絶対に書かないこと。その記載だけで選考から外されてしまうこともあり得ます。

まず、なぜ趣味や特技の欄を書かせるのか、採用担当者の意図や気持ちを推測してみましょう。大きく次の3つが考えられます。

(1)面接の会話のきっかけ

趣味や特技の欄に書かれた内容は、会話のきっかけになります。学生にとって話しやすい内容であり、緊張を解くためにも使われます。しかし、だからといって気を緩めすぎて、礼儀を欠くのは問題です。

(2)人間性の豊かさを問う

趣味の多い人は好奇心や感性が豊かであり、幅広い知識や経験を持っていると考えられます。突出した特技のある人は、その特技を究めるために努力や研鑽を重ねています。

仕事には直結しないかもしれませんが、ビジネスでは趣味や特技を通じて、取引先の担当者と親密になるケースも多いものです。外資系企業では、仕事以外に趣味や特技のない人は魅力がないと思われてしまう傾向が強いようです。

(3)採用担当者は興味深い話を聞きたい

採用選考が仕事とはいえ、さすがに人事担当者も模範解答のような履歴書ばかり読んでいると飽きてしまいます。

「おっ!この学生は面白そうだな」と感じさせる趣味や特技がある学生には、「採用するかどうかはともかく、一度会って話を聞いてみようか」という気持ちになります。採用担当者も人間であり、優秀な学生はもちろん個性的な学生にも会ってみたいと考えています。

そんな採用担当者の意図や気持ちを推測したうえで、趣味や特技を書くポイントを整理していきましょう。

履歴書への趣味欄は具体的に、かつ仕事に関連させて書く

寝食や時間を忘れて打ち込める趣味がある人は、その趣味が強力な自己PRのひとつになります。趣味や特技で自分らしさ表現してください。しかし、いくら夢中になれるといっても「競馬」のようなギャンブルは不適切です。

「アニメ」や「漫画」は一見子供っぽいイメージがありますが、好きなのであれば正直に書いてしまって構いません。ただし、どういう漫画やアニメが好きかによって採用担当者に与える印象が変わってきますので、 注意しましょう。読んでいる漫画の内容によっては「幼稚な学生だな」という印象を与えかねません。

×「漫画を読むことが好きです。」
○「漫画を読むことが趣味で、『風雲児たち』という歴史漫画を読んでからは日本史に対する見方が変わりました。」

さらに、ジャンルを書くだけでなく、具体的な内容や趣味によって何が得られるか追記すると、ぐっと採用担当者の心をつかむ履歴書になります。
例文を次に挙げます。

(例文1)読書

最近、村上春樹さんの『職業としての小説家』を読み、よい仕事をするには体力と健康の維持が重要であることを実感しました。

(例文2)スポーツ観戦

サッカーのスポーツ観戦が趣味で、横浜マリノスのファンです。パスの出し方など、チームの戦略を研究しています。競技場で観戦すると、頑張ろう!という刺激になります。

(例文3)写真撮影

スマートフォンで写真を撮影しています。山梨県に旅行したときに撮った富士山の写真をInstagramに掲載したところ、外国の方からも高い評価をいただきました。

(例文4)バンド演奏

ギター、ベース、ドラムスの3人編成のバンドでギターを担当しています。3人で演奏するので自分のパートの責任が重く、メンバーとの協調性が大切であることを痛感しています。

(例文5)絵画

水彩画を描いて、自分の描いた絵を、両親や親戚、友達の誕生日にプレゼントしています。キッチンに飾っていただくなど喜ばれています。自分も喜びを感じます。

▽趣味に関するリンクはこちら
趣味の欄に困るのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

特技は多少奇抜でもOK、当たり前のことも特技にできる

特技として語学力をアピールする学生が多いようですが、語学力をあまり重視しない企業も少なくありません。

外資系企業では、語学力はあって当たり前。語学力があることを前提として、タフな精神力と仕事ができる人材を求めています。

ちなみに、TOEICなどの語学力については資格欄で書く事柄のため、趣味・特技欄には内容が重複するため書かないようにしましょう。

仕事に直結しそうな語学力ではなくても、以下に記載するようなことは特技の欄に書くネタとして最適です。

(例文1)料理

和・洋・中の料理が一通りできます。料理サイトなどで学んで、オリジナルレシピは63品あります。

(例文2)掃除

子供の頃に喘息気味だったので、ハウスダスト対策として掃除を究めています。自宅のトイレ掃除も率先してやっています。

(例文3)洗濯

アイロンかけは、クリーニング屋に負けない仕上がりの自信があります。効率よく洗濯物を干すことも得意です。かご一杯の洗濯物を3分で干せます。

(例文4)散歩

歩くことが好きで4時間歩き続けても疲れません。東京都内のおすすめ散歩ルートを5つ挙げることができます。

(例文5)マッサージ

鍼灸師の叔父から直伝によるマッサージが得意です。部活のマネージャーとして、選手に重宝がられていました。
些細なことでも追求している姿勢を強調すれば、仕事に対する努力や熱意のアピールにつながります。

上記に限らず、日常当たり前にやっていることが特技になる可能性があります。たとえば「毎日ジョギングを続けている」「初対面の人には自分から話しかける」などです。
このように趣味や特技を具体的な味のある表現に変えると、採用担当者の目を引くフックに変わります。

▽特技に関する就活生のクチコミはこちら
特技がないのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

就活の履歴書は自分にどのような魅力があるかアピールできる

エントリーシートは企業ごとに質問項目やフォーマットが異なります。企業の聞きたいことだけをまとめた質問集と言えるでしょう。一方、実は「自分が伝えたいことを伝える」ツールとして、柔軟性が高いのが履歴書です。履歴書は、学生が自分で用意するケースが殆ど。市販品やネットで配布されているワードファイルなどを利用する学生が多いですが、書きやすいフォーマットを選ぶことができます。

また、学校によっては自己アピールをしやすいオリジナルの履歴書を配っているところもありますし、さらには自分自身で履歴書に新たな項目を作ることもできます。

たとえば、忍耐強さを企業にアピールしたいなら「好きな格言」という項目を追加し「石の上にも三年」などと記入する、ビジネス視点の高さを伝えたいなら「尊敬する経営者」という項目を作ってもいいでしょう。

自分の強みや魅力を伝えやすいのが履歴書で、ぜひ人事の目に留まるアピールをしましょう。

差が付きにくい履歴書…だからこそうまく使うとアピールになる!

エントリーシートに比べ、履歴書を軽視する学生は多いです。大学時代、アルバイトの面接などで履歴書を書いたことがあり身近に感じる、どの企業でも同じフォーマットのため悩まずラクに書ける、といった声を聞きます。しかし、皆そう考えるからこそ、差が付くチャンス。もう一歩練って、光る履歴書を作りましょう。

関連リンク

特技がないのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)
趣味の欄に困るのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20170929191125j:plain

著者:小室直子

臨床発達心理士
中級教育カウンセラー
東北福祉大学大学院修士課程卒業後、専門学校専任講師、大学の非常勤講師として心理学系科目の講義を行うかたわら、のべ200名の就職支援の経験を持つ。