就活シーンにおける「私服」の意味、正しく理解していますか?

2「私服でお越しください」
就活をしていると、こんな文言を目にすることがあります。普段リクルートスーツで就活に臨んでいる学生にとって、この「私服」というのは意外と悩みのタネ。ここでは、就活シーンにおける正しい“私服”について解説していきます。

服装指定の3つのケース

f:id:hito-contents:20170927141055j:plain出典:pixabay

就活で「私服」が関係するパターンは、主に以下の3通り。どのように対応するべきかパターン別にみていきましょう。

(1)私服(普段着)でも可

このパターンでは、ほとんどの場合スーツで参加する学生が多数派です。私服の方がリラックスできるという方は私服でOKですが、周りから浮くのが不安であれば、リクルートスーツを着用して参加するのが無難です。

(2)普段着(私服)でお越しください

このような書き方の場合、普段着を指定することに企業側の何かしらの意図がある場合がほとんど。指定の通り、普段着を着用して行きましょう。ただし、普段着ならば何を着てもいいというわけではありません。後に説明するビジネスカジュアル(オフィスカジュアル)を基準にして服を選びましょう。

(3)服装指定(自分らしい服装でetc.)

アパレル業界などに多いのがこのパターン。この場合は、リクルートスーツで参加するのは絶対にNG。企業側は、服のセレクトやセンスから、服への興味などを評価しようとしています。その服を選んだ理由やコーディネートのテーマなどを説明できるようにしておくことが大切です。

企業は「私服」に何を見るのか

就活で「私服」と指示がある場合、企業は「カジュアルな雰囲気で就活生と接したい」、「就活生の私服のセンスや服との関わり方を見たい」等、さまざまなことを意図しています。中には、暑い季節に就職活動をする学生を気遣って、スーツを着用しなくても良いという企業も。

広義でいえば、スーツも私服です。私服の指定があっても「無難にスーツで」と考える方もいるかもしれません。しかし、「私服で」という指示があった場合、リクルートスーツ以外の服装を指していると思う方が自然です。あえて指示を無視したような服装を選んだ理由を勘繰られたり、癖のある人物だと受け取られてしまう可能性もないとはいえません。「私服で」と指示をされたら、できるだけスーツ以外の私服を着用していきましょう。

「アレ、周りと違う…。」は焦らなくてもOK

「私服可」の指示があった場合、いざ会場に行ってみると、参加者の服装が私服・スーツどちらかに偏っているということも。このような場合に大切なのは、自分が少数派でも(例え自分一人でも)焦ってパニックにならないことです。

「周りと違う」ということは、それだけでいけないことをしている気持ちになってしまったり、萎縮してしまったりしやすいものですよね。ですが、少数派だったとしても企業の指定に従った服装をしていることに変わりはないのですから、不安に思うことはなにもありません。

周りと違う服装だからといって怖じ気づいてしまい、選考で本来の力を出すことができないのはとてももったいないことです。短パンにサンダル履きというような常識に欠けた格好でもしていない限り、服装が少数派だということで悪印象となることはありません。周りとは違う服装でも、堂々と振る舞ってくださいね。

男性のビジネスカジュアル

トータル
白や黒、紺、グレー、茶、ベージュなど、落ち着いた色を基調にまとめましょう。

トップス
襟つきのシャツを選びましょう。ベーシックな白、ストライプなどの華美になりすぎない柄入り、ピンクやペールブルーなどの淡色など、清潔な印象のものがベスト。ちなみにネルシャツは、ビジネスカジュアルとは呼べませんので避けましょう。

ジャケット
コットンやポリエステル素材で襟がある「テーラードジャケット」が基本。テーラードの中でも、シングルの2つボタンタイプがスタンダードです。また、ボタンの留め方も見られています。きちんとした着こなしをしているという印象を与えるためにも、一番下のボタンは留めないようにするのがいいでしょう。夏場でもジャケットを着用した方がキチンと感が出ます。

パンツ
茶系や黒、紺などのテーパードパンツやチノパンを選びましょう。ジャケットと異なるカラーを合わせることで、スーツっぽさを軽減できます。


黒や茶の革靴が基本です。つま先の形は比較的自由ですが、よく見られているのは「履きつぶし」や「汚れ」がないかどうかです。手入れがきちんとできているかよく確認しましょう。

カバン
A4サイズが入る大きさのしっかりとしたカバンが便利です。自立式のものを選びましょう。

髪型
眉毛、耳、襟足にかからない程度の長さがベスト。染髪をしている場合は、ナチュラルな黒に戻す方が無難です。匂いが強い整髪料はNG。清潔感が重要です。

女性のビジネスカジュアル

トータル
白や黒、紺、茶、グレーなどの落ち着いた色とパステルカラーをバランスよく組み合わせて、若々しく柔らかい印象を作りましょう。

トップス
襟付きのシャツにコットンやポリエステルのジャケットを組み合わせましょう。気候によってはカーディガンでも大丈夫ですが、ジャケットの方がきっちりとした印象になります。

ボトムス
クロップドパンツやストレートパンツ、スカートなら膝丈のタイトスカートやフレアースカートを選びましょう。体のラインに合ったシルエットがきれいなものがおすすめです。


つま先の出ない、革や合皮のシンプルなパンプスが基本です。
ヒールは高くても5cm程度、ぺたんこのノーヒールはあまりふさわしくありません。また、歩く時にあまりにも「コツコツ」という足音が出るタイプのものは、面接官の気に障ることもあるので避けましょう。

カバン
A4サイズが入る大きさで、生地がしっかりとした自立式のカバンを選びましょう。

アクセサリー
アクセサリー類は全て外しましょう。ただし、腕時計は着用するようにしてください。

髪型
前髪は眉毛が見えるよう揃えるか、ヘアピンで横に留めます。長い髪は1つに束ねるかハーフアップにしましょう。

こんな服装はダメ・ゼッタイ!

就活シーンはビジネスの場と同じ。男女共に、ジーンズやTシャツといったラフすぎる服装はNGです。また、ビジネスカジュアルの条件に合ったアイテムであっても、型崩れやシワがひどかったり、破れたり汚れたりした服も印象が悪いので注意しましょう

女性の場合は、ミニスカートやキャミソールなど、露出の高いアイテムも不可。ヒールが高すぎる靴やミュールも避けるべきアイテムです。また、アイテムとしてはベーシックなものであっても、着崩したり奇抜な着こなしをしたりするのはダメ。清潔感とキチンと感を大切に、常識の範囲内で好みや個性を反映させましょう。

TPOに応じた自分らしい装いを

いかがでしたか?私服と指定されたからといって、普段使いのくたびれた服を着てビジネスの場に臨むのは非常識。服装指定の意図を正しく汲み取って、自分らしく、清潔感のある服装を心がけましょう。

関連リンク

私服面接のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

 

f:id:hito-contents:20170726153243p:plain

監修:小室直子

臨床発達心理士
中級教育カウンセラー
東北福祉大学大学院修士課程卒業後、専門学校専任講師、大学の非常勤講師として心理学系科目の講義を行うかたわら、のべ200名の就職支援の経験を持つ。