キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

長期インターンシップで就活は有利になるのか?メリットは?

インターンシップをこれから経験しようという方には、ぜひ長期インターンシップをおすすめします。短期のインターンシップでは得られない貴重な就業体験は、大きな視野に立って自分の将来を見つめる良い経験となるでしょう。

長期インターンシップとは

インターンシップとは、企業や行政、あるいは団体が学生に就業体験を行う場を提供するプログラムのことをいいます。

学生は将来のキャリアプランを考える時、関心のある業界や企業、自分の専門性を活かせそうな職場での就業を体験することで、職業についての理解をより深め、どのような道に進むかをより具体的に描くことができます。
受け入れる側としては、CSR(企業の社会的貢献)の一環として学生の就業体験を提供するとともに、自社をよく知ってもらうというねらいもあります。インターンシップは、企業が個別に募集をするものもあれば、大学のキャリアセンターと提携して行うものもあります。

就職について意識を高めていく大学3年生や、採用活動解禁前に企業を知りたいという大学4年生で参加する学生に加え、最近では大学1、2年生のうちから積極的にインターンシップを体験する学生も増えています。

インターンシップの種類には、長期インターンシップと短期インターンシップがあります。長期インターンシップでは、通年で授業の後や土日などに参加するもの、夏休みの期間などに参加するものがあり、短期では、採用活動解禁直前の秋や冬に1~3日などの短期間で行われるものがあります。
短期のインターンシップはセミナー形式や職場体験的なものになりますが、長期のインターンシップの場合は、企業の実務を社員と一緒に行うことができ、より深く仕事について学ぶことができます。長期の場合、報酬が出ることもありますが、アルバイトとは違い、あくまで学生の就業体験が目的となっています。

f:id:hito-contents:20170929100635j:plain出典:fotolia

長期インターンシップを経験するメリット

それでは、長期インターンシップを経験することは、学生にとってどのようなメリットがあるのでしょうか。

まず、長期にわたって、職場での実務経験を積むことで、ビジネスの基礎知識や基本的なビジネスマナーを習得できるということがあげられます。また、学生生活では出会えなかった、社会人の先輩(就業先の社員や取引先の社員など)と知り合うことができ、人間関係を広げることができます。また、将来就きたいと思う仕事でのインターンシップであれば、実際にやってみなければわからない仕事の大変さや、やりがいを経験することができ、驚きもあるかもしれません。
逆に、最初は第一志望の業界・企業ではなかったけれど、インターンシップを経験したことで、その業界、企業に魅力を感じて、第一志望として応募し採用されたという例も聞かれます。

本格的な就業体験をすることで、より具体的に将来の職業や自分のキャリアプランについて考えるきっかけとなります。

インターンシップは企業の人材確保の場であってはならないと、文部科学省や経済産業省も受け入れ側に求めており、人材の囲い込みはしてはいけないことになっているため、インターンをしたからといって社員として採用されるわけではありません。しかし、長期インターンシップで社員に自分の人となりをよく知ってもらえたことが、採用で有利につながるケースもあります。

長期インターンシップのデメリットは?

長期インターンシップをすることにはデメリットもあります。

まず、学業やサークル、アルバイトなどの時間との両立が難しくなる場合があることです。インターンシップは、就活に役立つことですが、それ以外の部分を全て犠牲にしてしまうというのも惜しい気がします。学業やその他のこと、そしてインターンシップが両立できるようなスケジュール管理をすることが大切です。インターンシップに力を入れたために留年してしまったのでは、本末転倒です。だからといって、試験期間中など勝手に休んでしまうのはNG。社会人になれば、無断欠席などありえません。

企業も、インターンシップは就業体験の場であり、学業優先が前提と理解してくれており、試験期間中などは時間に融通を利かせてくれるケースもあります。試験期間は休みたいことをあらかじめきちんと話し、学業に支障が出ない配慮を求める努力をしましょう。

また、長期インターンシップでは、実務に深く関わるため、責任やプレッシャーを強く感じてしまうことがあるかもしれません。ですが、企業側もあなたをあくまでも大学生のインターンシップとして受け入れていますので、重大な過失につながるような仕事を任せることはないでしょう。面倒を見てくれている社員に、きちんと報告・連絡・相談の「ホウ・レン・ソウ」を行なっていれば大きな問題になることはないはずです。不安に感じたらすぐに社員に相談し、仕事を進めていきましょう。

長期インターンシップ先の企業はどう選べばいい?

長期インターンシップは、きちんとした実績を積むことができれば、就職活動での大きなアピール材料となります。また、忙しい学生生活を犠牲にして参加するため、時間の無駄にならないように最初にしっかり選びましょう。

長期インターンシップは、何社もの企業を同時に掛け持ちしたり、思っていたのと違うからと次々と企業を変えたりはできないため、最初の企業選びが肝心です。それでは、どのように企業を選んだらいいのでしょうか。

まず、応募前にプログラム内容をしっかり確認しましょう。知名度だけで選んではいけません。もし、自分の進みたい業界や行きたい企業、専攻で学んだことが活かせる職種など、志望がある程度固まっているのであれば、それに合った企業を選びましょう。
まだ自分がどのような道に進むかまだ定まっていない場合は、プログラム内容を見て一番興味を持ったものを選んでみましょう。

また、単なる職場体験に終わるのではなく、より深く実務を体験させてくれるところかどうかも考えてみましょう。将来、就職活動がはじまった時、この経験をエントリーシートにどのように書けるか、面接で自己アピールの材料としてどういう風に話せるだろうかと、シミュレーションしてみることも大切です。

仕事の内容によっては、企業と学生の間に使用従属関係が認められ、例えば万が一インターン中に事故があった場合、労災が適用されるケースもあります。受け入れ態勢がしっかり整っているかも注意するようにしましょう。

ベンチャー企業の長期インターンにも注目!

実務をしっかり経験したいという学生には、ベンチャー企業でのインターンシップもおすすめです。ベンチャー企業は規模も小さく、社員数が少ないこと、また若い起業家やスタッフが集まっていることもあり、風通しが良く、社長や役員とも交流を持て、直接社長の指示の下で働くことも可能です。

希望すれば社内のいろいろな仕事を経験させてもらえる企業も多いですし、反対に、エントリー段階から、営業、マーケティング、広報など志望の職種が選べるという企業もあります。

自分の頑張り次第で、より重要な、より責任ある仕事を任せてもらえることができますし、急成長する企業の勢いを中で感じるという経験は貴重です。将来自分も起業たいと考えているならば、その時に大変役立つ経験もできるでしょう。

長期インターンシップでワンランク上の自分になろう!

長期のインターンシップを経験することは、将来のキャリアプランを描く上で大きなプラスとなります。仕事を通して感じたことや経験は、就職活動で業界研究、企業研究や自己分析をする時に役に立ちます。最初から長期は荷が重いという方は、短期からはじめ、長期インターンシップにも挑戦してみましょう。

関連リンク

インターンシップ情報交換のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

 

f:id:epb0804:20170818130258p:plain

著者:R.Sasa

大手メーカー管理部門、人材紹介会社マーケティング部門で勤務の後、都内国立大学で学生支援の仕事をしていました。現在は介護のため離職して、ライターとして活動しています。