キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

「あなたの長所は?短所は?」と聞かれた時の回答例と考え方

就活の面接で「長所」「短所」は質問されないことはない、と言ってもいいほど定番の質問です。しかしいざ自分の長所や短所について考えてみると、言葉にするのが難しいという人も多いはず。ここではそんな人のために回答の例文を挙げながら、その考え方を解説します。

f:id:hito-contents:20170929144101j:plain出典:fotolia

まずは3つの大原則を押さえよう!

「あなたの長所は?」という質問に回答する時の大原則は次の3つです。
1.結論から先に言う。
2.根拠となる具体的なエピソードを入れる。
3.要点だけを話す。

それでは具体的な例文を見ていきましょう。

<回答例1>
先日大学の近くの繁華街でハロウィンイベントがありました。楽しいイベントで毎年参加者は1000人近くになります。ただ、それだけの人数が参加するとなるとゴミの問題がどうしても浮かび上がってきます。私はこれを解決するためにハロウィンイベントの翌日にゴミ拾いイベントを開催するというアイディアを考えました。

大学や各サークル、自治体などにも協力を仰ぎましたが、利害調整が難しくなかなか話し合いが進まない場面もありました。中には私に対する文句も出て、くじけそうになる時もありました。しかしそこで私は諦めず、各団体の代表者を集めて意見を取りまとめ、協力団体全員が納得する案を提示し、なんとかイベントを成功に導くことができたのです。

このように私の長所は苦境でも目的を諦めないタフさと、関係調整力です。

<回答例2>
私の長所は考える力です。あるイベントを主催した時に協力団体同士の利害がぶつかったことがあります。中心メンバーの多くは利害調整に関して諦めムードでしたが、私は諦めたくありませんでした。一度「みんなでやる」と決めたのならそれを貫きたかったからです。

そこでメンバーに時間をもらい、自分なりに解決策を考え、それを各団体に提案しました。その結果、無事当初予定していた団体でイベントを開催することができたのです。この経験から、自分には人よりも粘り強く考える力があると考えるようになりました。

▽自己PRに関するリンクはこちら
自己PRを評価のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

聞いている側に無駄なく正確に伝わるように

回答例1の場合、結論である「長所は苦境でも目的を諦めないタフさと、関係調整力です」の部分が最後に来ているため、聞いている方は「この話はいったいどこへ向かっているんだろう」と不安になってしまいます。また、イベント参加人数やイベントの意図やコンセプトなど確かにエピソードの具体性はあるものの、要点がまとまっていません。

エピソードはあくまで結論の根拠になっていればOK。必要以上に具体的になると「無駄に話が長い人」と思われてしまいます。

理想的なのは回答例2です。結論を先に言っているので、聞く側は「今から考える力について話すんだな」と心の準備ができます。エピソードも「自分には考える力がある」とアピールするためには必要十分な具体性です。

「○○を伝える時にはこのエピソード」というように結論とエピソードをセットにしたうえで、他人に伝えるためにはどこまで話す必要があるかをあらかじめ考えておきましょう。そうすれば伝えるべきことを無駄なく伝えられるようになります。

短所の回答は「自分の損につながる話」にするな! 

引き続き短所についての回答例を見ていきましょう。短所を聞かれた場合にも、長所で挙げた3つの大原則は同じです。ただし短所を答える場合には「自分の損につながる話」にしないことが重要です。

<回答例1>
私の短所は短気なところです。理不尽なことや間違ったことを見ると、カッとなってしまい冷静に考えられなくなってしまいます。それで何度か失敗をしているので、大学生になってからは自分がカッとなる状況に気がつくと、事前に深呼吸をするようにしています。おかげで大学3年の中で、短気が原因の失敗はしなくて済みました。

<回答例2>
私の短所は論理的すぎるところです。物事や人の発言の矛盾にすぐ気がついて指摘してしまうので、昔から「屁理屈を言う子供だ」と大人に言われてきました。今では「確かに論理も大切だけど、人の気持ちも大切だ」と考えるようになり、矛盾に気がついても状況に応じて指摘しないでいられるようになりました。

「自分の損につながる話」にしないための2つの方法

「自分の損につながる話」にしないための方法は2つあります。

1つは回答例1のようにしっかりと自分の短所と向き合って、それを克服するための努力をしている話をする方法です。短所がない人間はいません。それをいかにリカバリーしているかが重要なのです。この方法であればそのことをしっかりアピールできます。

もう1つは回答例2のように、短所と長所の話をすり替える方法です。本来長所である「論理的」に「すぎる」をつけることで、短所の質問に長所で返すことができるのです。ただしこちらの方法は場合によって嫌味にとられる可能性があるので、その点は注意が必要です。

自分の長所・短所を見つける方法

「そもそも自分の長所や短所がわからない」という人は、まず自分のこれまでの経験を振り返ってみましょう。いきなり長所や短所を挙げるのは難しいかもしれませんが、「こんなことで人から褒められた」などの成功体験、あるいは「こんなことで人に注意された」などの失敗体験を思い出すのは難しくないはずです。

それらをノートに思いつく限り書き出し、改めて眺めてみましょう。きっとその中に共通項が見つかるはずです。それこそが自分の長所であり、短所です。この方法を使えば長所・短所が見つかった時には、同時にそれを根拠づけるエピソードも手に入ります。面接だけでなく、エントリーシートにも大いに役立つことでしょう。

大事なのは「自分の魅力が企業のメリットとして伝わるかどうか」

いくら素晴らしい長所でも伝わるように話さなければ意味がありませんし、短所も伝えようによっては自己アピールにつながります。また、その長所が企業側のメリットになるかどうかも大切です。「そんな長所があるなら、あの仕事を任せられるかもしれな」と面接官にイメージを抱かせることができたらベストです。その点をよく理解したうえで、もう一度ゆっくり自分の長所と短所について考えてみましょう。

関連リンク

履歴書・エントリーシート・志望動機・自己PRのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)
自己PRを評価のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20170726153243p:plain

監修:小室直子

臨床発達心理士
中級教育カウンセラー
東北福祉大学大学院修士課程卒業後、専門学校専任講師、大学の非常勤講師として心理学系科目の講義を行うかたわら、のべ200名の就職支援の経験を持つ。