キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

【就パス~就活マイルールブック~】No.002 渥美侑也さん(青山学院大学)

就活に成功した学生たちの、“生の声”をお届けする就活パスポート、略して「就パス」!内定獲得者が就活中に独自定め、実行していたマイルールのほか、実際のエントリー数や内定をもらった会社についても聞いてみました。未来のあなたの姿が、ここにあるかも!?

渥美侑也
PASSPORT No.002
お名前/ Name
渥美侑也さん
出身大学 / Graduated from
青山学院大学
内定先 / Prospective employer
日本カンタム・デザイン
発行日 / Date of issue
23 AUG 2017
生年 / Year of birth
1995
性別 / Sex
M

就活中のマイルール、教えます!

遊ぶ!
適度に休憩を取るようにしていました。とくに気分が重くなりがちな期間にはバッティングセンターやボーリングに行って、何を考えない時間を作るよう意識していましたね。オンとオフを分ける事によってより良い精神状態を保つ事ができ、就活中のネガティブな気持ちもはねのける事ができました!
スポーツをする
高校までサッカーをしていたので、就職活動中でも2週間に1度はフットサルをしていました。大学のフットサルのサークルに所属していましたが、じつは他のコミュニティでもやっていたんです。そこには社会人の方々も所属していたので、諸先輩方から仕事の話や職種などについてこっそり情報を仕入れていましたね(笑)。おかげで、面接に望むときの姿勢や自分がどういう仕事に就きたいかがより明確になって、面接の受け答えがスムーズにいくようになりました!
面接練習をする
僕は緊張しやすいタイプなので、よく練習しました。面接官はどういった人に好感を持つのか、日々考えながら取り組んでいましたね。「練習は自分を裏切らないんだなぁ」ってすごく感じました。 なかには練習自体が億劫になっている人もいる様でしたが、僕の経験からすると、やっぱり就活も仕事と一緒で事前の準備が大切だと思います。その準備が完璧なほど自信につながるし、それすら怠っているようでは社会に出て行けないだろうと思いますね。だから僕はひたすら面接の練習をしました。あっ!偉そうだったらここ使わないで下さい(笑)。

ここだけの話、教えます!

 
  • 1.エントリーした業界は?
  • 商社や、メーカー企業です。
  • 2.その業界や業種を選んだ理由は?
  • 営業力で差別化できる業界を目指していたからです。就活中、どんな職種で何の仕事をしたいかが明確にわからない時期があったんです。でもエントリーした会社の中に外資系企業があって、その営業スタイルを聞いたとき、“成り上がり感”を感じたんですよね。「結果を出せば出世する。早くいいポジションにつける」。そんなところがいいなと思いました。うまく言葉にできないのですが、いい意味ですごく勢いを感じたんです。
  • 3.エントリーした会社の数は?
  • 専門商社が15社、メーカーが5社、その他も5社ほど受けました。
  • 4.その会社を受けた理由は?
  • 説明会や社員の方々のお話を聞いて、自分も働きたいと思ったからです。特に営業職は、会社の中でも花形というイメージが僕の中にあったので、色々な企業の説明会に出ましたが、毎回営業の方ばかりに目がいくようになりました。あと、すごく単純な理由なんですが、「商社・メーカーの営業マン」って響きがよくないですか?(笑)
  • 5.内定をもらった会社の数は?
  • 1社です。
  • 6.内定した会社名は?
  • 日本カンタム・デザイン株式会社です。
  • 7.内定を承諾した理由は?
  • 配属先も決まっていて、部長とお話ができる機会がありました。お話を伺う中でこの会社で働くイメージが湧きましたし、僕が今後の企業展望をお聞きしたとき、企業を成長させていくにあたって人材育成に力を入れていきたいという熱意も伝わってきました。入社したら面接していただいた部長の直属の部下になるとのことだったので、「この人とだったら一緒に仕事をしたい!」と思えたんです。
  • 8.インターンはやっていた?
  • やっていません。残りの学生生活は、遊び倒そうと思っています(笑)。
  • 9.インターン先の会社名は?
  • 遊ばせてください…。
  • 10.就活中のゲン担ぎはある?
  • 毎日、革靴を磨いていました。身だしなみを整えることで自分自身も磨かれる気がしましたね。でも実際は、就活に対してのネガティブな気持ちを、汚れと一緒に落としたかったというのが本音です。
  • 11.就活をしていて辛かったことは?その乗り越え方は?
  • 周りの進捗状況が気になることが多かったですね。そういったときは、「自分の目標に向けて就活しているんだ」ということを思い出していました。自分で企業を選んでいるからこそ、自分のペースで就職活動することを心がけました。

関連リンク

電機/機械/材料の就活情報・新卒採用クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)